データを散布図または折れ線グラフで表示する

散布図と折れ線グラフは、特に散布図を線でつないで表示したときに、よく似て見えます。 ただし、各グラフで横軸 (x 軸とも呼ばれます) および縦軸 (y 軸とも呼ばれます) 上にデータをプロットする方法には大きな違いがあります。

Formatted scatter chart

この書式設定された散布図では、横軸および縦軸上に数値を表示し、これらの数値を組み合わせて 1 つのデータ要素にして、不規則な間隔で表示しています。

書式設定された折れ線グラフ

この書式設定された折れ線グラフでは、項目データ (ここでは時間間隔) を横軸に沿って等間隔に配置し、すべての数値データを縦軸に沿って等間隔に配置しています。

どちらかの種類のグラフを選択するかを決める前に、散布図と折れ線グラフの違いの詳細と、特定の状況でどちらの使用が適しているかについて学習しましょう。

この記事の内容

散布図と折れ線グラフの違いについて

散布図または折れ線グラフの使用が適している場合

さまざまな種類の散布図と折れ線グラフを活用する

散布図を作成する

折れ線グラフを作成する

グラフをテンプレートとして保存する

散布図と折れ線グラフの違いについて

散布図と折れ線グラフの主な違いは、横軸上でのデータのプロット方法です。たとえば、次のワークシートのデータを使用して散布図と折れ線を作成すると、データの配置方法の違いがわかります。

日雨量ワークシート データの画像

散布図では、A 列の 1 日の降水量値は横軸 (x 軸) の x 値として表示され、B 列の粉じん値は横軸の y 値として表示されます。散布図は xy グラフとも呼ばれ、項目が横軸に表示されることはありません。

散布図の画像

散布図には 2 つの値の軸があり、横軸 (数値軸) に 1 つの数値データセットを表示し、縦軸 (数値軸) にもう一方の数値データセットを表示します。これらの値を組み合わせて 1 つのデータ要素にし、x 値および y 値の交点に点で表示します。これらのデータ要素は、データに応じて横軸に沿って等間隔または不規則な間隔で配置されます。

散布図に表示される最初のデータ要素は、y 値が 137 (粉じん) で、x 値が 1.9 (1 日の降水量) であることを示します。これらは、ワークシートのセル A9 および B9 の数値です。

折れ線グラフでは、同じ 1 日の降水量の数値と粉じんの数値が 2 つの別のデータ要素として、横軸に沿って等間隔に配置された状態で表示されています。これは、折れ線グラフの数値軸が 1 つだけ (縦軸) であるためです。折れ線グラフの横軸には、等間隔のデータの集団 (項目) のみが示されます。項目はデータに含まれていないので、1、2、3 などのように自動的に生成されます。

これは、折れ線グラフが適さない場合の代表的な例です。

折れ線グラフの画像

折れ線グラフでは、項目データを横軸 (項目軸) に沿って等間隔に配置し、すべての数値データを縦軸 (数値軸) に沿って配置します。

粉じんを表す y 値 137 (セル B9) と 1 日の降水量を表す x 値 1.9 (セル A9) が、折れ線グラフでは別のデータ要素として表示されます。どちらのデータ要素もグラフに表示される最初のデータ要素ではありません。各データ系列の最初のデータ要素は、ワークシートの最初のデータ行 (セル A2 と B2) の値を参照しています。 

軸の種類と目盛りの違い

散布図の横軸は常に数値軸なので、表示できるのは数値または数値に置き換えられる年月日と時間の値 (日付、時刻など) のみです。数値を横軸に沿ってより柔軟に表示するには、縦軸の目盛りオプションを変更するのと同じ方法で、横軸の目盛りオプションを変更します。

折れ線グラフの横軸は項目軸なので、テキスト軸または日付軸のどちらかになります。テキスト軸には、テキスト (数値以外のデータまたは値ではない数値的項目) だけが等間隔で表示されます。ワークシートの日付の順序が正しくない場合や異なる基本単位である場合でも、日付軸では、データが日数、月数、年数など、特定の間隔または基本単位で時系列に表示されます。

項目軸の目盛りオプションは、数値軸の目盛りオプションに比べ制限されます。利用可能な目盛りオプションも、軸の種類に応じて異なります。

ページの先頭へ

散布図または折れ線グラフの使用が適している場合

散布図は、科学データ、統計データ、工学データなどの数値データの表示や比較によく使用されます。これらのグラフは、複数のデータ系列の数値間の関係を示したり、xy 座標を 1 系列とする 2 つのグループの数値をプロットしたりするのに便利です。

