[カテゴリから子へ] 図形と [リレーションシップ] 図形のデータベース プロパティ (定義)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このオプションを使用して、親テーブルと子テーブルのカラムを関連付けたり、外部キーのロール名を入力します。

リレーションシップは、データベース モデルのテーブル間にどのような相互関係があるかを視覚的に示すものです。リレーションシップのプロパティを編集することにより、データベースに対するデータの格納方法や検索方法を制御できるようになります。

不明な親

親テーブルのカラムの一覧が表示されます。

<--関連付ける - >

クリックすると、親および子の一覧で選択した 2 つのカラムが関連付けられ、リレーションシップが作成されます。

不明な子

子テーブルのカラムの一覧が表示されます。

外部キーの役割の名前

IDEF1X モデルの場合は、外部キー リレーションシップで定義したロール名を入力します。

この名前を使用して、外部キー リレーションシップに反映するビジネス ルールを明確にできます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×