タイムシートの行のカテゴリを設定する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

< その他の Project のヘルプ

チーム メンバーのタイムシートの行を使って、特定のプロジェクトのタスクに費やした時間や、プロジェクトに関連しないその他のアクティビティ (研修や休暇など) に費やした時間を把握します。 タスク関連の時間を別の方法で分類することが有用な場合もあります。 使用例

タスク関連作業について複数のカテゴリを把握するための設定として、Project Web App で行の分類を作成することができます。

タスクの作業を分類するための行の分類の作成方法

  1. Project Web App で、[設定] 設定アイコン 、[PWA 設定] の順に選びます。

  2. [時間およびタスクの管理] の下にある [行の分類] を選びます。

    行の分類
  3. [新しい分類] を選びます。

    新しい分類
  4. 新しい空白行に作業カテゴリの名前と、チーム メンバーが理解できる説明を入力します。

    "新しい分類" 行
  5. [Save] を選びます。

    保存

使用例

和田さんの職業はコンサルタントで、顧客と直接会って業務を進めるため、頻繁に出張します。 彼女の会社は、Contoso 社と給与システムのアップグレード契約を交わしたばかりです。 "Contoso 給与システムアップグレード" プロジェクトの一環として、和田さんは "システムの設置と構成" の仕事を与えられ、Contoso 社本社に出張して、その業務を推進することになります。

和田さんが費やす時間のうち、一部は Contoso 社への往復の移動に当てられ、一部は実際の設置作業に当てられます。

和田さんはタイムシートの 2 つの行に "システムの設置と構成" タスクを記入して、そのうちの 1 行で移動時間 ("出張") を、もう 1 行で設置作業の時間 ("標準") を把握することができます。 和田さんのプロジェクト マネージャーはこの内容から、和田さんと他のチーム メンバーがこの特定の契約先のために出張に費やしている時間を把握できるようになります。

カテゴリが異なる 2 つのタイムシート行

管理用時間についての処理方法

出張や研修などのアクティビティは、管理用 の時間を用いて把握するはずだったのではないでしょうか。   Project Web App では、出張、研修、休暇、病欠などのアクティビティについて、管理用時間カテゴリも作成することができます。 管理用時間が他の時間と異なるのは、タイムシートの管理用時間の行に記録された時間は、特定のプロジェクトやタスクに属さないという点です。 行の分類と管理用時間に共通する項目があっても、何ら問題はありません。

たとえば、和田さんが設置作業のために Contoso 社に出張するように、特定の業務のためにスタッフが出張する場合には、"出張" の行の分類が必要になります。

行の分類の例

また、複数の支店間を出張して複数のプロジェクトの業務を行ったり、直接 1 つのプロジェクトに関連しない研修会に出席したりした時間を把握する場合など、管理用時間カテゴリにも "出張" が必要な場合があります。

管理用時間の例

管理用時間のカテゴリを設定しますか。    

必要のなくなったカテゴリの操作方法

チーム メンバーがタイムシートのカテゴリを使用できる必要がなくなった場合は、非アクティブにできます。

注記: 

  • では、削除したい場合はどのようにすればよいでしょうか。    行の分類のカテゴリも削除することはできますが、そのカテゴリがどのタイムシートでも使用されていない場合に限ります。 削除する行を選んでから、[分類の削除] を選びます。

  • 非アクティブなカテゴリをチーム メンバーが選ぶことはできませんが、以前のタイムシート データを含むレポートでは、それらのカテゴリをそのまま使用できます。

行の分類のカテゴリを非アクティブにする方法
  1. [状態] 列で [非アクティブ] を選びます。

    非アクティブ
  2. [Save] を選びます。

    保存

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×