[セキュリティとコンプライアンス センター電子メール セキュリティ レポートの表示

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Office 365 のスパムおよびマルウェア対策の機能が組織を保護する方法を確認するためのセキュリティとコンプライアンス センターでさまざまなメールのセキュリティのレポートを利用できます。必要な権限がある場合は、[セキュリティとコンプライアンス センターのこれらのレポートを表示レポートに移動して >ダッシュ ボード

セキュリティ/コンプライアンス センターのダッシュボードは、Advanced Threat Protection が動作している場所を確認するのに有用です。

次のようなメールのセキュリティ レポートがあります。

脅威保護進捗レポート (新規) です。

新しい脅威保護ステータスレポートは、検出され、Exchange Online Protection によってブロックされる悪意のある電子メールが表示されたスマート レポートです。このレポートは、マルウェアやフィッシング詐欺として識別された電子メールに関する情報を表示します。

このレポートを表示するにはセキュリティ/コンプライアンス センターで、レポートに移動 >ダッシュ ボード>脅威保護の状態

脅威保護ステータス レポート

脅威保護進捗レポートを最初に開くと、レポートに表示されますデータ過去 7 日間の既定ではただし、[フィルター ] をクリックし、詳細を 90 日間の日付の範囲を変更できます。このレポートは長期的な傾向と有効性を強化し、組織の Exchange Online Protection の機能の影響を表示するために役立ちます。

脅威保護ステータス レポート フィルター

かどうか悪意のあるとして特定されたメールのデータを表示するには、メール、フィッシング詐欺を試みると、として設定されたまたはメールとして識別されたマルウェアが含まれることもできます。

脅威保護ステータス レポートの表示オプション

マルウェア検出レポート

着信および発信したメッセージの数が、組織のマルウェアが含まれているとして検出されたマルウェア検出レポートを示しています。

このレポートを表示するにはセキュリティ/コンプライアンス センターで、レポートに移動 >ダッシュ ボード>マルウェアを検出します。

マルウェア検出レポートの例

脅威保護の進捗レポートなどの他のレポートのようなレポート データ表示過去 7 日間の既定でします。ただし、日付の範囲を変更するのには、フィルターを選択することができます。

トップ マルウェア レポート

上部のマルウェアレポートには、Exchange Online によって検出されたマルウェアのさまざまな種類が表示されます。

このレポートを表示するにはセキュリティ/コンプライアンス センターで、レポートに移動 >ダッシュ ボード>上部マルウェアします。

ソース コード管理 - EOP トップ マルウェア

円グラフで、矢印の上にマウスをポイントすると、マルウェアを持つとメッセージの数が検出されたマルウェアの種類の名前を表示できます。

レポートのより詳細なビューを表示、新しいブラウザー ウィンドウで開くレポートをクリックして (またはタップ) します。

このレポートは、上の組織で検出されたマルウェアを示しています。

グラフの下にある、検出されたマルウェアとマルウェアがあると、メッセージの数が見つかりませんでしたの一覧が表示されます。

最上位の差出人と宛先のレポート

上位の送信者と受信者のレポートは、円グラフ、上のメールの送信者が表示されています。

このレポートを表示するにはセキュリティ/コンプライアンス センターで、レポートに移動 >ダッシュ ボード>上部の差出人と宛先のします。

レポートに表示するにはこのレポートは、[セキュリティとコンプライアンス センター > ダッシュ ボード > 上部の差出人と宛先の

円グラフで、矢印の上にマウスをポイントすると、送信または受信したメッセージの数を表示できます。

レポートのより詳細なビューを表示、新しいブラウザー ウィンドウで開くレポートをクリックして (またはタップ) します。

上の送信者、受信者、迷惑メールの宛先、およびマルウェア受信者のデータを表示するのにかどうかを選択するのにには、用のデータを表示] の一覧を使用します。高度な脅威保護によって検出されたマルウェアの受信者を表示することもできます。

データを表示するリストを使用して、特定の情報を表示するには

グラフの下にある上のメールの送信者が表示できるユーザーされますか、受信者、と共に送信または指定した期間内に受信したメッセージの数。

レポートをメールをスプーフィングします。

「な」(メールのスプーフィングに正当なビジネス上の理由で完了) がどれ、それらのと見なされたスプーフィング メール メッセージの数が検出されると、メールのスプーフィングレポートに表示する.

