共同作成者の設定をサイト管理者として使用する

ここでは、自分がサイト管理者の立場にあると想定しましょう。このサイト管理者は、チームが Microsoft Office SharePoint Designer 2007 を使ってサイトのデザイン、レイアウト、または他のコンテンツに影響を及ぼすことなくコンテンツをサイトに共同作成できるようにしたいと考えています。共同作成者の設定を使用すると、チームが各自のタスクを完了しやすくなるように共同作成者モードを構成したり、チームが変更できるサイトのコンテンツについて適切な制御を設定したりできます。サイト管理者にとって最も喜ばしいことは、共同作成者モードは既定でオンになっていて、必要な設定は何もないということです。

このトピックでは、サイト管理者として共同作成者の設定を使用する方法、および共同作成者グループおよび領域の種類の使用方法の概要を示します。

共同作成者の設定の詳細については、「共同作成者の設定の概要」のトピックを参照してください。

重要  共同作成者の設定を使用するには、Windows SharePoint Services 3.0 か Microsoft Office SharePoint Server 2007 を実行するサーバー上にサイトが配置されている必要があります。

このトピックの内容

共同作成者の設定は既定でオン

共同作成者グループの使用方法

既定の共同作成者グループ

領域の種類の使用方法

連絡先電子メール アドレスを設定する

共同作成者の設定を既定値にリセットする

共同作成者の設定は既定でオン

Office SharePoint Designer 2007 で初めて SharePoint サイトを開くと、既定で共同作成者の設定がオンになっています。既定の設定を変更する場合を除き、サイト管理者が行う必要のある設定は特にありません。共同作成者の設定には、いくつかの既定の共同作成者グループ (それぞれ既定の設定を持つ) が含まれ、既定の SharePoint アクセス許可レベルにリンクされています。これらの設定は、十分なアクセス許可を持つユーザーによってオフにされるまでの間、有効です。

共同作成者の設定をオフにすると、サイトを開くアクセス許可を持つすべてのユーザーが、Office SharePoint Designer 2007 のすべての機能に対して、制限なしで完全にアクセスできるようになります。ただし、以前に作成した共同作成者の設定は引き続きサイトに保持されるので、いつでも共同作成者の設定を再びオンにして、それらの設定を再度有効にすることができます。

重要  共同作成者の設定をオンまたはオフにするには、SharePoint サイトで少なくとも "権限の管理" アクセス許可を持っている必要があります。これは、ほとんどの場合、サイト管理者であることが必要になります。

共同作成者の設定をオンまたはオフにする

  1. Office SharePoint Designer 2007 で SharePoint サイトを開きます。

  2. [サイト] メニューの [共同作成者の設定] をクリックします。

  3. 必要に応じて、[詳細設定] をクリックして [詳細設定] セクションを開きます。

    Contributor Settings dialog box

  4. [共同作成者の設定] がオンになっている場合は、[共同作成者の設定の無効化] をクリックします。[共同作成者の設定] がオフになっている場合は、[共同作成者の設定の有効化] をクリックします。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

共同作成者グループの使用方法

ブラウザでの設定

サイト管理者は、共同作成者グループの設定の大部分が、実際にはブラウザの [サイトの設定] ページで行われることをよく理解しておきましょう。

たとえば、共同作成者グループにユーザーを直接追加することはありません。その代わりに、各共同作成者グループは、SharePoint サイトで 1 つまたは複数のアクセス許可レベルにリンクされています。アクセス許可レベルにより、リンクされる共同作成者グループの 2 つの重要な要素が決定されます。

  • 共同作成者グループのメンバ    ブラウザで SharePoint サイトにユーザーおよびグループを追加するときには、アクセス許可レベルを割り当てる必要があります。割り当てたアクセス許可レベルを Office SharePoint Designer 2007 の共同作成者グループにリンクすると、そのレベルのユーザーおよびグループが自動的にその共同作成者グループのメンバになります。したがって、共同作成者グループからユーザーを削除する場合は、そのユーザーのアクセス許可レベルを共同作成者グループからリンク解除するか (これは Office SharePoint Designer 2007 で行います)、または、その共同作成者グループにリンクされていないアクセス許可レベルをユーザーに割り当てます (これはブラウザで行います)。

