[アプリケーション]

Office Communications Server 2007 R2 コンソール ツリー内の [アプリケーション] ノードには、プール内でインストールされているすべての統合コミュニケーション アプリケーションが表示されます。Office Communications Server 2007 R2 では、エンタープライズ プール内の各フロントエンド サーバーと、各 Standard Edition サーバーに、次の統合コミュニケーション アプリケーションが自動的にインストールされます。

  • [応答グループ サービス]。応答グループ サービスを使用すると、エンド ユーザーは、1 つ以上の応答グループを作成および構成し、着信通話を 1 人以上の指定したエージェントにルーティングしてキューに入れることができます。

  • [会議アテンダント]。会議アテンダントによって、統合コミュニケーション クライアントを利用できないエンタープライズ ユーザーでも、公衆交換電話網 (PSTN) 電話を使用して電話会議にダイヤルインすることが可能になります。

  • [会議アナウンス サービス]。会議アナウンス サービスは、電話会議ユーザーが入場または退場するときや、電話ユーザーがミュートまたはミュート解除されているときに、トーン音を鳴らして通知します。

  • [外部音声コントロール]。外部音声コントロールは、エンタープライズ VoIP に対応していない携帯電話にエンタープライズ VoIP 機能と通話コントロールを提供します。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

統合コミュニケーション アプリケーションは、Office Communications Server 2007 R2 Enterprise Edition フロントエンド サーバーまたは Office Communications Server 2007 R2 Standard Edition の展開時に自動的にインストールされるアプリケーション サーバーによってホストされます。展開ウィザードを使用する場合、Office Communications Server 2007 R2 のセットアップ中に、既定ではすべてのアプリケーションがアクティブ化されます。ただし、一部のアプリケーションだけをアクティブ化するか、アプリケーションを一切アクティブ化しないかを選ぶこともできます。アプリケーションを使用するには、アプリケーションをアクティブ化し、必要な設定を構成してから、サービスを開始する必要があります。正常に実行するには、会議アテンダントと応答グループ サービスに追加の構成が必要です。会議アナウンス サービスと外部音声コントロールには構成の必要はありません。

応答グループ サービスの管理には、専用の管理スナップインを使用します。会議アテンダントの設定は、[グローバル プロパティ] を使用してフォレスト全体で構成します。ただし、ダイヤルイン会議の設定は、[フロント エンドのプロパティ] を使用してプール レベルで構成します。

アプリケーション サーバーと統合コミュニケーション アプリケーションの詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×