[エンティティ] 図形のデータベース プロパティ (インデックス)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このオプションを使用して、インデックスを定義したり、選択したテーブルのプロパティを編集します。

たとえば、インデックス名の編集、インデックス オプションの変更、インデックス内のカラムの順序の並べ替え、またはインデックスへの拡張属性の設定などを行えます。インデックスの拡張属性はドライバ固有であり、すべての DBMS でサポートされるわけではありません。

Microsoft Office Visio では、主キーに対して一意のインデックスが自動的に作成されます。

インデックス名

編集する既存のインデックスをクリックします。

インデックスの種類

オプションをクリックして、インデックスの種類を指定します。

  • [非一意性インデックスのみ]

  • [最初に表示される制約付き一意性インデックス]

  • [一意性インデックスのみ]

  • [一意性制約のみ]

[新規]

クリックすると、[インデックスの作成] ダイアログ ボックスが開き、選択したインデックスの名前を入力できます。

[削除]

クリックすると、選択したインデックスが削除されます。

名前を変更します。

クリックすると、[インデックス名の変更] ダイアログ ボックスが開き、選択したインデックスの名前を変更できます。

オプション

[拡張属性]  このユーティリティによって変更されたインデックス属性の一覧が表示されます。

[既定のドライバ]  ODBC ドライバに関連付けられている既定の Visio データベース ドライバの一覧が表示されます。

使用可能な列

インデックス定義の対象となるカラムの一覧が表示されます。

追加 >

クリックすると、[使用可能なカラム] ボックスの一覧で選択したカラムが [インデックスの付いたカラム] ボックスに移動します。

< を削除します。

クリックすると、[インデックスの付いたカラム] ボックスの一覧で選択したカラムが [使用可能なカラム] ボックスに移動します。

すべてを削除します。

クリックすると、[インデックスの付いたカラム] ボックスのすべてのカラムが [使用可能なカラム] ボックスに移動します。

インデックス付きの列

選択したインデックスに含まれるカラムの一覧が表示されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×