[デザイン チェック] 作業ウィンドウの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office InfoPath 2007] では、InfoPath または Web ブラウザーを使用して開くことができるフォーム テンプレートをデザインできます。フォーム テンプレートを開くには、ブラウザーを使用して、ブラウザー互換フォーム テンプレートを呼び出されます。Office InfoPath 2007、に加えて、InfoPath 2003 で動作するフォーム テンプレートをデザインしたり、 Office InfoPath 2007フォーム テンプレートに Microsoft Office Word またはその他のプログラムで作成されたフォームに変換できます。

ただし、次のようなときは、互換性の問題またはその他の問題を発生可能性のあます。たとえば、ブラウザー互換フォーム テンプレート] では、特定の InfoPath 機能はサポートされていないと、これが原因で問題が発生する発行プロセス中にします。同様に、InfoPath 2003 フォーム テンプレートで、 Office InfoPath 2007の一部の機能が動作しないと、いくつかの Word 機能が InfoPath でサポートされていないし、InfoPath Word フォームをインポートするときに破棄します。

これらの種類のフォーム テンプレートで問題を特定する最も簡単な方法では、デザイン チェック] 作業ウィンドウを使用しています。[フォーム テンプレートを発行する前に問題を修正できます。

この記事の内容

[デザイン チェック] 作業ウィンドウ

エラーとメッセージの違いとは

InfoPath で問題が確認される状況

[デザイン チェック] 作業ウィンドウ

フォーム テンプレートが期待どおりに動作することを保証する最も効果的な方法は、[デザイン チェック] 作業ウィンドウを使用して、潜在的な問題を確認することです。

[デザイン チェック] 作業ウィンドウを使用すると、次の処理を実行できます。

  • フォーム テンプレートに存在する可能性がある互換性の問題を検索します。InfoPath により問題が自動的に修正され、その修正が通知される場合があります。問題を手動で修正する必要がある場合もあります。たとえば、ブラウザ互換フォーム テンプレートを正常に発行するには、サポートされていないコントロールを削除したり、別のコントロールに置き換えたりする必要があります。ブラウザ互換フォーム テンプレートを発行する場合、サーバー関連の情報を [デザイン チェック] 作業ウィンドウに表示することもできます。

  • フォーム テンプレートの互換性設定を変更します。たとえば、コンピュータに InfoPath がインストールされているユーザーしか、自分が作成したフォーム テンプレートを基にしたフォームの表示と入力を実行できないとします。フォーム テンプレートを Web ブラウザでも使用するには、[デザイン チェック] 作業ウィンドウの [互換性設定の変更] をクリックし、InfoPath 専用のフォーム テンプレートではなくブラウザ互換フォーム テンプレートを作成するためのオプションにアクセスします。フォーム テンプレートの互換性設定を変更すると、[デザイン チェック] 作業ウィンドウのエラーとメッセージも更新されます。

[デザイン チェック] 作業ウィンドウの一部

1. 作業ウィンドウの上部に表示されるテキストは、フォーム テンプレートが現在、Office InfoPath 2007、および InfoPath Forms Services を実行しているサーバーの両方と互換性があることを示しています。この設定を変更するには、[互換性設定の変更] をクリックします。

2. 作業中のブラウザ互換フォーム テンプレートには、サポートされていないコントロールが含まれているため、作業ウィンドウにエラーが表示されます。ブラウザ互換フォーム テンプレートを正常に発行するには、サポートされていないこれらのコントロールを削除する必要があります。

次の作業を行うとき、InfoPath により問題が自動的に確認されます。

  • フォーム テンプレートを開く

  • フォーム テンプレートの互換性設定を変更する

  • フォーム テンプレートを保存または発行する

  • Microsoft Office Word 文書を InfoPath にインポートする

作業ウィンドウの [更新] をクリックすると、[デザイン チェック] 作業ウィンドウのエラーとメッセージの一覧を更新できます。これは、フォーム テンプレートの問題を修正したら、一覧から項目を削除するのに便利です。

注: [更新] ボタンをクリックすると、Word 文書を InfoPath にインポートの結果として表示されるメッセージを更新しません。デザイン チェック] 作業ウィンドウからのインポートのメッセージを削除するには場合、は、リソース ファイル] ダイアログ ボックス ([ツール] メニュー) を開き ImportErrors.xml という名前のファイルを削除する必要があります。このファイルは、Word 文書を InfoPath にインポートするときに自動的に作成されます。ImportErrors.xml ファイルを削除した後でメッセージをインポートを完全に削除するのには [デザイン チェック] 作業ウィンドウで [更新] をクリックします。ImportErrors.xml ファイルは、フォーム テンプレートが正常に機能するは必要ありません。実際には、セキュリティ上の理由の場合、フォーム テンプレートを発行する前に、このファイルを削除することをお勧めします。

ページの先頭へ

エラーとメッセージの違いとは

フォーム テンプレートをデザインするときに、メッセージとエラーの両方が表示されることがあります。ほとんどの場合、フォーム テンプレートを正常に発行するためにエラーを修正する必要があります。必要に応じて、メッセージに対応する場合もあります。

The following table describes the difference between errors and messages in the Design Checker task pane.

Icon

種類

説明

アイコンの画像

Error

The form template will not function correctly. You should fix the errors before you publish the form template.

アイコンの画像

Message

The form template may not function as expected. Messages are less serious than errors. You can choose whether to address the messages before you publish the form template.

