編集記号の表示と非表示を切り替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[ホーム] タブの [段落] で [編集記号の表示/非表示] をクリックします。

[段落] グループの [書式の表示/非表示] ボタン

[編集記号の表示/非表示] ボタンで一部の編集記号が非表示にならない

段落記号やスペースなどの特定の記号を常に表示することを選択している場合、[編集記号の表示/非表示] ボタンですべての編集記号が非表示になるわけではありません。

選択した編集記号を非表示にする

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [表示] をクリックします。

  3. [常に画面に表示する編集記号] で、文書に常に表示するわけではない編集記号のチェック ボックスをオフにします。

編集記号の表示と非表示を切り替える

Office Online コンテンツ ライターによって作成されたビデオ

[ヘルプ] ボタン ビデオを見ることができない場合は、トラブルシューティングのヒントを試してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×