[エンティティ] 図形のデータベースプロパティ (プライマリ ID)

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

次のオプションを使用して、使用可能な列のリストから主キーを編集、定義、または削除し、主キーに対してインデックスを作成するかどうかを指定します。

このカテゴリを初めて表示すると、テーブルに関する主キーデータを表示できます。このカテゴリを使用して、主キーまたはその物理名の体質を作成または変更したり、主キーにインデックスを追加したりすることができます。

利用可能な列

主キーを作成するために使用できる、現在のテーブル内のすべての列を一覧表示します。

として生成

適切なオプションをクリックして、列を主キー、代替キー、または一意でないインデックスとして使用するかどうかを指定します。

注: Microsoft Office Visio では、論理検証を渡すためにキーが指定されている必要があります。[キーなし] をクリックして、データベースで実際のキーを生成することなく、列がキーであるかのようにモデルが論理検証を渡すことを許可します。

インデックスを作成する

主キーのインデックスを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

ほとんどのデータベースシステムでは、各主キーのインデックスが必要です。多くの場合、インデックスは主キーの物理名に関連付けられています。

> を追加する

[使用可能な列] の一覧から [主 ID 列] の一覧に選んだ列を移動します。

< の削除

主キーの選択したコンポーネントを [プライマリ ID 列] リストから [使用可能な列] の一覧に移動します。

すべてを削除する

主キーのすべてのコンポーネントを [プライマリ ID 列] リストから [使用可能な列] の一覧に移動する場合にクリックします。

プライマリ ID 列

主キーのコンポーネントである列を一覧表示します。

物理名

ターゲットデータベースに必要な主キーの名前を入力します。

物理名はジェネリック名にする必要があります。たとえば、PrimaryKey または PrimaryKey3 を選びます。ターゲットデータベースに固有のものであり、その要件を満たす必要があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×