  • 共同作成者グループが持つアクセス許可    共同作成者の設定は、セキュリティ機能ではありません。共同作成者の設定は、善意のユーザーを正しい方向に導き、サイトを破損するリスクを最小限に抑えて各自のタスクを容易に完了できるようにデザインされています。Office SharePoint Designer 2007 で指定する共同作成者の設定は、SharePoint のアクセス許可レベルを無効にしたり置き換えたりするものではありません。SharePoint サイトに対するユーザーのアクセスのレベルは、共同作成者の設定によってではなく、常にそのユーザーのアクセス許可レベルによって決定されます。ユーザーの共同作成者の設定は、そのユーザーが Office SharePoint Designer 2007 で使用できる編集機能を決定します。

サイト管理者が共同作成者の設定を使用する場合は、ブラウザで次の設定が必要になる場合があります。

  • ユーザーおよびグループを追加してアクセス許可レベルを割り当てる。     その結果、ユーザーおよびグループは、そのアクセス許可レベルにリンクされる可能性のある任意の共同作成者グループに属することになります。

  • ユーザーに割り当てられるアクセス許可レベルを変更する。     そのアクセス許可レベルは、別の共同作成者グループにリンクされる可能性があります。

  • 既存のアクセス許可レベルを編集する。     サイトの所有者は、アクセス許可レベルに関連付ける権限を選択することができます。アクセス許可レベルは、リンクされた共同作成者グループの設定よりも常に優先されます。共同作成者の設定では、ユーザーがそのアクセス許可レベルで許可されない方法でサイトを変更できるようにすることはできません。たとえば、共同作成者グループに新しいページの作成を許可している場合であっても、ユーザーのアクセス許可レベルにページの追加とカスタマイズの権限が含まれていなければ、ユーザーは新しいページを作成できません。

  • 新しいアクセス許可レベルを作成する。     新しいアクセス許可レベルを追加して、異なる権限のセットを組み合わせることができます。サイト内の特定のオブジェクトにだけアクセスが必要なユーザーまたはグループがある場合は、それぞれのタスクの完了に必要な最低限の権限だけを与えることができます。

SharePoint アクセス許可レベルの管理の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

Office SharePoint Designer 2007 での設定

共同作成者グループは、Web サイトの更新処理で特定のタスクを実行するよう割り当てられたユーザー グループです (コンテンツ作成者、Web デザイナなど)。共同作成者の設定を使用すると、異なる共同作成者グループに対して異なる編集制限のセットを作成できますが、最初にグループを SharePoint アクセス許可レベルにリンクしておく必要があります。

既定の共同作成者グループとして、サイト管理者、Web デザイナ、およびコンテンツ作成者の 3 種類があります。これらの共同作成者グループは、それぞれフル コントロール、デザイン、および共同作成の各アクセス許可レベルにリンクされています。

Default Contributor groups shown in the Contributor Settings dialog box

たとえば、Web デザイナはデザイン アクセス許可レベルにより、SharePoint サイトを変更するためのアクセス権を持っています。既定では、Web デザイナは、Web デザイナ共同作成者グループのメンバとして Office SharePoint Designer 2007 を使用します。これは、Web デザイナ共同作成者グループがデザイン アクセス許可レベルにリンクされているためです。同様に、Windows SharePoint Services 3.0 でフル コントロール アクセス許可を持つサイト管理者は、Office SharePoint Designer 2007 のサイト管理者グループに属します。

