メッセージを開封済みまたは未読にする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

未読メッセージのヘッダーは、[受信トレイ] に太字で表示されます。未読メッセージ件数は、ナビゲーション ウィンドウのフォルダ名の横に表示されます。

注: ナビゲーション ウィンドウの検索フォルダーの下の [未読のメール] フォルダに、すべての未読メッセージが保存されています。この検索フォルダは、既定ではナビゲーション ウィンドウに表示されています。検索フォルダの下に [未読のメール] フォルダが表示されていない場合は、検索フォルダを作成することができます。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

開封済みと未読を手動で設定する

閲覧ウィンドウに表示されたメッセージを自動的に開封済みにする

開封済みと未読を手動で設定する

  1. 変更するメッセージを選択します。

  2. 操作方法

    • 連続するアイテムを選択するには、最初のアイテムをクリックし、Shift キーを押しながら最後のアイテムをクリックします。

    • 隣接していないアイテムを選択するには、最初の項目をクリックし、ctrl キーを押しし、アイテムの追加] をクリックします。

    • [編集] メニューで、すべてのアイテムを選択するには、[すべて選択] をクリックします。

      注: アイテムの表示を変更すると、特定のアイテムをすばやく選択できます。たとえば、同じ件名を持つメッセージをすべて選択する場合は、そのメッセージを含むフォルダ内で [表示] メニューの [並べ替え] をポイントし、[テーマ] をクリックします。次に、表示されたビューで目的のメッセージを選択します。

    [編集] メニューで、次のいずれかの操作を行います。

    • メッセージを開封済みにするには、[開封済みにする] をクリックします。

    • メッセージを未読にするには、[未読にする] をクリックします。

    • フォルダ内のすべてのメッセージを開封済みにするには、[すべて開封済みにする] をクリックします。

注: 返信したメッセージや転送したメッセージを選択して [未読にする] コマンドを実行しても、封筒のアイコンは開いたまま変更されません。ただし、並べ替え、グループ化、抽出を行うときは、このメッセージは未読とみなされます。

ページの先頭へ

閲覧ウィンドウに表示されたメッセージを自動的に開封済みにする

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[その他] タブをクリックします。

  2. [閲覧ウィンドウ] をクリックします。

  3. アイテムを開封済みとして閲覧ウィンドウで表示する] チェック ボックスを選択し、待機 n までの秒としてマーク項目の読み取り] ボックスに数値を入力します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

この情報は役に立ちましたか?

どのようにしたら改善できるでしょうか?

どのようにしたら改善できるでしょうか?

お客様のプライバシーを保護するため、フィードバックには連絡先情報を含めないでください。 レビューしてください プライバシー ポリシー

ご意見をいただきありがとうございます。