[タスク アウトライン番号] (割り当てフィールド)

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

データ型   数値

入力の種類    計算結果

説明   [タスク アウトライン番号] フィールドには、 アウトラインの階層構造に関連付けられているタスクの位置を表す番号が含まれています。タスクのアウトライン番号は、作業 breakdown structure (WBS) コードに似ていますが、プロジェクトで、[タスク アウトライン番号が自動的に入力します。

計算方法    割り当てのアウトライン番号は、プロジェクトのアウトライン階層に対するタスクの位置およびアウトライン レベルに応じて、自動的に割り当てられます。先頭のタスクのアウトライン番号は 1 になります。先頭のサマリー タスクの直下に表示されるサブタスクには、アウトライン番号 1.1 が割り当てられます。同じレベルの次のサブタスクには、アウトライン番号 1.2 が割り当てられます。このサブタスクのすぐ下にあるサブタスクのアウトライン番号は 1.2.1 になります。アウトライン番号 7.2 のタスクは、上から 7 番目の最上位レベルのタスクに存在する、2 つ目のサブタスクという意味になります。

使用のポイント    プロジェクトのアウトライン構造に基づく割り当ての位置を表示するときは、[リソース配分状況] ビューに [タスク アウトライン番号] フィールドを挿入します。WBS 番号としてアウトライン番号を使用すると、タスクを番号で識別できるようになります。

使用例    割り当ての進捗状況レポートに、タスク名ではなく、アウトライン番号を使用するとします。アウトライン番号を表示するには、[リソース配分状況] ビューに [タスク アウトライン番号] フィールドを挿入します。

解説    [タスク アウトライン番号] フィールドは、[リソース配分状況] ビューでのみ使用できます ([タスク配分状況] ビューでは使用できません)。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×