Permission level shown linked to a Contributor group

既定の共同作成者グループだけで十分な場合もあれば、追加の共同作成者グループを作成したい場合もあります。たとえば、2 つの異なる Web デザイナ グループを用意して、1 つには通常のアクセス許可をすべて与え、もう 1 つにはマスタ ページの作成および変更の権限を与えない、などを行うことができます。そのためには、Office SharePoint Designer 2007 に新しい共同作成者グループを作成し、名前を付けます (たとえば、"制限付きデザイナ" など)。デザイン アクセス許可レベルは既に Web デザイナ共同作成者グループにリンクされているため、新しい SharePoint アクセス許可レベル (たとえば、"制限付きデザイン" など) を作成する必要があります。次に、新しい共同作成者グループを新しい SharePoint アクセス許可レベルにリンクし、共同作成者グループの編集制限を構成します。

Windows SharePoint Services 3.0 は、新しいアクセス許可レベルの作成に関して柔軟性を持っています。使用可能なレベルがなくなった場合は、単に新しいレベルを作成すれば済みます。各 SharePoint アクセス許可レベルは 1 つの共同作成者グループにしかリンクできないため、多くの新しい共同作成者グループを追加する場合は、新しいアクセス許可レベルの作成が必要になる場合があります。

新しい共同作成者グループを作成するか、または既存の共同作成者グループを変更することができます。詳細については、「共同作成者グループを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

既定の共同作成者グループ

Office SharePoint Designer 2007 で初めてサイトを開いてから、[共同作成者の設定] ダイアログ ボックス ([サイト] メニュー) を開くと、既定の共同作成者グループとして "コンテンツ作成者" が表示されます。これはどういう意味でしょうか。

ご存知のとおり、SharePoint サイトのすべてのユーザーおよびグループには、Windows SharePoint Services 3.0 でアクセス許可レベルが割り当てられます。そのアクセス許可レベルは、共同作成者グループにリンクされています。アクセス許可レベルが共同作成者グループにリンクされていないユーザーがいるとします。このユーザーが Office SharePoint Designer 2007 でサイトを開くと、ユーザーは自動的に既定のグループに割り当てられます。これは、共同作成者の設定がオンになっている場合には、アクセス許可レベルを共同作成者グループにリンクするかどうかにかかわらず、すべてのユーザーに一連の編集制限が適用されることを意味します。

なぜコンテンツ作成者グループが Office SharePoint Designer 2007 の既定の共同作成者グループなのでしょうか。それは、コンテンツ作成者グループには、既定で Office SharePoint Designer 2007 の機能へのアクセス権が最小限に割り当てられるためです。そのため、共同作成者グループにリンクされていないユーザーがサイトを編集用に開いたとしても、アクセス権が制限されます。このアクセス権制限により、だれかが誤ってサイトを破損してしまう可能性が最小限に抑えられます。また、既定の共同作成者グループを指定すると、共同作成者の設定を構成しやすくなります。共同作成者グループにサイト内のすべてのアクセス許可レベルをリンクする必要がないためです。

既定のグループは変更できます。ただし、変更する前に、この変更が Web サイトの更新処理に悪い影響を与えないか検討する必要があります。既定のグループ用の共同作成者グループ設定は、どの共同作成者グループにも属していないユーザーに課される編集制限であることを念頭に置いてください。既定の共同作成者グループを変更する方法については、「共同作成者グループを作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

領域の種類の使用方法

マスタ ページには、ページ上でユーザーによって変更ができる場所を定義するコンテンツ プレースホルダがあります。コンテンツ プレースホルダの内側の領域は、コンテンツ領域と呼ばれます。共同作成者の設定では、領域の種類を作成して、コンテンツ領域に割り当てることができます。たとえば、領域の種類を使用すると、ユーザーに対して、コンテンツ領域へのテキストのみの追加を許可できます。共同作成者の設定をマスタ ページと共に使用すると、サイト所有者は、ページ上の変更可能な領域を定義するだけでなく、その領域で許可する変更の種類を定義することもできます。

たとえば、コンテンツ作成者グループが、SharePoint サイトのページの情報を定期的に更新する必要があるとします。コンテンツ作成者がコンテンツを追加できる特定のコンテンツ領域をページ上に作成できます。ページ上のそれ以外の領域は編集できないため、ユーザーがデザイン、レイアウト、またはスタイルを誤って変更してしまうのを防ぐことができます。

