[カレンダー] ビューの表示オプションを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

予定表ビューには、いくつかの表示オプション特定の週や月のタスクを表示し、別の見出しのスタイル] を使用し、作業と非稼働日の網掛けを適用することにはが含まれています。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

表示される日付を変更します。

見出しのタイトルを変更します。

日] ボックスで、書式設定と網かけの設定を変更します。

表示される日付を変更する

[表示] メニューの [カレンダー] をクリックし、次の操作を行って別の日付を表示します。

  • 1 週間を 5 日または 7 日として表示するには、[書式] メニューの [タイムスケール] をクリックします。[全体の形式] タブの [表示] セクションで、[7 日] または [5 日] をクリックします。

  • 一度に 1 つの月だけを表示するには、[] をクリックします。月の見出しの左にあるスクロール ボタンを使用すると、一度に 1 か月ずつスクロールできます。

  • 一度に 1 週間だけを表示するには、[] をクリックします。曜日の見出しの左にあるスクロール ボタンを使用すると、一度に 1 週間ずつスクロールできます。

  • 特定の週数または日数を表示するには、[指定] をクリックします。[ズーム] ダイアログ ボックスで、[週数] をクリックし、対応するボックスに表示する週数を入力するか、または [指定日から] をクリックし、表示する期間の開始日および終了日を [指定日から] ボックスと [指定日まで] ボックスに入力します。

ヒント: Microsoft Office Project 2007 では、[カレンダー] ビューにプレビュー ウィンドウが含まれており、表示されている最初の日付を基準として、現在表示中の日付が収まる前後 3 か月の期間が表示されます。この 3 か月分のプレビュー ウィンドウの表示を切り替えるには、[書式] メニューの [タイムスケール] をクリックします。[全体の形式] タブで、[月ウィンドウを表示する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

ページの先頭へ

見出しのタイトルを変更する

見出しのタイトルとは、カレンダーのそれぞれの月、週、および曜日の上部に表示される文字列のことです。

  1. [表示] メニューの [カレンダー] をクリックします。

  2. [書式] メニューの [タイムスケール] をクリックします。

  3. [全体の形式] タブの [月の表示] ボックス、[曜日の表示] ボックス、および [週の表示] ボックスの一覧で、月、曜日、および週に使用する書式をクリックします。

  4. 表示中のカレンダーの開始月と終了月を表示するには、[表示] セクションの [開始日と終了日に月を表示する] チェック ボックスをオンにします。

    たとえば、6 月の最後の週から始まる 4 週間が表示されている場合、[開始日と終了日に月を表示する] チェック ボックスをオンにすると、月の見出しに "6 月 - 7 月" と表示されます。

ページの先頭へ

日付ボックスの書式と網かけの設定を変更する

  1. [表示] メニューの [カレンダー] をクリックします。

  2. [書式] メニューの [タイムスケール] をクリックします。

  3. [日付の形式] タブをクリックし、[上部] セクションの [左側] ボックスおよび [右側] ボックスの一覧で、各日付ボックスの左上隅および右上隅に表示する日付のタイトルをクリックします。

    ヒント: 日付ボックスに表示できないほど多くのタスクがある場合に矢印を表示するには、[左側] ボックスまたは [右側] ボックスの一覧で、[非表示タスク存在マーク] をクリックします。

  4. [上部] セクションの [パターン] ボックスおよび [] ボックスの一覧で、各日付ボックスの上部に適用する網かけのオプションをクリックします。

  5. [下部] セクションの [左側] ボックスおよび [右側] ボックスの一覧で、各日付ボックスの左下隅および右下隅に表示する日付のタイトルをクリックします。

  6. [下部] セクションの [パターン] ボックスおよび [] ボックスの一覧で、各日付ボックスの下部に適用する網かけのオプションをクリックします。

  7. [日付の網かけ] タブの [カレンダーの種類] ボックスの一覧で、表示するカレンダーをクリックします。

  8. カレンダーの例外の日付に網かけを設定するには、[種類] ボックスで網かけを設定する例外の種類を選択し、[パターン] ボックスおよび [] ボックスの一覧で網かけのオプションをクリックします。

    たとえば、マイルストーンの達成を祝って 5 月 1 日が組織の休日に設定され、その休日が基本カレンダーで例外として識別されている場合、[種類] ボックスで [基本カレンダーの非稼働日] をクリックし、網かけのオプションを選択すると、[カレンダー] ビューでは 5 月 1 日に網かけが設定されて表示されます。

    ヒント: 組織全体に適用される例外とリソースに固有の例外を区別して表示するには、基本カレンダーとリソース カレンダーに対して異なる網かけのオプションを選択します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×