[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウを使って Office Starter ファイルを回復する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

変更を保存する前に、Office Starter プログラムが予期せず終了することがあります。このような場合、次の 2 つの処理が行われることがあります。

  • ファイルが開かれ、作業を続行できます。

  • [ドキュメントの回復] 作業ウィンドウが開き、ファイルの回復されたバージョンが最大で 3 つ表示されます。保持するバージョンを選択できます。

[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウを使用する

ファイルが予期せず閉じられると、[ドキュメントの回復] 作業ウィンドウが開き、保存できる 1 ~ 3 個のファイルが示されることがあります。

[ドキュメントの回復] ウィンドウが表示された場合は、次の操作を行います。

Word で回復されたファイルを表示している [ドキュメントの回復] ウィンドウ。

ファイルごとに [開く]、[名前を付けて保存]、または [削除] を選択できます。

  1. [ファイル] の一覧で、回復されたファイルの横にある矢印をクリックします。

    • 回復されたバージョンのファイルを確認するには、[開く] をクリックします。

    • ファイルの名前を変更して新しいバージョンを作成するには、[名前を付けて保存] をクリックします。

    • 回復されたバージョンのファイルを削除するには、[削除] をクリックします。

  2. 残すバージョンを選んでファイルを保存します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×