[エンティティ] 図形のデータベース プロパティ (トリガとチェック)

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

このオプションを使用して、トリガおよびチェック句のコードを追加、編集、削除、およびプレビューします。このカテゴリのオプションは、使用するデータベース管理システム (DBMS) に応じて異なる場合があります。

コードを含んだデータベースをリバース エンジニアリングしたり、モデル内のテーブルに新しいコードを追加すると、それらのコードはこのカテゴリに表示され、[コード] ウィンドウの [ローカル コード] に一覧表示されます。

コードは、生成ウィザードまたはデータベースの更新ウィザードを使用したときに作成された DDL (データ定義言語) スクリプトに組み込まれます。

レコードの挿入、更新、削除などの特定のデータベース イベントが発生したときに、トリガを実行 (トリガ) できます。たとえばトリガを使用すると、監査情報を個別のテーブルに記録したり、価格に対して数量を乗算した 2 次コストなどの派生情報を計算することができます。またログオンしているユーザー数が最大数を超えていることを通知したり、ストアド プロシージャを呼び出すこともできます。

トリガー チェック句

選択した [エンティティ] 図形に関連付けられたコードの一覧が表示されます。

[プレビュー]

選択したトリガまたはチェック句のコードについて、約 4 行分が表示されます。

追加します。

クリックすると、[コード エディタ] が開き、新しいコードを作成できます。[コード エディタ] のサイズを変更して、一度に表示するコードの行数を増やすことができます。

削除します。

クリックすると、選択したトリガまたはチェック句が削除されます。

編集します。

クリックすると、[コード エディタ] が開き、選択したトリガまたはチェック句のコードが表示されます。[コード エディタ] のサイズを変更して、一度に表示するコードの行数を増やすことができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×