[カテゴリ] 図形のデータベース プロパティ (定義)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このオプションを使用して、親テーブルに対してカテゴリの識別子属性を定義します。カテゴリを使用して、親テーブルから [カテゴリ] 図形に接続した子テーブルへの外部キー リレーションシップを作成します。

カテゴリ テーブルは親テーブルのサブタイプです。たとえば、従業員のレコード (一般的な親) に職種のカラム (カテゴリの識別子) があるとき、カテゴリ エンティティにはエンジニア、技術者、管理者などが設定されます。

使用できるすべてのサブタイプがカテゴリ テーブルに含まれている場合は、完全と見なされます。一部のサブタイプのみが含まれている場合は、不完全と見なされます。

なし

使用可能な属性をカテゴリ識別子として設定する場合に選択します。既定では、カテゴリの作成時には、カテゴリ識別子として割り当てられた属性はありません。

この属性

既定では、属性はカテゴリ識別子として選択されません。属性を選択する必要があります。選択しないと、モデルの作成時に検証で失敗します。

カテゴリが完了

このチェック ボックスをオンにすると、カテゴリ (親のサブタイプ) が、このモデルに表示されているすべての子の限定されたセットであると見なされます。

親の一部の分岐が、このモデルに含まれていない子につながっていることがわかっている場合は、このチェック ボックスをオフにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×