変更履歴の記録をオンまたはオフにする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ステータス バーの設定を変更して、変更履歴の記録がオンであるか、オフであるかを示す変更履歴記号を追加することができます。変更履歴の記録をオンにすると、文書に加えたすべての変更を表示できます。変更履歴の記録をオフにすると、変更内容を記録せずに文書を変更することができます。

内容

変更の追跡を有効にします。

変更履歴の記録をオフにします。

変更履歴の記録をオンにする

  • [校閲] タブの [履歴] で [変更履歴の記録のイメージをクリックします。

    Word のリボンの画像

    ステータス バーに変更履歴記号を追加するには、ステータス バーを右クリックし、[変更履歴] をクリックします。ステータス バーの [変更履歴] をクリックして変更履歴の記録のオンとオフを切り替えることができます。

    変更履歴インジケーター

注: [変更履歴] コマンドを使用できない場合、文書保護の解除が必要になることがあります。[校閲] タブの [保護] で [文書の保護] をクリックし、[文書の保護] 作業ウィンドウの下部にある [保護の中止] をクリックします (文書のパスワードが必要になる場合があります)。

ページの先頭へ

変更履歴の記録をオフにする

変更履歴の記録をオフにすると、変更内容を記録せずに文書を編集できます。変更履歴の記録をオフにしても、既に記録された変更履歴は削除されません。

重要: 変更履歴を削除するには、[校閲] タブの [変更箇所] にある [承諾] コマンドと [元に戻す] コマンドを使用します。

  • [校閲] タブの [履歴] で [変更履歴の記録のイメージをクリックします。

    Word のリボンの画像

    ステータス バーに変更履歴記号を追加するには、ステータス バーを右クリックし、[変更履歴] をクリックします。ステータス バーの [変更履歴] をクリックして変更履歴の記録のオンとオフを切り替えることができます。

    変更履歴インジケーター

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

この情報は役に立ちましたか?

どのようにしたら改善できるでしょうか?

どのようにしたら改善できるでしょうか?

お客様のプライバシーを保護するため、フィードバックには連絡先情報を含めないでください。 レビューしてください プライバシー ポリシー

ご意見をいただきありがとうございます。