[カテゴリから子へ] 図形と [リレーションシップ] 図形のデータベース プロパティ (その他)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このオプションを使用して、カーディナリティの型、リレーションシップが依存であるか非依存であるか、およびリレーションシップがオプションであるかを指定します。

注: IDEF1X 表記法を使用するモデルのカーディナリティ設定を表示するには、[データベース図面オプション] ダイアログ ボックスの [リレーションシップ] タブにある [カーディナリティ (IDEF1X)] チェック ボックスをオンにします。

0 以上

IDEF1X モデルの場合、0 またはそれ以上のエンティティのインスタンスが関連することを指定します。

1 つ以上

IDEF1X モデルの場合、少なくとも 1 つのエンティティのインスタンスが関連することを指定します。

0 または 1

IDEF1X モデルの場合、このリレーションシップでエンティティのインスタンスが、最大で 1 つしか存在できないことを指定します。

1 つずつ

IDEF1X モデルの場合、このリレーションシップにエンティティのインスタンスが 1 つだけ存在していることを指定します。

Range/範囲

IDEF1X モデルの場合、このリレーションシップでのエンティティのインスタンスが [最小][最大] のボックスで指定した範囲の数しか存在できないことを指定します。

[最小]  関連付けが可能なエンティティ インスタンスの最小数を入力します。

[最大]  関連付けが可能なエンティティ インスタンスの最大数を入力します。

識別します。

依存リレーションシップである場合にクリックします。依存リレーションシップでは、外部キー リレーションシップには子テーブルの主キー コンポーネントが含まれています。

親テーブルの主キーの一部が、子テーブルの主キーの一部になります。

非識別します。

非依存リレーションシップである場合にクリックします。非依存リレーションシップでは、外部キー リレーションシップには子テーブルの主キー コンポーネントは含まれていません。

親テーブルの主キーの一部は子テーブルに共有されますが、子テーブルの主キーの一部となることはありません。

オプション

このチェック ボックスをオンにすると、接続した属性に NULL 値を使用できます。

NULL 値は、リレーションシップが非依存 (主キーの一部ではない) の場合にのみ使用できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×