[エンタープライズ プロジェクト アウトライン コード 1] ~ [エンタープライズ プロジェクト アウトライン コード 30] (プロジェクト フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型   アウトライン コード

入力の種類   計算または入力

説明    [エンタープライズ プロジェクト アウトライン コード 1] ~ [エンタープライズ プロジェクト アウトライン コード 30] フィールドには、一覧または階層構造を表すように定義された英数字コード (プロジェクトに関連付けられているコスト計算コードなど) が格納されます。アウトライン コードは、プロジェクトを種類ごとに整理するためのユーザー定義のタグで、プロジェクトをさまざまな方法でグループ化したり、プロジェクトのグループ化に関する重ね合わせ情報 (要約情報) を表示したりするために使用できます。[エンタープライズ プロジェクト アウトライン コード 1] ~ [エンタープライズ プロジェクト アウトライン コード 30] フィールドは、プロジェクト管理者のリーダーまたはその他の管理権限のあるユーザーによって定義されます。これらのフィールドは、情報の入力後、組織のすべてのユーザーが使用できるようになります。

計算方法    [エンタープライズ プロジェクト アウトライン コード 1] ~ [エンタープライズ プロジェクト アウトライン コード 30] フィールドは、ユーザー設定の内容に応じて、特定の結果が表示されるように、数式、マーク、またはその他の条件によって定義されることがあります。

使用のポイント    [プロジェクト情報] ダイアログ ボックスで、使用可能なエンタープライズ ユーザー設定プロジェクト フィールドの一覧を表示したり、必要に応じてその値を変更したりできます。定義されたエンタープライズ プロジェクト フィールドをタスク ビューに追加することもでき、それを行うには、まずプロジェクトのサマリー タスクを追加します。これは、マスター プロジェクトとサブプロジェクトを使用する場合に便利です。また、このフィールドで情報のフィルター、並べ替え、またはグループ化を行うこともできます。

使用例    プロジェクト管理者のリーダーが、プロジェクトをコスト センター別にグループ化し、要約できるように、ユーザー設定のフィールドを定義するとします。その場合、プロジェクト管理者のリーダーは、チェックアウトされたエンタープライズ グローバル テンプレートで [エンタープライズ プロジェクト アウトライン コード 1] フィールドを定義します。再度エンタープライズ グローバル テンプレートをチェックインして、すべてのユーザーがその新しいプロジェクト フィールドを使用できるようにします。

プロジェクト管理者は、[プロジェクト情報] ダイアログ ボックスで、[エンタープライズ プロジェクト アウトライン コード 1] フィールドが「コスト コード」フィールドとして新たに定義されていることを確認します。ガント チャートにプロジェクト サマリー タスクを追加し、「コスト コード」 ([エンタープライズ プロジェクト アウトライン コード 1]) フィールドを追加します。

解説    エンタープライズ グローバル テンプレートの項目をチェックアウトして編集できるのは、エンタープライズ グローバル テンプレートを保存する権限のあるユーザー (プロジェクト管理者のリーダーなど) だけです。チェックインされた定義済みのフィールドについては、組織内のすべてのユーザーが表示できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×