折れ線グラフは、一定期間の連続データを共通の目盛りに対して表示できるため、等間隔または一定期間のデータの傾向を示すのに最適です。折れ線グラフでは、項目データは横軸に沿って等間隔に配置され、すべての数値データは縦軸に沿って等間隔に配置されます。一般的には、データに非数値の x 値が含まれている場合に、折れ線グラフを使用します (x 値が数値の場合は、通常散布図の使用が適しています)。 

次に該当する場合は、折れ線グラフの代わりに散布図の使用を検討してください。

  • 横軸の目盛りを変更する    散布図の横軸は数値軸なので、より多くの目盛りオプションを使用できます。

  • 横軸に対数目盛りを使用する    横軸を対数目盛りに変更できます。

  • 値の組または値の集合を含むワークシート データを表示する    散布図で軸の目盛りを個別に調整して、値の集合の詳細情報を表示できます。

  • 大きなデータ集合のパターンを表示する    散布図は、線形または非線形の傾向、集団、外れ値など、データのパターンを示すのに便利です。

  • 大量のデータ要素を時間に無関係に比較する    散布図のデータを増やすほど、比較の精度が高まります。

次に該当する場合は、散布図の代わりに折れ線グラフの使用を検討してください。

  • 横軸にテキスト ラベルを使用する    これらのテキスト ラベルは、月、四半期、会計年度などの等間隔の値を表します。

  • 横軸に少数の数値ラベルを使用する    時間間隔を示す少数の等間隔の数値ラベル (たとえば年度) を使う場合は、折れ線グラフを使用できます。

  • 横軸に時間の単位を使用する    ワークシートの日付の順序が正しくない場合や異なる基本単位である場合でも、データを日数、月数、年数など、特定の間隔または基本単位で時系列に表示する必要がある場合は、折れ線グラフを使用します。

ページの先頭へ

さまざまな種類の散布図と折れ線グラフを活用する

散布図には、次のサブタイプがあります。

  • 散布図 (マーカーのみ)    値の組を比較します。多数のデータ要素の使用により、それらをつなぐ線でデータが見えにくい場合は、線を非表示にしたデータ マーカー付きの散布図を使用します。データ要素のつながりを示す必要がない場合も、このグラフを使用します。

    散布図 (マーカーのみ) グラフ

  • 平滑線付き散布図 (マーカーなしおよびマーカー付き)    データ要素をつないだ滑らかな曲線を表示します。この平滑線は、マーカー付きでもマーカーなしでも表示できます。データ要素が多い場合はマーカーなしで使用します。

    散布図 (平滑線) と散布図 (平滑線とマーカー)

  • 直線付き散布図 (マーカーなしおよびマーカー付き)    データ要素間をつないだ直線を表示します。直線は、マーカー付きでもマーカーなしでも表示できます。

    直線付き散布図 (マーカーなしおよびマーカー付き)

折れ線グラフには、次のサブタイプがあります。

  • 折れ線およびマーカー付き折れ線    マーカーなしまたはマーカー付きで表示し、個々のデータの値を示します。時間の経過による傾向や順序付けられた項目ごとの傾向を示す場合に使用します。特に多くのデータ要素がある場合や、項目の表示される順序が重要な場合に適しています。項目が多い場合や値が近似値である場合は、マーカーなしの折れ線グラフを使用します。

    折れ線グラフとマーカー付き折れ線グラフ

  • 積み上げ折れ線およびマーカー付き積み上げ折れ線    マーカーなしまたはマーカー付きで表示し、個々のデータの値を示します。時間の経過や順序付けられた項目ごとの各値の貢献度の傾向を示す場合に使用します。ただし、積み上げ折れ線が見えにくい場合は、別の種類の折れ線グラフまたは積み上げ面グラフの使用を検討してください。

    積み上げ折れ線グラフとマーカー付き積み上げ折れ線グラフ

  • 100% 積み上げ折れ線およびマーカー付き 100% 積み上げ折れ線    マーカーなしまたはマーカー付きで表示し、個々のデータの値を示します。時間の経過や順序付けられた項目ごとに、各値の比率の貢献度の傾向を示す場合に使用します。項目が多い場合や値が近似値である場合は、マーカーなしの 100% 積み上げ折れ線グラフを使用します。

    ヒント  この種類のデータをよりわかりやすく表示するには、代わりに 100% 積み上げ面グラフの使用を検討してください。

    100% 積み上げ折れ線グラフとマーカー付き 100% 積み上げ折れ線グラフ

  • 3-D 折れ線    データの各行または列を 3-D リボンで表示します。横軸、縦軸、および奥行軸は変更できます。

    3-D 折れ線グラフ

ページの先頭へ

散布図を作成する

Formatted scatter chart

この散布図はどのようにして作成されたのでしょうか。次の手順を実行すると、同様の結果の散布図を作成できます。このグラフでは、サンプルのワークシート データを使用しています。このデータをワークシートにコピーするか、または独自のデータを使用してください。

