ピボットテーブルまたはピボットグラフ レポートのデータを抽出する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel 2010 では、スライサーを使用して、ピボット テーブルのデータをフィルター処理することができます。
Office 365 を体験!

フィルタによるデータの抽出は、ピボットテーブル レポートまたはピボットグラフ レポートに含まれるデータの一部を検索して操作するためのすばやく、簡単な方法です。

目的に合ったトピックをクリックしてください

フィルター処理の詳細についてください。

文字列を抽出する

値の領域内の数値を抽出します。

日付または時刻を抽出する

上位または下位の数値を抽出する

選択範囲で抽出する

フィルターを削除します。

フィルタについて

フィルターが適用されたデータは、 抽出条件を指定して、表示されている必要がないデータを非表示にすることに一致するデータのサブセットだけを表示します。セル範囲またはテーブルをフィルター処理とは異なり、フィルターを実行する必要はありません。ピボット テーブルを更新または更新するたびに、フィルターが自動的に再適用します。

ピボットテーブルまたはピボットグラフのレポートでは、フィルターは累積的に適用されます。つまり、フィルターを追加すると、それまでに適用されたフィルターの結果に新しいフィルターが適用されるので、データがさらに絞り込まれます。1 つのデータに対して、最大 3 種類のフィルター (手動、ラベルまたは日付、値) を同時に作成できます。同時に作成されたフィルターは、この順序で評価されます。この動作は、[ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスの [集計とフィルター] タブの [1 つのフィールドに複数のフィルターを使用可能にする] チェック ボックスをオンまたはオフにして制御できます。詳細については、「ピボットテーブル オプション」を参照してください。

注記: 

  • ピボットテーブル レポートでフィルター ボタンを表示するかどうかは、[ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスの [表示] タブで [フィールドのタイトルとフィルターのドロップダウン リストを表示する] チェック ボックスをオンまたはオフにするか、または、[オプション] タブの [表示/非表示] で [フィールドの見出し] をクリックすることによって制御できます。詳細については、「ピボットテーブル オプション」を参照してください。

  • ピボットテーブルのフィールド リスト内のデータにフィルタを適用することもできます。詳細については、「ピボットテーブル レポートのレイアウトおよび書式をデザインする」を参照してください。

  • ピボットテーブル レポートまたはピボットグラフ レポートで、色、フォントの色、アイコン セットを条件としてデータを抽出することはできません。

  • ピボット テーブルのデータ ソースが OLAP データベースが MDX 式サブセレクト構文をサポートしていない場合は、ラベル、日付または時刻、値、または上位または下位の数値でフィルター処理することはできません。

  • レポート フィルタでは、手動でのフィルタ適用のみ可能です。

ページの先頭へ

文字列を抽出する

ラベル

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • ピボット テーブル レポートで、[行ラベル] または [列ラベルの矢印 フィルターのドロップダウン矢印 ] をクリックします。

    • ピボット グラフ フィルター ウィンドウで、 (項目) 軸のフィールドまたは凡例フィールド (系列)で矢印 フィルターのドロップダウン矢印 ] をクリックします。

      ヒント: [フィルタ] メニューを閉じずにフィールドを変更するには、先頭の [フィールドの選択] ボックスで、ドロップダウン リストからフィールドを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    文字列値の一覧から選択する (手動でのフィルタ)   

    • 文字列値の一覧で、抽出する文字列値のチェック ボックスをオンにし、抽出しない文字列値のチェック ボックスをオフにします。

      一覧が大きい場合は、先頭の [(すべて選択)] チェック ボックスをオフにした後、フィルタに使用する文字列値のチェック ボックスをオンにします。

      ヒント: フィルタ メニューを広げる (大きくする) には、一番下のグリップ ハンドルをドラッグします。

      テキスト値で抽出する   

    • ラベル フィルター ] をポイントし、 比較演算子コマンドのいずれかをクリックします。

      たとえば、特定の文字で始まる文字列で抽出するには、[指定の値で始まる] をクリックします。特定の文字を任意の場所に含む文字列で抽出するには、[指定の値を含む] をクリックします。

