[エンタープライズ タスク アウトライン コード 1] ~ [エンタープライズ タスク アウトライン コード 30] (タスク フィールド)

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ型   アウトライン コード

入力の種類   計算または入力

説明    [エンタープライズ タスク アウトライン コード 1] ~ [エンタープライズ タスク アウトライン コード 30] は、ユーザーが独自に設定するフィールドで、タスクに関連付けられたコスト計算コードなどのタスクのリストや階層構造を表すための英数字のコードが表示されます。アウトライン コードとは、タスクを種類ごとに整理するユーザー設定のタグで、このコードを使用すると、タスクをさまざまな方法でグループ化できます。また、グループ化したタスクに関する重ね合わせ情報 (要約情報) を表示することもできます。エンタープライズ タスク アウトライン コードのフィールドは、プロジェクト管理者のリーダーまたは管理権限が割り当てられているユーザーが定義します。これらのフィールドは、情報の入力後、組織のすべてのユーザーが使用できるようになります。

計算方法    カスタマイズの方法に応じて、エンタープライズ タスク アウトライン コード フィールドの定義に式またはその他の条件を使用して、特定の結果を表示することができます。

使用のポイント    使用可能な定義済みエンタープライズ タスク アウトライン コード フィールドはすべて、タスク ビューに挿入できます。このアウトライン コードでは組織の構造、ジョブ コード、コスト計算コードなどを表すことができ、その定義に基づいてタスクのグループ化、フィルターによる抽出、並べ替えを行うことができます。使用できるユーザー設定のエンタープライズ タスク フィールドの一覧を表示するには、[タスク情報] ダイアログ ボックスの [ユーザー設定フィールド] タブをクリックします。

使用例    自分が複数のプロジェクト管理者のリーダーであり、プロジェクト管理者の中の経理担当者から、プロジェクト計画でコスト センターを基準としてタスクをグループ化して要約情報を表示する機能を作成するように要求されたとします。この場合は、エンタープライズ グローバル テンプレートをチェックアウトし、[エンタープライズ タスク アウトライン コード 1] フィールドをこの目的に合わせて定義します。その後、エンタープライズ グローバル テンプレートをチェックインし、すべてのユーザーが新しいフィールドを使用できるようにします。

次に、プロジェクトの経理担当者として、エンタープライズ タスク アウトライン フィールドを使用する場合を考えてみます。エンタープライズ タスク アウトライン コード 1] フィールドが「タスク コスト コード」として定義され、使用可能な状態になっています。このフィールドを使用すると、コスト センターを基準にタスクをグループ化し、その構造に基づいて要約情報を取得できます。

解説    エンタープライズ グローバル テンプレートの項目をチェックアウトして編集できるのは、エンタープライズ グローバル テンプレートを保存する権限のあるユーザー (プロジェクト管理者のリーダーなど) だけです。チェックインされた定義済みのフィールドについては、組織内のすべてのユーザーが表示できます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×