[データベース作成モニタ]

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[データベース作成モニタ] では、図形の間隔を揃える、ページの縮尺を設定する、図面とデータベースの同期をとる、リンク先のレコードと一緒に図形を削除するといったことが簡単に行えます。[データベース作成モニタ] が起動されていると、図面内の図形に加えた変更がデータベース レコードへ反映されます。

図面ページを監視します。

開いているリンクされた図面ページの一覧が表示されます。[データベース作成モニタ] は、複数のページのデータベース リンクを一度に監視できます。

ページ上の図形を自動的に配布します。

[モニタ中の図面ページ] で選択したページ上の行と列に合わせて図形が配列されるように選択します。

シェイプシートの [Shape Transform] セクションにある [PinX] セルと [PinY] セルにリンクしているフィールドが、データベース テーブルに含まれている場合は、このチェック ボックスをオフにします。これらの図形は、[PinX][PinY] の位置にドロップされます。

図面ページに自動的に拡大縮小します。

このチェック ボックスをオンにすると、配置する図形がちょうど収まる大きさにページ サイズが設定されます。

更新します。

クリックすると、リンク先のデータベースと一致するように図面をリフレッシュします。

図形を変更すると、[データベース作成モニタ] によって [Mirror] セルの値とデータベース レコードの値が比較されます。データベース レコードの値が変更されている場合は、プロンプトが表示され、図形の変更を破棄してデータベースの値に戻すか、または図形の値に基づいてデータベース レコードを更新するかを選択できます。

削除します。

クリックすると、[モニタ中の図面ページ] ボックスから選択した図面が削除されます。

閉じる

クリックすると、[データベース作成モニタ] が閉じます。[データベース作成モニタ] を再び開き、もう一度 [実行データベース ウィザード] を実するには、[リンク図面を作成するか既存の図面を変更する] オプションを選択します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×