[パッケージ] 図形

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

パッケージは、モデルの要素のグループ化であり、茶ファイル フォルダー UML パッケージ図形アイコン のような記号で表されます。パッケージとシステムのすべての要素、その他のパッケージ、モデル、図、および要素を含む、システム全体の説明とします。

パッケージは、UML モデルの基本編成要素です。各要素は 1 つのパッケージだけに属し、個々のパッケージを入れ子の状態にすることできます。ツリー ビューでアイコンを右クリックすることにより、新しいパッケージを作成したり、要素またはビュー (図表) をパッケージに追加できます。

図面ページに [パッケージ] 図形をドロップすると、新規ページに新しい静的構造図が自動的に作成されます (ツリー ビューで新しい静的構造要素をダブルクリックすると、そのページが開きます)。ビューを作成するには、パッケージに属する要素のいくつかを新規ページにドラッグします。

[パッケージ] 図形の名前を指定し、その他のプロパティの値を追加します。

図形をダブルクリックします。

プロパティ値は、[パッケージ] 図形に表示されます。

図面ページで図形を右クリックして [図形の表示オプション] をクリックします。次にオプションをオンまたはオフにして、値の表示/非表示を切り替えます。

[パッケージ] 図形内で図を作成します。

図面ページで図形を右クリックして、[図] をクリックします。[新規] をクリックし、必要な図表の種類を選択して、[OK] をクリックします。次にもう一度 [OK] をクリックします。

[パッケージ] 図形に含まれる図面を開く

図面ページで図形を右クリックして、[図] をクリックします。必要な図を選択して、[OK] をクリックします。

[パッケージ] 図形の別のビューに移動します。

図面ページで図形を右クリックして、[表示] をクリックします。必要なビューを選択して、[OK] をクリックします。

パッケージとその他の要素間の関係をビューに表示します。

図面ページで [パッケージ] 図形を右クリックして、[関係を表示する] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×