[エンティティ] 図形と [ビュー] 図形のデータベース プロパティ (定義)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

このオプションを使用して、テーブルの物理名と概念名を指定します。このタブを操作するときに名前を同期させるかどうかも指定します。

テーブルに名前空間の値を指定して、モデル内の同じ名前のテーブルと区別することができます。

このカテゴリでは、ホストのデータベース管理システム (DBMS) が報告した情報も表示されます。この情報は、データベース所有者やソース データベースのパスに関する情報です。[定義の種類] ボックスはテーブルが空のときのみ有効で、すべての複合データ型の一覧が表示されます。この情報は、型が指定されたテーブルを作成するときに使用できます。

[実際の名前

データベースに表示されるテーブルの名前を入力します。

概念名

概念的モデルに表示されるテーブルの名前を指定します。

名前空間

Oracle データベースの要素など、同じ名前のモデル要素を区別するために使用する値を入力します。

所有者

選択したテーブルの所有者に関する情報が読み取り専用で表示されます。これは、リバース エンジニアリングの実行中にホスト DBMS から報告された情報です。

ソース データベース

選択したテーブルが抽出されたデータベースが表示されます。これは、リバース エンジニアリングの実行中にホスト DBMS から報告された情報です。値は読み取り専用です。

型を定義します。

すべての複合データ型の一覧が表示されます。この情報を使用して、オブジェクト リレーショナル データベースで使用する、型が指定されたテーブルを作成できます。[定義の種類] ボックスはテーブルが空のときのみ使用できます。

同期の名前を入力する場合

このチェック ボックスをオンにすると、概念名と物理名のいずれかを変更したときに、もう一方の名前が同期されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×