ビデオ: Office for iPhone を使用する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Office for iPhone アプリの操作は、既によく知っている Office の操作と似ているため、簡単に慣れることができます。慣れ親しんだリボンのナビゲーションとメニューのオプションがタッチ操作向けに作成されており、キーボードやマウスは必要ありません。このビデオでは、起動や実行の操作について説明します。

このビデオの重要なポイント

  • [リボンを表示] [リボンを表示] ボタン をタップすると、他のバージョンの Office で見慣れたすべてのタブ、ボタン、メニューが表示されます。

  • Excel で [関数用のキーボード] [数式キーボード] ボタン をタップすると、数字や数式を簡単に入力できます。

  • PowerPoint で [リボンを表示] [リボンを表示] ボタン をタップしてから [スライド ショー]、[最初から] の順にタップすると、スライド ショーが始まります。

  • Word で [リフロー] [リフロー] ボタン をタップすると、閲覧しやすいモードに切り替わります。もう一度ボタンをタップすると、元の表示に戻ります。

ビデオのトランスクリプト

[導入の音楽]

Office for iPhone を使用すれば、どこにいても Excel ファイル、PowerPoint のスライド、Word 文書を操作できます。

これらは使い慣れたアプリですが、普段使っているものより少し小さめです。

では、実際のファイルを操作して、いくつかヒントを見ていきましょう。Excel から始めます。

ここでは、この予算関連ファイルを操作します。別のシートに移動してデータを入力しましょう。

最初にここをタップして、セルの入力を開始します。iPhone に付属の標準キーボードも使用できますが、より効果的な方法があります。

この小さいボタンをタップすると、Excel の数式と関数用のキーボードで数字を入力できます。

このキーボードで合計も計算できます。

さらに他の操作を行う必要がある場合は、[リボンを表示] をタップします。

ここの書式設定オプションで、これらの数値に通貨書式を追加するなどの操作を実行できます。

また、他のバージョンの Excel で見慣れたタブやボタンもここで表示できます。

ここにグラフを挿入して、経費の内訳を表示してみます。

今度は PowerPoint に移りましょう。正符号をタップしてスライドを追加してから、ダブルタップしてテキストを入力します。

他の操作を行う場合は、もう一度 [リボンを表示] をタップします。箇条書きや段落番号などの項目はここにあります。また、このボタンを使用して、[アニメーション] などの要素を追加することもできます。

ここでこの写真に、開始アニメーションを追加します。

スライドを順に表示する準備ができたら [スライド ショー] タブに移動して、[最初から] をタップします。

その後、順にスワイプして、スライドとアニメーションを表示します。

最後に Word について見てみましょう。文書を開くと、[印刷レイアウト] で表示されます。このビューが便利なのは、ファイルが印刷時と同じレイアウトで表示され、デスクトップ PC や Mac で開いた場合とまったく同じ状態で見ることができる点です。

このビューでは正確に内容を配置できます。もちろん入力することもできます。

では、さらに読みやすくしたい場合はどうすればよいでしょうか。[リフロー] をタップします。これで、文書のテキストが閲覧用に最適化されます。

Word でテキストの実際の書式設定が変更されるわけではないので心配は無用です。単に閲覧しやすい形式で表示されるだけです。

しかし、[リフロー] ビューは閲覧専用ではありません。このビューでも編集ができます。

[印刷レイアウト] に戻るには、このボタンをタップして元の表示に切り替えるだけです。

Word にも [リボンを表示] ボタンがあります。リボンからテキストの書式設定、レイアウトの変更、コメントの挿入を行うことができます。

Office for iPhone の詳細については、http://aka.ms/OfficeiPhoneVideos を参照してください。

詳細情報

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×