[ナビゲーション オプション] ダイアログ ボックス

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

[ナビゲーションオプション] ダイアログボックスを使用して、ナビゲーションウィンドウに表示されるデータベースオブジェクトのグループの表示と非表示を切り替えたり、ユーザー設定のカテゴリやグループを管理したり、表示オプションを設定したり、シングルマウスまたはダブルマウスでナビゲーションウィンドウでデータベースオブジェクトを開いたりするノイズ.

[ナビゲーションオプション] ダイアログボックス

左側のカテゴリを選択し、右側に割り当てられているグループを表示します。

背景情報については、「ナビゲーションウィンドウカスタマイズする」を参照してください。

グループ化のオプション

これらのオプションを使用して、定義済みのカテゴリのグループを表示または非表示にしたり、ユーザー設定のカテゴリとグループを作成および管理したりします。

カテゴリ

ナビゲーションウィンドウで定義済みのカテゴリとユーザー設定のカテゴリを管理するには、次の操作を行います。

  • [ <Category Name> のグループ] セクションでカテゴリに割り当てられているグループを表示するには、カテゴリを選択します。

    たとえば、[カテゴリ] の下の [テーブルと関連ビュー ] を選択すると、[テーブルと関連ビュー] の [グループ] に、割り当てられているオブジェクトの一覧が表示されます。

  • ユーザー設定の分類項目が定義されている場合は、そのカテゴリの一覧を並べ替えるには、いずれかを選択して、上向き矢印または下向き矢印をクリックします。 次の例では、すべての Northwind Traders オブジェクトに対してユーザー設定のカテゴリがあります。

    カテゴリの順序を変更するためのコントロール

    メモ    マクロ名の先頭には、必ず文字を入力します。 テーブルの定義済みカテゴリと、関連ビュー 、および通常は [カテゴリ] ボックスの一覧とナビゲーションウィンドウに表示されるオブジェクトの種類を並べ替えることはできません。

  • ユーザー設定のカテゴリを変更するには、次の操作を行います。

    • 追加   新しいユーザー設定のカテゴリを作成するには、[アイテムの追加] を選択し、ボックスに名前を入力します。

    • [削除   ] ユーザー設定のカテゴリを削除するには、[アイテムの削除] を選択し、操作を確認します。

    • 名前の変更   ユーザー設定のカテゴリの名前を変更するには、[アイテム名の変更] を選択し、名前を入力します。

    メモ    マクロ名の先頭には、必ず文字を入力します。 定義済みのカテゴリ、テーブル、関連ビュー 、オブジェクトの種類を変更することはできません。

<Category Name> のグループ

[カテゴリ] セクションで選んだカテゴリに割り当てられているグループを管理するには、次の操作を行います。

  • ナビゲーションウィンドウでグループの表示と非表示を切り替えるには、定義済みの名前またはグループの名前の横にあるチェックボックスをオンまたはオフにします。

  • ユーザー設定のカテゴリのグループの順序を変更するには、移動するグループを選択し、横に表示される上向き矢印または下向き矢印をクリックします。 次の例では、サプライヤーに関連するすべてのオブジェクトのカスタムグループを作成しています。

    グループを並べ替えるためのコントロール
  • ユーザー設定のカテゴリのグループを変更するには、次の操作を行います。

    • 追加     ユーザー設定のグループを作成するには、[グループの追加] を選びます。

    • [削除   ]分類を削除するには、ユーザー設定のグループを選択し、[グループの削除] を選択して、操作を確認します。

    • Rename   カテゴリの名前を変更するには、ユーザー設定のグループ名を選択し、[グループ名の変更] を選択して、名前を入力します。

メモ    マクロ名の先頭には、必ず文字を入力します。 テーブル、ビューオブジェクトタイプの定義済みカテゴリに割り当てられているグループを変更することはできません。

表示オプション

表示オプションを設定するには、次の操作を行います。

  • 非表示のオブジェクトの表示    選択すると、非表示のデータベースオブジェクトがナビゲーションウィンドウに表示されます。 既定では、この設定はクリアされます。

  • システムのオブジェクトの表示    選択すると、ナビゲーションウィンドウにシステムテーブルやその他のシステムオブジェクトが表示されます。 既定では、この設定はクリアされます。

    Access では、既定でシステム オブジェクトの一部が非表示となります。 すべてのシステムオブジェクトを表示するには、[隠しオブジェクトの表示] オプションも有効にします。

オブジェクトを開く方法

オブジェクトを開くクリックの数を制御するには、次の操作を行います。

  • シングルクリック   マウスのシングルクリックで開く場合に選択します。

  • ダブルクリック   マウスのダブルクリックで開く場合に選択します。 既定の設定です。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×