Office SharePoint Designer 2007 には、[テキストのみ]、[テキストとイメージ]、[テキスト、レイアウト、イメージ] という 3 つの既定の領域の種類があります。

Default region types in the Contributor Settings dialog box

領域の種類を使用して、ユーザーがページ上の領域に追加できるコンテンツの種類を制御できます。たとえば、ユーザーがページに表を追加するのを制限したいとします。[テキスト、レイアウト、イメージ] 領域の種類の設定を変更すると、ユーザーによる表の作成を制限できます。

既定では、新しい領域の種類を作成すると、4 つのすべてのカテゴリ ([編集]、[書式設定]、[イメージ]、および [SharePoint]) における編集の制限が、ユーザーの共同作成者グループの設定から継承されます。[領域の設定] ダイアログ ボックスで編集制限を設定するオプションは、すべて共同作成者グループ設定を無効にするように選択した後でのみ有効になります。これが、領域の種類を使用する本当の理由です。つまり、ページ上の特定の領域で 1 つまたは複数の共同作成者グループの設定を無効にすることができます。サイト管理者は領域の種類を使用して、コンテンツ領域にどの共同作成者グループがどのような種類のコンテンツを追加できるかを非常にきめ細かく制御することができます。

マスタ ページにコンテンツ プレースホルダを追加し、領域の種類を作成してコンテンツ領域に割り当てる方法については、「領域の種類を作成する」を参照してください。

ページの先頭へ

連絡先電子メール アドレスを設定する

サイト管理者は、サイトに対して共同作成者グループおよび領域の種類を作成するときに、管理の容易さと編集制限の設定の必要性とのバランスを取り、ユーザーがサイトを破損することなくタスクを完了できるようにする必要があります。また、どのサイトにおいても、最小限の権限という原則に従うことは重要です。共同作成者には Office SharePoint Designer 2007 の機能への最小限のアクセス権を与えながら、タスクの完了を可能にする必要があります。

指定された共同作成者グループまたは領域の種類で作業しているユーザーが、共同作成者の設定によってタスクの完了が妨げられることに気づいた場合、だれに連絡すればよいかを知っていることが重要です。サイトに対して少なくとも 1 つの連絡先電子メール アドレスを設定する必要があります。理想として、サイトの共同作成者の設定を変更するのに十分なアクセス許可 (通常は、フル コントロール) を各連絡先に必要に応じて与えておきます。ユーザーは、自分の共同作成者の設定を表示したときに、[共同作成者] 作業ウィンドウの [サイト管理者への問い合わせ] リンクをクリックして、サイト管理者に連絡できます。また、ユーザーは [サイト] メニューの [共同作成者の設定] をクリックしても、サイト管理者の電子メール アドレスを表示できます。

  1. [サイト] メニューの [共同作成者の設定] をクリックします。

  2. [連絡先電子メール] ボックスで、連絡先の完全な電子メール アドレス (たとえば、someone@example.com) を入力します。複数のアドレスを入力する場合は、必ずアドレスをセミコロンで区切ってください。

  3. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

共同作成者の設定を既定値にリセットする

共同作成者の設定を既定値にリセットすると、作成またはカスタマイズしたすべての共同作成者グループおよび領域の種類が削除され、復元することはできません。

  1. [サイト] メニューの [共同作成者の設定] をクリックし、[共同作成者の設定の既定値をリセット] をクリックします。

  2. 次のメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。

    Message prompting if you want to remove all the Contributor settings

ページの先頭へ

適用対象: SharePoint Designer 2007



この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

どのようにしたら改善できるでしょうか?

255 残りの文字数

お客様のプライバシーを保護するため、フィードバックには連絡先情報を含めないでください。 レビューしてください プライバシー ポリシー

ご意見をいただきありがとうございます。

サポート リソース

言語の変更