[アウトライン レベル] フィールド

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

[アウトライン レベル] フィールドには、プロジェクトのアウトラインの階層に基づくタスクまたは割り当ての位置が示されます。このアウトライン レベルは数値で示されます。設定できるアウトライン レベルの数には、事実上制限はありません。

[アウトライン レベル] フィールドは、いくつかのカテゴリに分類されます。

データ型    整数

[アウトライン レベル] (タスク フィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法   プロジェクトには、タスクのアウトラインのレベルで、プロジェクト アウトライン階層に基づいてアウトライン レベル] フィールドで値が割り当てられます。1 のアウトライン レベルをタスクにアウトラインの最上位にあるが、上にサマリー タスクがありませんが、します。10 のアウトライン レベルをタスクには、上にある次の 9 のサマリー タスクなどができます。複数のサブタスクを下にあることもあります。

使用のポイント    プロジェクトのアウトライン構造に基づくタスクの位置を表示するとき、またはフィルターで抽出するときは、タスク ビューに [アウトライン レベル] フィールドを挿入します。

使用例    サマリー タスクである「新規顧客の開拓」の下に「企画書作成」のサブタスクがあり、この下にさらに「価格調査」のサブタスクがあるとします。[タスク シート] ビューに [アウトライン レベル] フィールドを挿入すると、サマリー タスクの「新規顧客の開拓」はアウトライン レベルが「1」となります。その下の「企画書作成」のタスクはアウトライン レベル「2」となり、 さらに下の「価格調査」タスクはアウトライン レベル「3」となります。

解説    表示するタスクのアウトライン レベルを指定することができます。

[アウトライン レベル] (割り当てフィールド)

入力の種類    計算結果

計算方法    プロジェクトのアウトラインの階層に基づく割り当てのアウトライン レベルに応じて、[アウトライン レベル] フィールドに数値が割り当てられます。アウトライン レベルが「1」に設定されているタスクは、アウトラインの最上位のレベルです。つまり、タスクの上にサマリー タスクはありません。タスクのアウトライン レベルが「10」の場合は、タスクの上に 9 つのサマリータスクがあります。タスクの下に複数のサブタスクが配置されている場合もあります。

使用のポイント    アウトライン構造における割り当てのレベルを表示する場合は、[タスク配分状況] ビューまたは [リソース配分状況] ビューのシート部分に [アウトライン レベル] フィールドを挿入します。

使用例    松沢さんに「企画書作成」のタスクが割り当てられているとします。このタスクは、サマリー タスクである「新規顧客の開拓」のサブタスクです。[タスク配分状況] ビューに [アウトライン レベル] フィールドを挿入すると、サマリー タスクの「新規顧客の開拓」はアウトライン レベルが「1」となります。「企画書作成」のタスクはアウトライン レベルが「2」となり、 松沢さんの割り当て行にはアウトライン レベル「3」が表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×