[コードマスク定義] ダイアログ ボックス

[コード マスク定義] ダイアログ ボックスを使って、ユーザー設定のアウトライン コード フィールドやユーザー設定のエンタープライズ アウトライン コード フィールドの英数字のアウトライン コード書式 (マスク) を作成、確認、または修正します。 アウトライン コードは、共通する特長を持つタスクに付けるユーザー設定のタグで、A.45687.cMGR のように設定できます。アウトライン コードを使うと、プロジェクトを表示するときにタスク、リソース、プロジェクトをわかりやすい階層構造へとグループ化できます。 たとえば、タスクに関連づけられたジョブ コードやコスト計算コードを表すアウトライン コードを作成できます。 アウトライン コード フィールドのいずれかを使用すると、該当するタスクに適切なアウトライン コードを割り当てることができます。 グループ化に関する要約情報を表示することもできます。 次のような機能を利用できます。

  • アウトライン コードのシーケンス、長さ、区切り文字などのアウトライン コード書式を定義する。

  • アウトライン コード書式のプレビューを表示する。

ダイアログ ボックスの場所

管理者は、エンタープライズ グローバル テンプレート をチェックアウトして、エンタープライズ アウトライン コードを編集できます。 [ツール] メニューの [ユーザー設定] をポイントし、[フィールド] をクリックします。 [タスク]、[リソース]、または [プロジェクト] をクリックします。 [種類] ボックスの [アウトライン コード] をクリックします。 [フィールド] ボックスにある 10 個のアウトライン コード フィールドのいずれかをクリックし、[参照] をクリックします。 必要な場合は、[コード マスク] をクリックしてセクションを展開します。 [マスクの編集] をクリックします (エンタープライズ アウトライン コードを編集する権限を持つプロジェクト管理者でない場合、ボタン名は [マスクの表示] です)。

詳細

[コードのプレビュー] ボックス

コード マスク テーブルで定義しているシーケンス、長さ、区切り文字を使って、アウトライン コードのサンプルを表示します。

[コード マスク] テーブル

定義している各アウトライン レベルに異なる行を入力するときに [コード マスク] テーブルを使用します。 シーケンス内の各レベルは、完全なアウトライン コード マスクを作成するために、他のレベルの上に構築されます。

[レベル   ] 定義されているコード マスクに対応するアウトライン レベルを示します。 コード マスクのレベルを追加していくと、このフィールドが増えていきます。

[シーケンス   ] コード マスクの文字の種類を入力します。 選択肢は [数字]、[アルファベット (大文字)]、[アルファベット (小文字)]、[文字] です。 この組み合わせを使用して、組織内のコードや、プロジェクト内で独自の目的のために作成したスキームに合わせて、アウトライン コードを書式設定します。

[長さ   ] このレベルのアウトライン コードの必須の長さを表す数値を入力します。 たとえば、コードの最初の部分が常に 3 文字である場合は、「3」と入力します。 このレベルのアウトライン コードにあらゆる長さを使用できるようにするには [すべて] をクリックします。 アウトライン コードの最大長は 255 文字です。

[区切り   ] アウトライン コードのレベルを区切るために使用する文字を入力します。 既定の区切り文字はピリオドです。

注: 

  • アウトライン コードをタスクまたはリソースに割り当てるには、タスクまたはリソースのシート ビューを開き、アウトライン コード フィールドを挿入する位置の右側にあるフィールドをクリックします。 [挿入] メニューの [] をクリックします。 [フィールド名] ボックスで、定義したアウトライン コード フィールドの名前をクリックします。 タスクまたはリソースごとに、タスクまたはリソースに対応するアウトライン コードを入力します。 ユーザー定義のアウトライン コードは、[タスク情報] と [リソース情報] ダイアログ ボックスの [フィールド] タブにも表示されます。

  • マスター プロジェクト内のプロジェクトのアウトライン コードは、タスクまたはリソースのアウトライン コードと同じ方法で適用できます。 [プロジェクト情報] ダイアログ ボックスで、プロジェクトのユーザー定義のアウトライン コードを表示したり、そのアウトライン コードに値を割り当てたりすることができます。

  • タスクまたはリソースのシート ビューでアウトライン コードをグループ化するには、[プロジェクト] メニューの [グループ化] をポイントし、[その他のグループ] をクリックします。 [その他のグループ] ダイアログ ボックスの [新規作成] をクリックします。 "フィールド名" フィールドで、定義したユーザー設定のアウトライン コードをクリックします。 [OK] をクリックし、[適用] をクリックします。 シートがアウトライン コードによってグループ化されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×