[オプション]、[メッセージング]

Outlook Web App の簡易バージョンが表示される理由、Outlook Web App の標準バージョンや Office に戻る方法、モバイル デバイスやコンピューターの別のメール プログラムの使用方法については、「Outlook Web App Light」をご覧ください。

Outlook Web App の簡易バージョンでは、Outlook Web App の標準バージョンよりも少ないのメッセージング オプションがあります。たとえば、簡易バージョンでは、次の作業を行うことはできません。

  • 受信トレイのルールを管理する

  • メール署名に画像を追加する

  • メッセージをプレビューする、または閲覧ウィンドウを使用する

  • メッセージ受信時の通知を設定する

  • メッセージのフォント サイズを変更する、リッチ テキストや HTML 形式を使用する、レターヘッドを使用する

  • 転送を設定する

[メッセージング] オプションを使用すると、電子メールの署名や、新しいメッセージにある受信者の名前を解決する方法などの、個々のメッセージの設定を行うことができます。

メインの Outlook Web App のページから [メッセージのオプション] ページに移動するには、上の隅に移動して、[オプション] を選択し、ナビゲーション ウィンドウの一覧から [メッセージング] を選択します。

このページの設定を変更した後で、[保存] を選んで変更を適用します。

この記事の内容

[メッセージ オプション]

電子メールの署名

メッセージの管理

メールの名前解決

[削除済みアイテム

さらに詳しく調べたい場合ですか。

メッセージのオプション

[1 ページに表示するアイテムの数] 1 回に表示する電子メール メッセージまたはアイテムの数を設定します。既定では、1 回に 20 アイテムが表示されます。表示するアイテム数として 5 から 100 までを設定できます。

[移動/削除後に開くアイテム] 開いたメッセージを移動または削除した後で実行したいアクションを選択するには、このオプションを設定します。メッセージを移動または削除する場合は、[ビューに戻る]、[ 前のアイテム]、または [次のアイテム] を選択できます。既定では、[ビューに戻る] が選択されています。

ページの先頭へ

電子メールの署名

メールの署名は、送信メッセージの末尾に自動的に追加されるテキストです。

[送信メッセージに自動的に署名を追加する] Outlook Web Appによって、すべての送信メッセージに署名が含められるようにしたい場合は、ここをクリックします。Outlook Web App で作成する署名は、Outlook と共有されません。メールボックスにアクセスするために、Outlook Web App と Outlook の両方を使用する場合は、別々の署名を作成する必要があります。

既存の署名を変更する場合は、[現在の署名を次の署名で置き換える] をクリックしてから、テキスト ボックスに新しい署名を入力します。

署名は 1 つしか使用できず、その署名がすべてのメッセージに適用されます。 署名に画像を付けることはできません。

ページの先頭へ

メッセージの管理

メッセージ追跡オプションを使用すると、開封済みメッセージに対する返信を管理できます。開封済みメッセージのあるメールの取り扱いに関して次の 3 つのオプションがあります。

[送信前に確認する] 開封済みメッセージを差出人に送信する前に確認されるようにしたい場合には、このオプションを選択します。既定では、差出人が開封済みメッセージを要求したことを示すメッセージが情報バーに表示されます。

[常に開封確認メッセージを送信する] メッセージの開封済みメッセージを要求した差出人に対しては、常に開封済みメッセージへの返信を自動的に送信したい場合には、このオプションを選択します。

[開封済みメッセージを送信しない] メッセージの開封済みメッセージを要求した差出人に対して、開封済みメッセージへの返信を送信したくない場合には、このオプションを選択します。

ページの先頭へ

メールの名前解決

メールの名前解決オプションを使用すると、メッセージに追加する受信者がどのように解決されるのかを管理できます。

[最新の受信者を最新の受信者リストに追加] このチェック ボックスをオンにすると、解決された名前が [最新の受信者] 一覧に追加されます。この一覧に追加された名前は、受信者の氏名の一部を入力し始めたときに、ユーザー インターフェイスの選択ボックス内に表示されます。一致する可能性のある受信者の一覧から、受信者を選択することができます。既定では、この設定が選択されています。

[最新の受信者リストのクリア] [最新の受信者] リストをクリアするには、このリンクをクリックします。名前をクリアする前に、リストから名前をクリアすることを確認するように求められます。

[名前を解決するときに最初に確認する場所] このオプションを使用すると、新しいメッセージの [宛先] または [CC] 行にある名前を解決するために、Outlook Web App によって最初に確認される場所を選択できます。グローバル アドレス一覧または [連絡先] を使用できます。

  • [グローバル アドレス一覧] 受信者の名前を解決するために、最初にグローバル アドレス一覧を使用する場合は、このオプションを選択します。Outlook Web App でグローバル アドレス一覧内の名前を解決できない場合は、[連絡先] が参照されます。既定では、このオプションが選択されています。

  • [連絡先] 受信者の名前を解決するために、最初に個人の連絡先を使用する場合は、このオプションを選択します。Outlook Web App で連絡先内の名前を解決できない場合は、グローバル アドレス一覧が参照されます。

ページの先頭へ

削除済みアイテム

アイテムを削除すると、完全に削除される前にそのアイテムは [削除済みアイテム] に移動されます。サインアウトするときに、[削除済みアイテム] 内のすべてのアイテムが自動的に削除されるように選択できます。

[サインアウトするときに削除済みアイテム フォルダーを空にする] Outlook Web Appからサインアウトするときに、[削除済みアイテム] フォルダー内のアイテムを削除する場合には、このチェック ボックスをオンにします。[削除済みアイテム] からアイテムを削除すると、そのアイテムは完全に削除されます。

ページの先頭へ

さらに詳しく調べたい場合

ページの先頭へ

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×