ページを追加または削除する

Word 2010 では、手動改ページや文書の末尾にある余分なページを簡単に削除できます。

また、文字列やグラフィックスでページがいっぱいになると、自動的に改ページが挿入され、新しいページが開始されます。 ただし、改ページを追加したり改ページを削除したりして手動でページを追加または削除することができます。 文書の先頭に表紙を追加することもできます。

この記事の内容

ページを追加する

表紙を追加する

ページを削除する

ページを追加する

  1. 文書内の任意の場所で新しいページを挿入する場所をクリックします。

      挿入されたページは、カーソル位置の直前に表示されます。

  2. [挿入] タブの [ページ] グループで [空白のページ] をクリックします。

    Word のリボン イメージ

ページの先頭へ

表紙を追加する

Office Word 2007 には、事前にデザインされた表紙のギャラリーが用意されています。表紙を選んで、サンプル テキストを置き換えるだけで使うことができます。

表紙は、常に文書の先頭に挿入されます。文書内でカーソルが表示されている場所は関係ありません。

  1. [挿入] タブの [ページ] グループで [表紙] をクリックします。

    Word のリボン イメージ

  2. オプションのギャラリーから表紙レイアウトを選んでクリックします。

    表紙を挿入したら、サンプル テキストを独自のテキストに置き換えます。

  

  • 文書に別の表紙を挿入すると、挿入した最初の表紙は、新しい表紙に置き換わります。

  • 以前のバージョンの Word で表紙を作成した場合、Office Word 2007 ギャラリーのデザインで表紙を置き換えることはできません。

  • 表紙を削除するには、[挿入] タブをクリックし、[ページ] グループの [表紙] をクリックして、[現在の表紙を削除] をクリックします。

ページの先頭へ

ページを削除する

改ページを削除すると、文書の最後の空白ページなど、Word 文書の空白ページを削除できます。ページ間の改ページを削除すると、2 つのページを一緒にすることもできます。

空白ページを削除する

下書き表示になっていることを確認します (ステータス バーの [表示] メニューで、[下書き] をクリックします)。 段落記号 (¶) などの印刷されない文字が表示されていない場合は、[ホーム] タブの [段落] で 段落記号 (編集記号の表示/非表示) をクリックします。

  • 空白ページを削除するには、そのページの最後にあるページ区切りを選び、Delete キーを押します。

1 ページの内容を削除する

文書内の任意の場所にある 1 ページの内容を選んで削除できます。

  1. 削除する内容を含むページの任意の場所にカーソルを置きます。

  2. [ホーム] タブの [検索] グループで [検索] の横にある矢印をクリックし、[ジャンプ] をクリックします。

    Word のリボン イメージ

  3. \page」と入力し、[ジャンプ] をクリックします。

    ページの内容が選ばれます。

  4. [閉じる] をクリックし、Delete キーを押します。

文書の最後にある空白ページを削除する

下書き表示になっていることを確認します (ステータス バーの [表示] メニューで、[下書き] をクリックします)。 段落記号 (¶) などの印刷されない文字が表示されていない場合は、[ホーム] タブの [段落] で 段落記号 (編集記号の表示/非表示) をクリックします。

  • 文書の最後にある空白ページを削除するには、文書の最後にあるページ区切りまたはすべての段落記号 (段落記号) を選び、Delete キーを押します。

ページの先頭へ

適用対象: Word 2007



この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

どのようにしたら改善できるでしょうか?

255 残りの文字数

お客様のプライバシーを保護するため、フィードバックには連絡先情報を含めないでください。 レビューしてください プライバシー ポリシー

ご意見をいただきありがとうございます。

サポート リソース

言語の変更