箇条書きまたは段落番号を変更する

プレゼンテーションに追加されている箇条書きまたは段落番号のスタイル、色、サイズなどは、必要に応じて変更できます。また、開始番号の変更、インデント レベルの上げ下げ、行頭文字とテキストの間隔の増減などの操作を手動で行うこともできます。

  まだ箇条書きまたは段落番号をスライドに追加していない場合は、「テキストに箇条書きまたは段落番号を追加する」を参照してください。

箇条書きまたは段落番号のスタイル、記号、色、またはサイズを変更する

  1. スライドに使用されている箇条書きまたは段落番号に変更を加えるには、[ホーム] タブの [段落] で、[箇条書き] ボタンまたは [段落番号] ボタンの横にある矢印をクリックして、[箇条書きと段落番号] をクリックします。

    Click Bullets or Numbers

  2. [箇条書きと段落番号] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    Bullets and Numbering Dialog Box

  3. 箇条書きまたは段落番号のスタイルを変更するには、[箇条書き] タブまたは [段落番号] タブで、目的のスタイルをクリックします。

  4. 行頭文字として画像を使用する場合は、[箇条書き] タブで [] をクリックし、スクロールしながら目的の画像アイコンを探します。

  5. 記号の一覧から特定の文字を選んで [箇条書き] または [段落番号] タブに追加するには、[箇条書き] タブの [ユーザー設定] をクリックし、いずれかの記号をクリックして、[OK] をクリックします。これで、この記号をスタイルの一覧から選択し、スライドに適用できるようになります。

  6. 箇条書きまたは段落番号の色を変更するには、[箇条書き] タブまたは [段落番号] タブの [] をクリックして、目的の色を選択します。

  7. 箇条書きまたは段落番号の大きさを、テキストに対する相対的なサイズで指定するには、[箇条書き] タブまたは [段落番号] タブの [サイズ] をクリックして、パーセンテージを入力します。

  8. 既存の箇条書き (行頭文字または段落番号) を SmartArt グラフィックに変換するには、[ホーム] タブの [段落] で、 Convert to SmartArt (SmartArt グラフィックに変換) をクリックします。

ページの先頭へ

リストのレベル (インデント) や、テキストと行頭文字間の間隔を変更する

  1. リスト内にインデントされた (下位の) リストを作成するには、インデントする行の先頭にカーソルを置き、[ホーム] タブの [段落] で [リストのレベルを上げる] をクリックします。

    Decrease or Increase Indent

    1. リストのレベル (インデント) を下げる

    2. リストのレベル (インデント) を上げる

  2. リスト内のテキストのインデントを戻すには、行の先頭にカーソルを置き、[ホーム] タブの [段落] で [リストのレベルを下げる] をクリックします。

  3. 箇条書きまたは段落番号とテキストとの間の間隔を増減させるには、行の先頭にカーソルを置きます。ルーラーを表示するには、[表示] タブの [表示/非表示] で [ルーラー] チェック ボックスをオンにします。ルーラーのぶら下げインデント (下の図を参照) をクリックし、ドラッグすると、箇条書きまたは段落番号とテキストとの間の間隔を広げることができます。

      ルーラーには、テキスト ボックスに定義されているインデントを示す 3 種類のマーカーが存在します。

    Indent markers

    1. 1 行目のインデント 実際の箇条書き (行頭文字または番号) の位置を示します。段落に箇条書きが適用されていない場合は、テキストの 1 行目の位置を示します。

    2. 左インデント "1 行目のインデント" と "ぶら下げインデント" の両方のマーカーを調整し、その相対的な間隔を保持します。

    3. ぶら下げインデント 実際のテキスト行の位置を示します。段落に箇条書きが適用されていない場合は、テキストの 2 行目以降の位置を示します。

ページの先頭へ

適用対象: PowerPoint 2007



この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

どのようにしたら改善できるでしょうか?

255 残りの文字数

お客様のプライバシーを保護するため、フィードバックには連絡先情報を含めないでください。 レビューしてください プライバシー ポリシー

ご意見をいただきありがとうございます。

サポート リソース

言語の変更