[オプション]、[迷惑メール]

迷惑メールは、ネットワークやメール サーバーに負担をかけたり、不要なメッセージや画像でメールボックスをいっぱいにしてしまう可能性があります。 メールボックスをホストするサーバーによってほとんどの迷惑メールは除外されますが、すべてが除外されるわけではありません。 Outlook Web App の簡易バージョンでは、信頼できるメール アドレスとドメイン、信頼できないメール アドレスとドメインの一覧を管理、作成して、不要または未承諾のメッセージの管理を支援します。

この記事は、Exchange Server 2013 または 2010 を実行しているメール サーバーを管理する組織で使用されている Outlook Web App を対象としています。 Office 365 または Exchange Server 2016 を使用している場合、メール プログラムは Outlook on the web です。 Outlook on the web に関するヘルプについては、「Outlook on the web に関するヘルプを参照する」を参照してください。

メインの Outlook Web App ページから [迷惑メール] ページに移動するには、上の隅に移動してから [オプション] を選択し、ナビゲーション ウィンドウ内の一覧から [迷惑メール] を選択します。

迷惑メールをフィルター処理しない 迷惑メールフィルターを無効にするには、このオプションを選択します。 このオプションをオンにすると、不要なメッセージや迷惑メッセージを制御することはできなくなります。 迷惑メールフィルターを無効にすることはお勧めできません。

[迷惑メールを自動的にフィルター処理する] 迷惑メールのフィルター処理を有効にするには、このオプションを選択します。 このオプションをオンにすると、メールボックスで、信頼できる差出人のリスト、受信拒否リスト、および信頼できる宛先のリストを使用して、メールメッセージをフィルター処理することができます。 迷惑メールの疑いがあるメッセージとして識別されると、そのメッセージは [迷惑メール] フォルダーに移動されます。 迷惑メールのフィルター処理を有効にすることをお勧めします。 既定では、迷惑メールフィルターが有効になっています。

注: [迷惑メール] を空にするか、[迷惑メール] からアイテムを削除すると、そのアイテムは [削除済みアイテム] に移動されます。

信頼できる差出人は、メール メッセージを受信する対象のドメインとユーザーです。

  • 一覧に差出人を追加するには、[信頼できる差出人のリスト] の下のテキスト ボックスをクリックし、電子メール アドレスまたはドメインを入力してから、[追加] をクリックします。

  • 一覧内で差出人を変更するには、差出人を選択してから [編集] をクリックします。 テキスト ボックス内のエントリを変更してから [追加] をクリックします。

  • 連絡先を信頼できる差出人に含めるには、[連絡先からの電子メールも信頼する] チェック ボックスをオンにします。 既定では、これが選択されています。

  • 一覧から差出人を削除するには、差出人を選択してから [削除] をクリックします。

注: [信頼できる差出人のリスト] にドメインを入力する場合は、「アット」(@) 記号を含める必要はありません。 自動的に追加されます。

拒否される差出人は、メール メッセージを受信しない対象のドメインとユーザーです。 受信拒否リストに登録されているメール アドレスまたはドメインから受信するメッセージは、[迷惑メール] に直接送信されます。

  • 一覧に差出人を追加するには、[受信拒否リスト] の下のテキスト ボックスをクリックし、電子メール アドレスまたはドメインを入力してから、[追加] をクリックします。

  • 一覧内で差出人を変更するには、差出人を選択してから [編集] をクリックします。 テキスト ボックス内のエントリを変更してから [追加] をクリックします。

  • 一覧から差出人を削除するには、差出人を選択してから [削除] をクリックします。

注: [受信拒否リスト] にドメインを入力する場合は、「アット」(@) 記号を含める必要はありません。 自動的に追加されます。

信頼できる宛先には、自分が所属し、そこからのメール メッセージを受信したいグループを含めることができます。 個々のメール アドレスを [信頼できる宛先のリスト] に追加することもできます。 受信者とは、意図したメッセージの宛先のことです。 受信者となれるのは、個々のメールボックスまたはグループです。 たとえば、自分だけではなく、特定のユーザーに送信されたメッセージを許可したい場合があります。

  • 一覧に受信者を追加するには、[信頼できる宛先のリスト] の下のテキスト ボックスをクリックし、電子メール アドレスまたはドメインを入力してから、[追加] をクリックします。

  • 一覧内で受信者を変更するには、受信者を選択してから [編集] をクリックします。 テキスト ボックス内のエントリを変更してから [追加] をクリックします。

  • 一覧から受信者を削除するには、受信者を選択してから [削除] をクリックします。

  • 信頼できる差出人のリストまたは信頼できる宛先のリストに含まれていないか、組織内の送信者から送信されている場合を除き、すべてのメールを迷惑メールとして扱う [差出人セーフリスト] または [信頼できる宛先のリスト] で定義されていない送信者からのメールメッセージを迷惑メールとして扱う場合は、このオプションを選択します。 迷惑メールとして識別されたメールメッセージは、[迷惑メール] フォルダーに移動されます。

  • 送信するメールが受信者の迷惑メール フォルダーに届いてしまう場合があります。 メール プログラムを変更して、メッセージを受信できるようにする必要があります。

  • 受信メッセージの確認時に、迷惑メール フィルターでは、ドメインよりもメール アドレスの方が、優先順位が高くなります。 たとえば、[受信拒否リスト] にドメイン contoso.com が記載され、[信頼できる差出人のリスト] にアドレス someone@contoso.com が記載されているとします。 アドレス someone@contoso.com は受信トレイに入ることを許可されますが、ドメインが contoso.com である他のメール アドレスは、すべて [迷惑メール] フォルダーに送信されます。

  • [信頼できる差出人のリスト]、[受信拒否リスト]、[信頼できる宛先のリスト] に対する変更は、変更を入力すると自動的に保存されます。 その他の [迷惑メール] の設定を変更する場合は、[保存] をクリックして新しい設定を保存する必要があります。 [迷惑メール] ページの [オプション] を終了する前に [保存] をクリックしない場合は、[キャンセル] をクリックしてページにとどまるか、[OK] をクリックして変更を保存せずにページを終了するように求められます。

通常のバージョンに戻す方法または機能と制限事項など、Outlook Web Appの簡易バージョンの詳細については、「 Outlook Web App light」を参照してください。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×