    • ラベル フィルター < フィールド名 > ] ダイアログ ボックスの [右側] ボックスで、テキストを入力します。

      たとえば、文字"J"で始まる文字列をフィルター処理するには、 Jを入力またはテキストの任意の場所に"bell"を含む文字列を抽出するは「 bell」と入力します。

      非 OLAP データ ソースでは、文字列のある部分が共通でその他の部分はどんな文字でもよい、という条件で文字列を抽出するには、ワイルドカード文字を使用します。

      ワイルドカード文字を使用する

      次のワイルドカード文字はテキスト フィルターの比較条件として使用できます。

入力する文字列

検索対象

? (疑問符)

任意の 1 文字
たとえば、「インターフェ?ス」と入力すると "インターフェイス" や "インターフェース" が検索されます。

* (アスタリスク)

任意の数の文字
たとえば、「Win*」と入力すると "Win98" や "Win2000" が検索されます。

~ (ティルダ) (?、*、または ~ の前に入力)

疑問符、アスタリスク、またはティルダ
たとえば、「fy06~?」と入力すると "fy06?" が検索されます。

アイテム

  1. ピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ レポートの関連するピボットテーブル レポートで、アイテムを右クリックし、[フィルター] をポイントし、[ラベル フィルター] をクリックします。

  2. [ラベル フィルタ <フィールド名>] ダイアログ ボックスで、次の操作を行います。

    1. ボックスの左側で、 比較演算子コマンドのいずれかをクリックします。
      など、selectで始まる、特定の文字で始まる文字列を抽出する、またはテキストに特定の文字を任意の場所が文字列を抽出するをクリックします。

    2. ボックスの右側で、テキストを入力します。

      たとえば、文字"J"で始まる文字列をフィルター処理するには、 Jを入力またはテキストの任意の場所に"bell"を含む文字列を抽出するは「 bell」と入力します。

      非 OLAP データ ソースでは、文字列のある部分が共通でその他の部分はどんな文字でもよい、という条件で文字列を抽出するには、ワイルドカード文字を使用します。

      ワイルドカード文字を使用する

      次のワイルドカード文字はテキスト フィルターの比較条件として使用できます。

入力する文字列

検索対象

? (疑問符)

任意の 1 文字
たとえば、「インターフェ?ス」と入力すると "インターフェイス" や "インターフェース" が検索されます。

* (アスタリスク)

任意の数の文字
たとえば、「Win*」と入力すると "Win98" や "Win2000" が検索されます。

~ (ティルダ) (?、*、または ~ の前に入力)

疑問符、アスタリスク、またはティルダ
たとえば、「fy06~?」と入力すると "fy06?" が検索されます。

ページの先頭へ

値領域から数値を抽出する

ラベル

  1. ピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ レポートの関連するピボットテーブル レポートで、行ラベル] または [列ラベルの矢印 フィルターのドロップダウン矢印 ] をクリックします。

    ヒント: [フィルタ] メニューを閉じずにフィールドを変更するには、先頭の [フィールドの選択] ボックスで、ドロップダウン リストからフィールドを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    数値の一覧から選択する (手動でのフィルタ)   

    • 数値の一覧で、抽出する数値のチェック ボックスをオンにし、抽出しない数値のチェック ボックスをオフにします。

      一覧が大きい場合は、先頭の [(すべて選択)] チェック ボックスをオフにした後、フィルタに使用する数値のチェック ボックスをオンにします。

      ヒント: フィルタ メニューを広げる (大きくする) には、一番下のグリップ ハンドルをドラッグします。

      数値で抽出する   

    • 値フィルター ] をポイントし、 比較演算子コマンドのいずれかをクリックします。

      たとえば、最小値と最大値を指定して抽出するには、[指定の範囲内] をクリックします。

    • [値フィルタ <フィールド名>] ダイアログ ボックスの右側のボックスに数値を入力します。

      たとえば、最小値 25 と最大値 50 で抽出するには、「25」と「50」を入力します。

アイテム

  1. ピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ レポートの関連するピボットテーブル レポートで、アイテムを右クリックし、[フィルター] をポイントし、[値フィルター] をクリックします。

