[オプション]、[予定表]

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

この記事は、Exchange Server 2013 または 2010 を実行しているメール サーバーを管理する組織で使用されている Outlook Web App を対象としています。Office 365 または Exchange Server 2016 を使用している場合、メール プログラムは Outlook on the web です。Outlook on the web に関するヘルプについては、「Outlook on the web に関するヘルプを参照する」を参照してください。

メインの Outlook Web App のページから [予定表] オプション ページに移動するには、上の隅に移動して、[オプション] を選択し、ナビゲーション ウィンドウの一覧から [予定表] を選択します。

このページの設定を変更した後で、[保存] をクリックして変更を適用します。

[週番号の表示] 予定表に、週と関連付けられた番号を表示する場合は、このチェック ボックスをオンにします。既定では、オフになっています。

[週の最初の曜日] 稼働日の最初の日を選択するにはこの一覧を使用します。この設定は、選択した言語とロケールのオプションの影響を受けます。既定では、米国用の [英語]、[日曜日] が選択されています。

稼働日を定義するには、このセクションを使用します。既定では、稼働日は月曜日から金曜日までです。一日の始めと終わりの時刻を指定することもできます。

[稼働日とする曜日] 稼働日に含める日を選択するには、このチェック ボックスを使用します。選択した日は、予定表に稼働日として表示されます。

[一日の開始時刻] 稼働日の始まりの時刻を選択するにはこの一覧を使用します。開始時刻を選択すると、選択したユーザーの稼働日が始まるときに他のユーザーに通知されるため、選択したユーザーの状態を確認して会議をスケジュールすることができます。

[一日の終了時刻] 稼働日の終わりの時刻を選択するにはこの一覧を使用します。終了時刻を選択すると、選択したユーザーの稼働日が終わるときに他のユーザーに通知されるため、選択したユーザーの稼働日が終わった後に会議はスケジュールされなくなります。

通常のバージョンに戻す方法または機能と制限事項など、Outlook Web Appの簡易バージョンの詳細については、「Outlook Web App light」を参照してください。

新しい予定表の作成方法、予定表の名前変更、予定表の削除など、予定表の使用方法については、「 Outlook Web App Light > カレンダー 」を参照してください。

[Outlook Web App Light]、[オプション]

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×