[エンティティ] 図形のデータベース プロパティ (主 ID)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このオプションを使用して、使用できるカラムの一覧を基に主キーの編集、定義、削除を行ったり、主キーに対するインデックスを作成するかどうかを指定します。

このカテゴリを最初に表示したときは、テーブルに関する主キー データがすべて表示されます。このカテゴリを使用すると、主キーにインデックスを追加するだけでなく、主キーの構成やその物理名を作成したり変更することもできます。

使用可能な列

主キーの構成に使用できる現在のテーブルのカラムが、すべて一覧表示されます。

名前を付けてを生成します。

適切なオプションをクリックして、カラムを主キー、代替キー、非一意性インデックスのいずれで使用するかを指定します。

注: 論理的検証をパスするためには、キーを指定する必要があります。[キーなし] をクリックすると、カラムがキーとして見なされるため、データベースに実際のキーを生成しなくても、モデルは論理的検証をパスできます。

インデックスを作成します。

このチェック ボックスをオンにすると、主キーのインデックスが有効になります。

大部分のデータベース システムでは、主キーごとにインデックスが必要です。ほとんどの場合、インデックスは主キーの物理名と関連付けられます。

追加 >

クリックすると、[使用可能なカラム] ボックスで選択したカラムが [主 ID カラム] ボックスに移動します。

< を削除します。

クリックすると、[主 ID カラム] ボックスで選択した主キーのコンポーネントが [使用可能なカラム] ボックスに移動します。

すべてを削除します。

クリックすると、[主 ID カラム] ボックスのすべての主キーのコンポーネントが [使用可能なカラム] ボックスに移動します。

主の ID 列

主キーのコンポーネントであるカラムの一覧が表示されます。

[実際の名前

ターゲット データベースで必要となる主キーの名前を入力します。

物理名は、PrimaryKey または PrimaryKey3 などのように、一般的な名前にします。物理名はターゲット データベースに固有で、ターゲット データベースの要件に対応している必要があります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×