ページの先頭へ

InfoPath で問題が確認される状況

次の表は、[デザイン チェック] 作業ウィンドウに表示されるさまざまな種類の問題と、これらの問題がフォーム テンプレートで発生する典型的な状況を示しています。

問題の種類

説明

ブラウザの互換性

Web ブラウザで表示および入力するようにデザインされている Office InfoPath 2007 フォーム テンプレートは、ブラウザ互換フォーム テンプレートと呼ばれます。通常、ブラウザの互換性の問題が発生するのは、標準の InfoPath 専用のフォーム テンプレートをブラウザ互換フォーム テンプレートに変更した後です。たとえば、ユーザーが InfoPath の保険金請求書フォームに入力しているのを、今度はブラウザでフォームに入力できるようにするとします。この場合、フォーム テンプレートの互換性設定を変更する必要があります。この変更により、[デザイン チェック] 作業ウィンドウにエラーまたはメッセージが表示される場合があります。たとえば、元のフォーム テンプレートにユーザー ロールが含まれている場合、ユーザー ロールはブラウザ互換フォーム テンプレートでサポートされていないため、互換性設定を変更すると、[デザイン チェック] 作業ウィンドウにエラーが表示されます。

注: [デザイン チェック] 作業ウィンドウの [サーバーで確認] チェック ボックスをオンにすると、InfoPath で検出されたエラーとメッセージ以外に、InfoPath Forms Services を実行しているサーバーで生成されたエラーとメッセージも表示できます。これらのエラーとメッセージは、[デザイン チェック] 作業ウィンドウの [ブラウザの互換性 (サーバーで確認)] 見出しの下に表示されます。

ブラウザの最適化

[デザイン チェック] 作業ウィンドウの [サーバーで確認] チェック ボックスをオンにすると、ブラウザの最適化の問題が発生する可能性があります。最適化のエラーとメッセージはサーバーによって生成され、ブラウザのフォームのパフォーマンスを向上するようにデザインされているかどうかを判断する際に役立ちます。

下位互換性

InfoPath 2003 でも使用できる Office InfoPath 2007 フォーム テンプレートは、"下位互換性がある" フォーム テンプレートと呼ばれます。InfoPath 2003 で使用できないコントロールまたは機能をフォーム テンプレートに追加すると、下位互換性の問題が発生します。ほとんどの Office InfoPath 2007 フォーム テンプレートは、InfoPath 2003 との互換性を保つ必要がありません。そのため、Office InfoPath 2007 では、下位互換性に関するエラーとメッセージは、[デザイン チェック] 作業ウィンドウで自動的に非表示になります。

下位互換性のエラーとメッセージが既定で表示されるのは、Office InfoPath 2007 デザイン モードで InfoPath 2003 フォーム テンプレートを開いた場合、または [保存] あるいは [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ファイルの種類] ボックスの一覧の [InfoPath 2003 フォーム テンプレート (*.xsn)] をクリックした場合だけです。それ以外のすべての状況では、[フォームのオプション] ダイアログ ボックス ([互換性] 分類) の [InfoPath 2003 との互換性に関するレポートを表示する] チェック ボックスをオンにすることで、[デザイン チェック] 作業ウィンドウに下位互換性のエラーとメッセージを表示するように手動で選択する必要があります。

インポート

Microsoft Office Word などの別のプログラムからフォームをインポートし、InfoPath がサポートしていない機能のインポートが試行されたときに、インポートの問題が発生することがあります。InfoPath では、サポートされていない機能が削除されたり、プレースホルダ イメージに置き換えられたりする場合があります。たとえば、InfoPath ではブックマークやアニメーション テキスト効果がサポートされていないため、これらの機能は生成されるフォーム テンプレートでは削除されます。機能の一部がサポートされる場合もあります。たとえば、Word 文書をインポートすると、すべてのハイパーリンクが変換されますが、ハイパーリンクが HTTP、HTTPS、FILE、FTP、または MAILTO 以外のプロトコルを使用する場合、ユーザーがリンクをクリックしてもハイパーリンクは機能しません。

注: インポート ウィザードを使用すると、Microsoft Office Excel ワークシートを InfoPath フォーム テンプレートに変換できます。ただし、インポートに関連する問題は、Word 文書をインポートする場合には [デザイン チェック] 作業ウィンドウに表示されますが、Excel ワークシートの場合には表示されません。

オフライン互換性

フォーム テンプレートをオフラインで使用できるようにした場合、オフラインの問題が発生することがあります。フォーム テンプレートのデザインによっては、オフライン ユーザーは、データベースおよびその他のデータ ソースへのクエリによって生成されたデータに引き続きアクセスできますが、いくつかの例外もあります。このような例外は、[デザイン チェック] 作業ウィンドウに記載されています。

テンプレート パーツ

フォーム テンプレートにテンプレート パーツが含まれているときに、新しいバージョンのテンプレート パーツを [コントロール] 作業ウィンドウに追加すると、更新されたテンプレート パーツを使用できるという通知が [デザイン チェック] 作業ウィンドウに表示されます。

データのバインド

バインドの問題がありますが、フォーム テンプレートと、対応するフィールドやデータ ソース内のグループのコントロールの間の関係何らかの理由で問題があります。バインドに関する問題が深刻なコントロールをユーザーのフォームで誤動作が発生する場合は、 [デザイン チェック] 作業ウィンドウで表示するされます。バインドの問題が重大でない場合は、表示されませんエラー、または [デザイン チェック] 作業ウィンドウで、メッセージを青で表示されることもフォーム テンプレート上のコントロールの右上隅に赤色のアイコンが表示されます。問題の詳細については、コントロールを右クリックし、ショートカット メニューの [詳細] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×