[ドローイング エクスプローラー] ウィンドウを使用して図面を編集する

[ドローイング エクスプローラー] ウィンドウを使用して図面を編集する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[ドローイング エクスプローラー] ウィンドウで選択することで、図面ページ上の任意の図形またはグループ内のサブ図形を選択できます。

[ドローイング エクスプローラー] ウィンドウを使用する

  1. [開発] タブの [表示/非表示] グループで [ドローイング エクスプローラー] チェック ボックスをオンにします。[ドローイング エクスプローラー] ウィンドウが図面の隅に表示されます。
    ドローイング エクスプローラー

  2. 次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    • フォルダーを開くには、または閉じるには、フォルダーをダブルクリックします。

    • 項目の名前を変更するには、それをクリックして F2 キーを押し、強調表示されたテキストに上書き入力して Enter キーを押します。これにより図形の名前が変更されますが、図形のラベル テキストは影響を受けません。
      名前の変更を直ちにキャンセルには、Esc キーを押します。フォルダーまたは組み込みのスタイルの名前を変更することはできません。

    • 図面ウィンドウ内の図形を選択するには、[ドローイング エクスプローラー] ウィンドウで、[前景ページ] フォルダーまたは [背景ページ] フォルダーをダブルクリックして、ページをダブルクリックし、目的の図形をクリックします。

[ドローイング エクスプローラー] ウィンドウには、図面内のすべてのオブジェクトと要素が一覧表示されます。関連アイテムは、フォルダーの中にグループ化されます。たとえば、前景ページをすべて格納するフォルダーがあります。このフォルダー内には、ページ名で識別されるページ別のアイコンが含まれます。ページ アイコンを選択すると、そのページが図面領域で開きます。

各ページには、ページ上のすべての図形やレイヤーに対するサブフォルダー アイコンが含まれています。図形がさらに小さい図形のグループで構成されている場合、それらの小さい図形はすべて、主要な図形アイコンの下のサブフォルダーに表示されます。

[開発] タブを表示する

[ドローイング エクスプローラー] ウィンドウを表示するには、[開発] タブが表示されている必要があります。既定では、このタブは非表示です。そのため、このタブが表示されていない場合は、最初の手順としてタブを表示します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。

  2. サイド バーで [オプション] をクリックします。

  3. サイド バーで [リボンのユーザー設定] をクリックします。

  4. 右側の [リボンのユーザー設定] にある一覧で、[開発] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×