[インターフェイス] 図形

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

インターフェイスの インターフェイス図形アイコン では、内部構造を指定しないクラス、コンポーネント、パッケージ、またはその他の要素の外部からの操作を指定します。

インターフェイスには属性、状態、関連がなく、あるのは操作だけです。インターフェイスは、次の 2 つの方法で図表に表記できます。

  • ステレオタイプ <<interface>> を持つクラス図形として表記します。このクラス図形は、実現関係によってそのインターフェイスをサポートする要素にアタッチされます。

  • 円を使用して表記します。この円は、実線によって円をサポートする要素にアタッチされます。

実現関係は、クライアント (矢印がない端点) がサプライア (矢印がある端点) の操作をすべてサポートまたは継承することを示します。クラス (サプライア) とそのインタフェースの間の実現関係 (インタフェースを、ステレオタイプ <<interface>> を持つクラス図形によって表す場合)、または実装クラス (サプライア) とタイプの間の実現関係を使用します。

図形がインターフェイスの表示を変更します。

[インターフェイス] 図形を右クリックし、[クラス型インタフェースとして表示] または [ロリポップ インタフェースとして表示] をクリックします。

インターフェイス図形の名前を指定し、その他のプロパティの値を追加します。

ツリー ビューで要素を示すアイコン、または図表で要素を示す図形をダブルクリックして、要素の [UML プロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。

ヒント

図内の図形に表示されるプロパティ値を指定するには、図形を右クリックして、[図形の表示オプション] をクリックします。[UML 図形の表示オプション] ダイアログ ボックスでオプションをオンまたはオフにして、プロパティ値の表示/非表示を切り替えます。

インターフェイス図形のプロパティ値が表示されます。

図形を右クリックして [図形の表示オプション] をクリックします。次に、オプションをオンまたはオフにして、値の表示/非表示を切り替えます。

インターフェイスの他のビューに移動します。

図形を右クリックして [表示] をクリックします。目的のビューを選択して [OK] をクリックします。

ビューで、インターフェイスやその他の要素間の関係を表示します。

図形を右クリックして、[関係を表示する] をクリックします。

線形インターフェイス図形の最後にある円のサイズを変更します。

コントロール ハンドルの画像 - 黄色い菱形 を処理するコントロールをドラッグします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×