このレポートを表示するにはセキュリティ/コンプライアンス センターで、レポートに移動 >ダッシュ ボード>メールのスプーフィングします。

レポートに表示するにはこのレポートは、[セキュリティとコンプライアンス センター > ダッシュ ボード > [メールのスプーフィング

マウスでポイントと 1 日、グラフ入手したスプーフィング メール メッセージの数を確認できます。

レポートのより詳細なビューを表示、新しいブラウザー ウィンドウで開くレポートをクリックして (またはタップ) します。

迷惑メールの検出レポート

迷惑メールの検出レポートには、Exchange Online によってブロックされているすべての迷惑メールの内容が表示されます。

このレポートを表示するにはセキュリティ/コンプライアンス センターで、レポートに移動 >ダッシュ ボード>迷惑メールを検出します。

レポートに表示するにはこのレポートは、[セキュリティとコンプライアンス センター > ダッシュ ボード > EOP 迷惑メールの検出

ポインターを合わせると日付に、グラフに、これらのアイテムが分類されて方法も、その日がブロックされた項目の数を確認できます。たとえば、迷惑メール メッセージの数がフィルター処理され、ブロックされたインターネット プロトコル (IP) アドレスから入手した項目の数を表示できます。

レポートのより詳細なビューを表示、新しいブラウザー ウィンドウで開くレポートをクリックして (またはタップ) します。

迷惑メールの検出レポートでは、迷惑メール メッセージの数がブロックされたまたはフィルターで除外しました。

グラフの下にある、検出された迷惑メール アイテムの一覧が表示されます。迷惑メール アイテムが受信または送信したかどうか、そのメッセージ ID、およびその受信者など、追加の情報を表示するアイテムを選択します。

メールの送受信のレポート

[送信と受信した電子メールレポートは、受信および送信メールやスパム検出、マルウェア、「良い」として識別された電子メールなどの情報が表示されたスマート レポート

このレポートを表示するにはセキュリティ/コンプライアンス センターで、レポートに移動 >ダッシュ ボード>送信と受信した電子メールします。

レポートに表示するにはこのレポートは、[セキュリティとコンプライアンス センター > ダッシュ ボード > 送信と受信した電子メール

マウスでポイントする日付をグラフで、ときに、メッセージの数が付属していたし、それらのメッセージを分類する方法を表示できます。たとえば、メッセージの数が、マルウェアが含まれているとして検出され、数迷惑メールとして特定されたを表示できます。

レポートのより詳細なビューを表示、新しいブラウザー ウィンドウで開くレポートをクリックして (またはタップ) します。

情報の種類、方向 (受信および送信) を表示するのにごとに分割] ボックスの一覧を使用することができます。

種類または方向で情報を表示するのに改下でリストを使用します。

グラフの下にあるGoodMailSpamContentFilteredなどのメールのカテゴリの一覧が表示されます。選択されたマルウェアのアクションなど、追加の情報を表示し、メールで送信するかどうかのカテゴリが、受信または送信します。

このレポート マルウェア対策、スパム対策、およびその他のメッセージの検出についてを説明します。

メッセージのユーザーから報告されたレポート (新規) です。

メッセージのユーザーから報告されたレポートでは、ユーザーは、[レポートのメッセージのアドインを使用して迷惑メール、フィッシング詐欺、または適切なメールとして報告された電子メール メッセージに関する情報を表示します。

詳細については、各メッセージで、配信のため、このような迷惑メール ポリシーの例外または組織用に構成されているメール フロー ルールを含みます。詳細情報を表示するには、ユーザー レポートの一覧で項目を選択し、[集計詳細] タブで、情報を表示します。

User-Reported メッセージ レポートでは、試行迷惑メール、迷惑メール] またはフィッシング詐欺とラベルが付いたメッセージのユーザーを表示します。

このレポートを表示するにはセキュリティ/コンプライアンス センターで、次のいずれかの操作を行います。

  • 脅威の管理に >ダッシュ ボード>ユーザー報告メッセージ

  • 脅威の管理に >校閲>ユーザー報告メッセージ

[セキュリティとコンプライアンス センター、脅威の管理] を選びます. > 校閲 > ユーザー メッセージを報告します。

重要: 順序を正常に動作するメッセージのユーザーから報告されたレポート、Office 365 環境、監査ログを有効にする必要があります。これは通常、Exchange Online に割り当てられた監査ログ ロールを持つユーザーによって行います。詳細については、有効にする Office 365 のオンとオフを切り替える監査ログの検索を参照してください。

これらのレポートを表示するのには、どのような権限が必要ですか。

表示し、この記事で説明した電子メール セキュリティ レポートを使用して、[セキュリティとコンプライアンス センターと、Exchange 管理センターで割り当てられている役割があります。

役割グループ

割り当てられている場合

詳細情報

次のいずれかです。

  • 組織管理

  • セキュリティ管理者

  • セキュリティ閲覧者

セキュリティ/コンプライアンス センター

Office 365 セキュリティ/コンプライアンス センターでのアクセス許可

次のいずれかです。

  • 組織管理

  • 表示限定の組織管理

  • "View-Only Recipients/表示専用受信者" 役割

  • Compliance Management

Exchange 管理センター

Exchange Online の機能のアクセス許可

場合、レポート データが表示されませんか。

レポートでデータを表示されない場合、ポリシーが正しく設定されているを確認してください。詳細については、 Office 365 のスパムおよびマルウェア対策保護を参照してください。

関連トピック

Office 365 のメールのスパム対策保護
レポートや分析 [Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センター
セキュリティとコンプライアンス センターでのレポートのスケジュールを作成する
セットをセットアップし、ダウンロードします。[セキュリティとコンプライアンス センターのユーザー設定のレポート

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×