[コードマスク定義] ダイアログ ボックス

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

作成し、確認、または、マスク、アウトライン コード フィールドまたはユーザー設定のエンタープライズ アウトライン コード フィールドの英数字の書式を変更するには、[コードマスク定義] ダイアログ ボックスを使用します。 アウトライン コード タスクA.45687.cまたはマネージャーなどの特性を共有するには、します。グループ タスク、リソース、またはプロジェクトには、プロジェクトを表示すると、わかりやすい階層構造に、それらを使用できます。 たとえば、ジョブ コードやタスクに関連付けられている原価コードを表すためのアウトライン コードを作成することができます。 目的のタスクにアウトライン コードを割り当てる、アウトライン コード フィールドのいずれかを使用することができます。 集計を重ね、についての情報またはグループ化を表示することもできます。 次の操作を実行できます。

  • アウトライン コードのシーケンス、長さ、区切り文字などのアウトライン コード書式を定義する。

  • アウトライン コード書式のプレビューを表示する。

ダイアログ ボックスの場所

管理者の場合は、チェック アウトエンタープライズ グローバル テンプレートし、[エンタープライズ アウトライン コードを編集できます。 [ツール] メニューの [ユーザー設定] をポイントし、[フィールド] をクリックします。 タスクリソース、またはプロジェクト] をクリックします。 [種類] ボックスのアウトライン コード] をクリックします。 [フィールド] ボックスでは、10 アウトライン コード フィールドのいずれかをクリックし、し、[参照] をクリックします。 必要に応じて、セクションを展開する、コードの書式設定をクリックします。 マスクの編集] をクリックします。 (エンタープライズ アウトライン コードを編集する権限を持つプロジェクト管理者でない場合は、ボタン名はビュー マスク)。

詳細

[コードのプレビュー] ボックス

コード マスク テーブルで定義しているシーケンス、長さ、区切り文字を使って、アウトライン コードのサンプルを表示します。

[コード マスク] テーブル

定義している各アウトライン レベルに異なる行を入力するときに [コード マスク] テーブルを使用します。 シーケンス内の各レベルは、完全なアウトライン コード マスクを作成するために、他のレベルの上に構築されます。

レベル    定義されているアウトライン コードに対応するアウトライン レベルを示します。 コード マスクの各レベルの追加を入力すると、このフィールドは自動的にインクリメントします。

シーケンス    コード マスクの文字の種類を入力します。 選択肢は、数値大文字小文字、および文字です。 組織またはパターンを作成したプロジェクトのために、独自のコードに一致するようのアウトライン コードの書式を設定するには、この組み合わせを使用します。

長さ    このレベルのアウトライン コードの必須の長さを表す数値を入力します。 たとえば、コードの最初の部分が常に 3 つの文字である場合は「 3」と入力します。 場合] をクリックこのレベルのアウトライン コードは、任意の長さをすることができます。 アウトライン コードの最大長は、255 文字です。

区切り記号    アウトライン コードのレベルの別の文字を入力します。 既定の区切り文字はピリオドです。

注: 

  • アウトライン コードをタスクまたはリソースに割り当てるには、タスクまたはリソースのシート ビューを開き、アウトライン コード フィールドを挿入する位置の右側にあるフィールドをクリックします。 [挿入] メニューの [] をクリックします。 [フィールド名] ボックスで、定義したアウトライン コード フィールドの名前をクリックします。 タスクまたはリソースごとに、タスクまたはリソースに対応するアウトライン コードを入力します。 ユーザー定義のアウトライン コードは、[タスク情報] と [リソース情報] ダイアログ ボックスの [フィールド] タブにも表示されます。

  • マスター プロジェクト内のプロジェクトのアウトライン コードは、タスクまたはリソースのアウトライン コードと同じ方法で適用できます。 [プロジェクト情報] ダイアログ ボックスで、プロジェクトのユーザー定義のアウトライン コードを表示したり、そのアウトライン コードに値を割り当てたりすることができます。

  • タスクまたはリソースのシート ビューでアウトライン コードをグループ化するには、[プロジェクト] メニューの [グループ化] をポイントし、[その他のグループ] をクリックします。 [その他のグループ] ダイアログ ボックスの [新規作成] をクリックします。 "フィールド名" フィールドで、定義したユーザー設定のアウトライン コードをクリックします。 [OK] をクリックし、[適用] をクリックします。 シートがアウトライン コードによってグループ化されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×