ヒストグラムを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ヒストグラムまたはパレート図 (並べ替えられたヒストグラム) は頻度のデータを表示する縦棒グラフです。典型的な例を紹介します。

ヒストグラムのテーブル データとグラフ

Excel でヒストグラムを作成するには、分析ツールのヒストグラム ツールを使用します。ヒストグラムを作成するには 2 列のデータを使用します。 1 つは分析するデータの列で、もう 1 つは頻度を測定する間隔を表す境界値の列です。

分析ツールを読み込み、[データ] タブに [データ分析] コマンドを追加したことを確認します。 これでヒストグラムを作成する準備ができるようになります。 ここではその方法をご紹介します。

  1. ワークシートで、入力データを 1 つの列に入力し、必要に応じて最初のセルにラベルを追加します。

    項目の合計値、テストの点数など、必ず定量的な数値データを使用します。ヒストグラム ツールには、文字列として入力された識別番号などの定性的な数値データは使用できません。

  2. 次の列に、境界値を昇順で入力し、必要に応じて最初のセルにラベルを追加します。

    独自の境界値を使用すると、分析に役立つ可能性があります。境界値を入力しなかった場合は、ヒストグラム ツールが入力範囲の最小値と最大値を開始点および終了点として使用し、境界値の間隔を均等に分散させます。

  3. [データ] > [データ分析] をクリックします。

    [データ分析] と [ソルバー]

  4. [ヒストグラム]、[OK] の順にクリックします。

    [データ分析] ダイアログ ボックス

  5. [入力] で、次の操作を行います。

    1. [入力範囲] ボックスに、入力番号が設定されているデータ範囲のセル参照を入力します。

    2. [データ区間] ボックスに、境界値が設定されている範囲のセル参照を入力します。

      ワークシートに列見出しを使用した場合は、見出しもセル参照に含めることができます。

      ヒント: 参照を手動で入力する代わりに、 [折りたたみ] をクリックしてダイアログ ボックスを一時的に縮小し、ワークシート上で範囲を選択することができます。このボタンを再びクリックすると、ダイアログ ボックスが表示されます。

  6. セル参照に列ラベルを含めている場合は、[ラベル] ボックスをオンにします。

  7. [出力オプション] で、出力先を選びます。

    ヒストグラムは、同じワークシート上、現在のブックの新しいワークシート上、または新しいブックに出力することができます。

  8. 次のボックスを 1 つ以上オンにします。

  9. パレート図 (並べ替えられたヒストグラム) 頻度で降順に並べ替えたデータが表示されます。

  10. 累積比率    累積比率が表示され、ヒストグラムに累積比率のラインが追加されます。

  11. グラフ出力    埋め込みヒストグラムが表示されます。

  12. [OK] をクリックします。

    ヒストグラムをカスタマイズする場合、テキスト ラベルを変更することができ、ヒストグラム内の任意の場所をクリックして、グラフの右にある [グラフ要素]、[グラフ スタイル]、[グラフ フィルター] ボタンを使用できます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×