[パラメタ化クラス] 図形

静的構造図では、パラメタ化クラス ( UML Parameterized class shape ) は、1 つまたは複数の束縛されていない形式パラメタを持つクラスを表すテンプレートです。このテンプレートは、クラスのグループを定義します。グループ内の各クラスは、実際の値にパラメタを束縛することによって指定できます。形式パラメタは、[パラメタ化クラス] 図形の右上隅にある破線の四角形内に一覧表示されます。またパラメタの構文は、"名前 : 型" になります (名前は識別子、型は文字列)。パラメタ化クラスから別のクラスへの一方向の関連を作成できます。

[パラメタ化クラス] 図形に名前を指定し、パラメタやその他のプロパティ値を追加する

静的構造図ツリー ビューで要素を示すアイコン、または図表で要素を示す図形をダブルクリックして、要素の [UML プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。

ヒント

図内の図形に表示されるプロパティ値を指定するには、図形を右クリックして、[図形の表示オプション] をクリックします。[UML 図形の表示オプション] ダイアログ ボックスでオプションをオンまたはオフにして、プロパティ値の表示/非表示を切り替えます。

[パラメタ化クラス] 図形の属性セクションまたは操作セクションを非表示にする

図形を右クリックして [図形の表示オプション] をクリックします。次に [抑制] で [属性] または [操作] のチェック ボックスをオンにします。

[パラメタ化クラス] 図形に表示されるプロパティ値を指定する

図形を右クリックして [図形の表示オプション] をクリックします。次に、オプションをオンまたはオフにして、値の表示/非表示を切り替えます。

テンプレート パラメタを非表示にする

図形を右クリックして [図形の表示オプション] をクリックします。次に [抑制] で [テンプレート パラメタ] チェック ボックスをオンにします。

実現関係を示す

[パラメタ化クラス] 図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、[実現化リンク] をクリックします。図形を選択し、コントロール ハンドル ( コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 ) をドラッグして、[実現] 矢印を作成します。

[パラメタ化クラス] 図形が所有する図表を作成する

図形を右クリックして [] をクリックします。[新規] をクリックし、図表の種類を選択して、[OK] をクリックします。

パラメタ化クラスの別のビューに移動する

図形を右クリックして [表示] をクリックします。目的のビューを選択して [OK] をクリックします。

パラメタ化クラスとその他の要素間の関係をビューに表示する

図形を右クリックして、[関係を表示する] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×