ハイパーリンクを設定する

Microsoft Office PowerPoint 2007 では、ハイパーリンクとは特定のスライドから同じプレゼンテーション内の別のスライド (目的別スライド ショーへのハイパーリンクなど)、別のプレゼンテーションのスライド、電子メール アドレス、Web ページ、またはファイルへ接続することです。

ハイパーリンクは、テキストまたはオブジェクト (図、グラフ、図形、ワードアートなど) から設定できます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

ハイパーリンクの設定先

同じプレゼンテーション内のスライド

異なるプレゼンテーション内のスライド

電子メール アドレス

Web 上のページまたはファイル

新規ファイル

同じプレゼンテーション内のスライドにハイパーリンクを設定する

  1. 標準表示モードで、ハイパーリンクとして使用するテキストまたはオブジェクトを選択します。

  2. [挿入] タブの [リンク] で [ハイパーリンク] をクリックします。

  3. [リンク先] の [このドキュメント内] をクリックします。

  4. 次のいずれかの操作を行います。

    • 現在のプレゼンテーション内の目的別スライド ショーにリンクする場合

      1. [ドキュメント内の場所] で、ハイパーリンク先として使用する目的別スライド ショーをクリックします。

      2. [表示が終わったら戻る] チェック ボックスをオンにします。

    • 現在のプレゼンテーション内のスライドにリンクする場合

      1. [ドキュメント内の場所] で、ハイパーリンク先として使用する目的別スライド ショーをクリックします。

ページの先頭へ

異なるプレゼンテーション内のスライドにハイパーリンクを設定する

  1. 標準表示モードで、ハイパーリンクとして使用するテキストまたはオブジェクトを選択します。

  2. [挿入] タブの [リンク] で [ハイパーリンク] をクリックします。

  3. [リンク先] の [ファイル、Web ページ] をクリックします。

  4. リンク先のスライドがあるプレゼンテーションを見つけます。

  5. [ブックマーク] をクリックし、リンク先のスライドのタイトルをクリックします。

ページの先頭へ

電子メール アドレスにハイパーリンクを設定する

  1. 標準表示モードで、ハイパーリンクとして使用するテキストまたはオブジェクトを選択します。

  2. [挿入] タブの [リンク] で [ハイパーリンク] をクリックします。

  3. [リンク先] の [電子メール アドレス] をクリックします。

  4. [電子メール アドレス] ボックスに、リンク先の電子メール アドレスを入力するか、[最近使用した電子メール アドレス] ボックスの一覧から選択します。

  5. [件名] ボックスに電子メール メッセージの件名を入力します。

ページの先頭へ

Web 上のページまたはファイルにハイパーリンクを設定する

  1. 標準表示モードで、ハイパーリンクとして使用するテキストまたはオブジェクトを選択します。

  2. [挿入] タブの [リンク] で [ハイパーリンク] をクリックします。

  3. [リンク先] の [ファイル、Web ページ] をクリックして、 ボタンの画像 (Web の参照) をクリックします。

  4. リンク先のページまたはファイルを見つけて選択し、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

新規ファイルにハイパーリンクを設定する

  1. 標準表示モードで、ハイパーリンクとして使用するテキストまたはオブジェクトを選択します。

  2. [挿入] タブの [リンク] で [ハイパーリンク] をクリックします。

  3. [リンク先] の [新規作成] をクリックします。

  4. [新しく作成するドキュメント名] ボックスに、リンク先として作成するファイルの名前を入力します。

    別の場所にファイルを作成する場合は、[パス] の [変更] をクリックし、ファイルの作成先を参照して [OK] をクリックします。

  5. [編集するタイミング] でファイルを今すぐに編集するか、後で編集するかをクリックして選択します。

ページの先頭へ

適用対象: PowerPoint 2007



この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

どのようにしたら改善できるでしょうか?

255 残りの文字数

お客様のプライバシーを保護するため、フィードバックには連絡先情報を含めないでください。 レビューしてください プライバシー ポリシー

ご意見をいただきありがとうございます。

サポート リソース

言語の変更