[オプション]、[予定表]

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Outlook Web App の簡易バージョンが表示される理由、Outlook Web App の標準バージョンや Office に戻る方法、モバイル デバイスやコンピューターの別のメール プログラムの使用方法については、「Outlook Web App Light」をご覧ください。

Outlook Web App の簡易バージョンでは、Outlook Web App の標準バージョンよりも、予定表を管理するための機能が少なくなってがあります。たとえばで、次のタスクを実行できない、簡易バージョン。

  • 会議や予定のアラーム通知を設定する。

  • 予定表の週ビューや月ビューを表示または印刷する。

  • 予定表の色やレイアウトを変更する。

  • 他のユーザーと予定表を共有する。

  • 他のユーザーと共有している予定表を開く。

メインの Outlook Web App のページから [予定表] オプション ページに移動するには、上の隅に移動して、[オプション] を選択し、ナビゲーション ウィンドウの一覧から [予定表] を選択します。

このページの設定を変更した後で、[保存] をクリックして変更を適用します。

この記事の内容

予定表のオプション

予定表の稼働日

さらに詳しく調べたい場合ですか。

予定表のオプション

[週番号の表示] 予定表に、週と関連付けられた番号を表示する場合は、このチェック ボックスをオンにします。既定では、オフになっています。

[週の最初の曜日] 稼働日の最初の日を選択するにはこの一覧を使用します。この設定は、選択した言語とロケールのオプションの影響を受けます。既定では、米国用の [英語]、[日曜日] が選択されています。

ページの先頭へ

予定表の稼働日

稼働日を定義するには、このセクションを使用します。既定では、稼働日は月曜日から金曜日までです。一日の始めと終わりの時刻を指定することもできます。

[稼働日とする曜日] 稼働日に含める日を選択するには、このチェック ボックスを使用します。選択した日は、予定表に稼働日として表示されます。

[一日の開始時刻] 稼働日の始まりの時刻を選択するにはこの一覧を使用します。開始時刻を選択すると、選択したユーザーの稼働日が始まるときに他のユーザーに通知されるため、選択したユーザーの状態を確認して会議をスケジュールすることができます。

[一日の終了時刻] 稼働日の終わりの時刻を選択するにはこの一覧を使用します。終了時刻を選択すると、選択したユーザーの稼働日が終わるときに他のユーザーに通知されるため、選択したユーザーの稼働日が終わった後に会議はスケジュールされなくなります。

ページの先頭へ

さらに詳しく調べたい場合

新しい予定表を作成する、予定表の名前を変更する、または、予定表を削除する方法など、予定表の使用方法については、以下を参照してください。 Outlook Web App Light > 予定表します。

[Outlook Web App Light]、[オプション]

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×