ドロップダウン リストを挿入または削除する

データの入力規則を使用して作成したドロップダウン リスト Excel におけるデータ入力を簡単にしたり、定義した特定の項目のみを入力できるように制限するために、ブックの他の場所のセルから編成された有効なエントリのドロップダウン リストを作成することができます。 セルにドロップダウン リストを作成すると、そのセルには矢印が表示されます。 そのセルにデータを入力するには、矢印をクリックし、目的のエントリをクリックします。

あるセル範囲を使ってドロップダウン リストを作成するには、[データ] タブの [データ ツール] グループで [データの入力規則] をクリックします。

  1. ドロップダウン リストに表示する有効な入力値のリストを作成するには、間に空白セルを挟まないようにして、各入力値を 1 つの列または行に入力します。 次に例を示します。

 

A

1

営業

2

財務

3

R&D

4

IT

  1. 注: ドロップダウン リストに表示する順序でデータを並べ替えておくと便利です。

  2. 別のワークシートを使用する場合は、使用するワークシートにリストを入力し、そのリストの名前を定義します。

    名前を定義する

    1. 名前を指定するセル、セル範囲、または隣接しないセル範囲を選びます。

    2. 数式バーの左端にある [名前] ボックスをクリックします。

      名前ボックス

    3. セル範囲の名前を入力します (例: 「ValidDepts」)。

    4. Enter キーを押します。

      注: 内容を変更中のセルに名前を付けることはできません。

  3. ドロップダウン リストを含めるセルを選んで、

  4. [データ] タブの [データ ツール] グループで、[データの入力規則] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

    問題: [データの入力規則] が使用できない。

    Excel のテーブルが SharePoint サイトにリンクされている可能性がある:    SharePoint サイトにリンクされている Excel のテーブルにデータの入力規則を追加することはできません。データの入力規則を追加するには、Excel のテーブルのリンクを解除するか、Excel のテーブルを範囲に変換します。

    現在、データを入力している可能性がある:    セルにデータを入力している間は、[データ] タブの [データの入力規則] は使えません。入力を終了するには、Enter キーまたは Esc キーを押します。

    ワークシートが保護または共有されている可能性がある:    ブックが保護または共有されている場合、データの入力規則の設定は変更できません。共有を停止またはブックの保護を解除する方法の詳細については、「ブックを保護する」を参照してください。

  5. [データの入力規則] ダイアログ ボックスで、[設定] タブをクリックします。

  6. [入力値の種類] ボックスで、[リスト] をクリックします。

  7. 有効なエントリのリストの場所を指定するには、次のいずれかの操作を行います。

    1. リストが現在のワークシートにある場合は、[ソース] ボックスにリストへの参照を入力します。

    2. リストが別のワークシート上にある場合は、そのリスト用に定義した名前を [元の値] ボックスに入力します。

どちらの場合も、参照または名前の前に、必ず等号 (=) を入力します。 たとえば、「=ValidDepts」のように入力します。

  1. [ドロップダウン リストから選択する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  2. 空白セルを許可するかどうかを指定するには、[空白を無視する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  3. 必要に応じて、セルをクリックすると入力メッセージが表示されるようにすることもできます。

その方法は?

  1. [入力時メッセージ] タブをクリックします。

  2. [セルの選択時にメッセージを表示する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  3. メッセージのタイトルと内容 (225 文字以内) を入力します。

  1. 無効なデータが入力された場合に、Microsoft Office Excel にどのように応答させるかを指定します。

無効なデータへの応答を指定する方法

  1. [エラー メッセージ] タブをクリックし、[無効なデータが入力されたらエラー メッセージを表示する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  2. [スタイル] ボックスで、次のいずれかのオプションをクリックします。

    • 情報メッセージを表示し、無効なデータを入力することもできるようにするには、[情報] をクリックします。

    • 警告メッセージを表示し、無効なデータを入力することもできるようにするには、[注意] をクリックします。

    • 無効なデータを入力できないようにするには、[停止] をクリックします。

  3. メッセージのタイトルと内容 (225 文字以内) を入力します。

    注: メッセージのタイトルや内容を入力しない場合、タイトルにはあらかじめ設定された "Microsoft Excel" が使われ、メッセージ内容には "入力した値は正しくありません。ユーザーの設定によって、セルに入力できる値が制限されています。" が使われます。

注記: 

  • ドロップダウン リストを削除するには、リストを含むセルを選びます。 [データ] タブをクリックし、[データ] の [データの入力規則] をクリックします。 [データの入力規則] ダイアログ ボックスで、[設定] タブをクリックし、[すべてクリア] をクリックします。 詳細については、「データの入力規則を削除する」を参照してください。

  • ドロップダウン リストの幅は、データの入力規則が設定されているセルの幅によって決まります。ドロップダウン リストの幅よりも有効なエントリの幅が広い場合、エントリの一部が非表示にならないように、セルの幅を調整しなければならない場合があります。

  • ドロップダウン リストに追加できるエントリの最大数は 32,767 です。

  • 入力規則のリストが別のワークシート上にあり、ユーザーがそれを表示したり編集したりできないようにするには、そのシートを非表示にして保護します。

この情報は役に立ちましたか?

どのようにしたら改善できるでしょうか?

どのようにしたら改善できるでしょうか?

お客様のプライバシーを保護するため、フィードバックには連絡先情報を含めないでください。 レビューしてください プライバシー ポリシー

ご意見をいただきありがとうございます。