  2. [値フィルタ <フィールド名>] ダイアログ ボックスで、次の操作を行います。

    1. 左側のボックスで、ドロップダウン リストからフィールドを選択します。

    2. ボックスの中央で、 比較演算子コマンドのいずれかをクリックします。
      など、上限と下限の数の制限でフィルター処理するには間で選択します。

    3. 右側のボックスに、数値を入力します。
      たとえば、最小値 25 と最大値 50 で抽出するには、「25」と「50」を入力します。

ページの先頭へ

日付または時刻を抽出する

注: OLAP データ ソースの場合、日付フィルタを使用するには、時刻が OLAP キューブ フィールド階層データ型である必要があります。日付がテキスト フィールドに文字列の形で入力されている場合、日付フィルタは表示されません。

ラベル

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • ピボット テーブル レポートで、[行ラベル] または [列ラベルの矢印 フィルターのドロップダウン矢印 ] をクリックします。

    • ピボット グラフ フィルター ウィンドウで、 (項目) 軸のフィールドまたは凡例フィールド (系列)で矢印 フィルターのドロップダウン矢印 ] をクリックします。

      ヒント: [フィルタ] メニューを閉じずにフィールドを変更するには、先頭の [フィールドの選択] ボックスで、ドロップダウン リストからフィールドを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    日付または時刻の一覧から選択する (手動でのフィルタ)   

    • 日付または時刻の一覧で、抽出する日付または時刻のチェック ボックスをオンにし、抽出しない日付または時刻のチェック ボックスをオフにします。

      値の一覧が大きい場合は、先頭の [(すべて選択)] チェック ボックスをオフにした後、抽出する値のチェック ボックスをオンにします。

      ヒント: フィルタ メニューを広げる (大きくする) には、一番下のグリップ ハンドルをドラッグします。

      日付または時刻値で抽出する   

    • [日付フィルター] をポイントし、次のいずれかの操作を行います。

      共通フィルター   

      注: 共通フィルターとは、比較演算子を使用したフィルターです。

      1. 比較演算子のコマンド ([指定の値に等しい]、[指定の値より前]、[指定の値より後]、[指定の範囲内]) のいずれかをクリックするか、または [ユーザー設定フィルタ] をクリックします。

      2. [日付フィルター] ダイアログ ボックスの左側のボックスで比較演算子を選択します。

        たとえば、最初の日付/時刻と最後の日付/時刻を指定して、その範囲内の日付/時刻を抽出するには、[が次の範囲内] を選択します。

      3. [日付フィルター] ダイアログ ボックスで、右側のボックスに日付または時刻を入力するか、[カレンダー] ボタンをクリックして日付を確認してから入力します。

        たとえば、開始日"2006/1/3"、終了日 "2006/1/6" で抽出するには、「2006/1/3」、「2006/1/6」と入力します。開始時刻 "8:00 AM"、終了時刻 "12:00 PM" で抽出するには、「8:00 AM」、「12:00 PM」と入力します。

        動的フィルター   

        注: 動的フィルターとは、再適用すると結果が変化する可能性のあるフィルターです。

      4. 定義済みの日付コマンドのいずれかをクリックします。

        たとえば、すべての日付から現在の日付を抽出するには [今日] をクリックし、翌月の日付を抽出するには [来月] をクリックします。

      5. [OK] をクリックします。

        注記: 

        • [期間内の全日付] メニューにある [1 月]、[第 2 四半期] などのコマンドは、年に関係なく特定の期間を抽出します。これらのコマンドは、たとえば、数年間の期間ごとの売り上げを比較する場合に便利です。

        • [今年] と [今年の初めから今日まで] では、将来の日付の処理方法が異なります。[今年] では年内の将来の日付 (明日から年末まで) が抽出されることがありますが、[今年の初めから今日まで] では今日とそれ以前の日付だけが抽出されます。

アイテム

  1. ピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ レポートの関連するピボットテーブル レポートで、アイテムを右クリックし、[フィルター] をポイントし、[日付フィルター] をクリックします。

  2. [日付フィルタ <フィールド名>] ダイアログ ボックスで、次の操作を行います。

    1. で、 左のボックスで、比較演算子を選択します。
      たとえば、上限と下限の日付または時刻でフィルター処理するを選択します。

    2. 右側のボックスに日付または時刻を入力するか、[カレンダー] ボタンをクリックして日付を確認してから入力します。
      たとえば、開始日 "2006/3/1"、終了日 "2006/6/1" で抽出するには、「2006/3/1」、「2006/6/1」と入力します。開始時刻 "8:00 AM"、終了時刻 "12:00 PM" で抽出するには、「8:00 AM」、「12:00 PM」と入力します。

ページの先頭へ

上位または下位の数値を抽出する

ラベル

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • ピボット テーブル レポートで、[行ラベル] または [列ラベルの矢印 フィルターのドロップダウン矢印 ] をクリックします。

    • ピボット グラフ フィルター ウィンドウで、 (項目) 軸のフィールドまたは凡例フィールド (系列)で矢印 フィルターのドロップダウン矢印 ] をクリックします。

      ヒント: [フィルタ] メニューを閉じずにフィールドを変更するには、先頭の [フィールドの選択] ボックスで、ドロップダウン リストからフィールドを選択します。

  2. [値フィルタ] をポイントし、[トップテン] をクリックします。

  3. [トップテン フィルタ <フィールド名>] ダイアログ ボックスで、次の操作を行います。

    1. 左のボックスの一覧で、[上位] または [下位] をクリックします。

    2. 中央のボックスに数値を入力します。

    3. 中央右のボックスで、次のいずれかの操作を行います。

      • アイテム数で抽出するには、[項目] をクリックします。

      • パーセントで抽出するには、[パーセント] をクリックします。

      • 合計で抽出するには、[合計] をクリックします。

    4. 右側のボックスで、ドロップダウン リストからフィールドを選択します。

アイテム

  1. ピボット テーブル レポートまたはピボット グラフ レポートの関連するピボットテーブル レポートで、アイテムを右クリックし、[フィルター] をポイントし、[トップテン] をクリックします。

  2. [トップテン <フィールド名>] ダイアログ ボックスで、次の操作を行います。

    1. 左のボックスの一覧で、[上位] または [下位] をクリックします。

    2. 中央のボックスに数値を入力します。

    3. 中央右のボックスで、次のいずれかの操作を行います。

      • アイテム数で抽出するには、[項目] をクリックします。

      • パーセントで抽出するには、[パーセント] をクリックします。

    4. 右側のボックスで、ドロップダウン リストからフィールドを選択します。

ページの先頭へ

選択範囲で抽出する

アクティブなフィールドの内容と等しい、という条件でデータをすばやく抽出する方法があります。

  1. ピボット テーブル レポートまたは関連するピボットテーブル レポート ピボット グラフ レポートの選択によるフィルターを適用するフィールド内の 1 つまたは複数のアイテムを選択します。

  2. 選択範囲内のアイテムを右クリックします。

  3. フィルター] をクリックし、[選択した項目のみを保持] または [選択されたアイテムを非表示にする] をクリックします。

  4. 非表示になったアイテムを表示するには、関連するアイテムを右クリックし、[フィルター] をポイントして、[フィルターのクリア] をクリックします。

ページの先頭へ

フィルターを削除します。

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • (ピボット テーブル レポートの場合)、 [アクション] で、[分析] タブの [データ] グループ (ピボット グラフ レポート) または [オプション] タブですべてのフィルターを削除するのには、[クリア] をクリックし、[フィルターのクリア] をクリックします。

    • 特定のフィールドにフィルターを削除するには、行または列のラベル、矢印 フィルターのドロップダウン矢印 をクリックし、[ < フィールド名 > からフィルターをクリア] をクリックします。

      ヒント: [フィルタ] メニューを閉じずにフィールドを変更するには、先頭の [フィールドの選択] ボックスで、ドロップダウン リストからフィールドを選択します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

この情報は役に立ちましたか?

どのようにしたら改善できるでしょうか?

どのようにしたら改善できるでしょうか?

お客様のプライバシーを保護するため、フィードバックには連絡先情報を含めないでください。 レビューしてください プライバシー ポリシー

ご意見をいただきありがとうございます。