  1. サンプルのワークシート データを空のワークシートにコピーするか、または散布図にプロットするデータが含まれているワークシートを開きます。

    サンプルのワークシート データをコピーするには

    1. 新しいブックまたはワークシートを作成します。

    2. ヘルプ トピックから使用例を選択します。

        行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

      ヘルプから使用例を選択

      ヘルプから使用例を選択する

    3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

    4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

A

B

1 日の降水量

粉じん

4.1

122

4.3

117

5.7

112

5.4

114

5.9

110

5.0

114

3.6

128

1.9

137

7.3

104

  1. 散布図にプロットするデータを選択します。

  2. [挿入] タブの [グラフ] で [散布図] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  3. [散布図 (マーカーのみ)] をクリックします。

    ヒント  任意のグラフの種類にマウス ポインタを合わせると、その名前が表示されます。

  4. グラフのグラフ領域をクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  5. [デザイン] タブの [グラフのスタイル] で、使用するグラフのスタイルをクリックします。

    Excel リボンの [グラフ スタイル]

    ヒント  この散布図では、[スタイル 26] を使用しました。

  6. グラフのタイトルをクリックし、任意のテキストを入力します。

    ヒント  この散布図では、「降水量における粉じんレベル」と入力しました。

  7. グラフ タイトルのサイズを小さくするには、タイトルを右クリックしてショートカット メニューの [フォント サイズ] をクリックし、任意のサイズを入力します。

    ヒント  この散布図では、[14] を使用しました。

  8. グラフのグラフ エリアをクリックします。

  9. [レイアウト] タブの [ラベル] で [軸ラベル] をクリックし、以下の操作を行います。

    1. 横軸のラベルを追加するには、[主横軸ラベル] をクリックして [軸ラベルを軸の下に配置] をクリックします。

    2. 縦軸のラベルを追加するには、[主縦軸ラベル] をクリックし、任意の縦軸ラベルのタイプをクリックします。

      ヒント  この散布図では、[軸ラベルを回転] を使用しました。

      Excel のリボンの画像

    3. 各タイトルをクリックして任意のテキストを入力し、Enter キーを押します。

      ヒント  この散布図では、横軸ラベルに「1 日の降水量」、縦軸ラベルに「粉じんレベル」と入力しました。

  10. グラフのプロット エリアをクリックするか、グラフ要素の一覧 ([レイアウト] タブの [現在の選択範囲] の [グラフの要素] ボックス) で [プロット エリア] を選択します。

  11. [書式] タブの [図形のスタイル] で ボタンの画像(その他) をクリックし、任意の要素をクリックします。

    ヒント  この散布図では、[パステル - アクセント 3] を使用しました。

    Excel リボンの [図形のスタイル] グループ

  12. グラフのグラフ エリアをクリックします。

  13. [書式] タブの [図形のスタイル] で ボタンの画像([その他]) をクリックし、任意の要素をクリックします。

    ヒント  この散布図では、[パステル - アクセント 1] を使用しました。

  14. ブックに適用される既定のテーマとは異なるテーマの色を使用するには、以下の操作を行います。

    1. [ページ レイアウト] タブの [テーマ] で [テーマ] をクリックします。

      Excel のリボンの画像

    2. [組み込み] で、使用するテーマをクリックします。

      ヒント  この折れ線グラフでは、[Office] テーマを使用しました。

ページの先頭へ

折れ線グラフを作成する

書式設定された折れ線グラフ

このバブル チャートはどのようにして作成されたのでしょうか。次の手順を実行すると、同様の結果の折れ線グラフを作成できます。このグラフでは、サンプルのワークシート データを使用しています。このデータをワークシートにコピーするか、または独自のデータを使用してください。

  1. サンプルのワークシート データを空のワークシートにコピーするか、または折れ線グラフにプロットするデータが含まれているワークシートを開きます。

    サンプルのワークシート データをコピーするには

    1. 新しいブックまたはワークシートを作成します。

    2. ヘルプ トピックから使用例を選択します。

        行見出しまたは列見出しは選択しないでください。

      ヘルプから使用例を選択

      ヘルプから使用例を選択する

    3. Ctrl キーを押しながら C キーを押します。

    4. ワークシートのセル A1 を選択し、Ctrl キーを押しながら V キーを押します。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

A

B

C

日付

1 日の降水量

粉じん

07/1/1

4.1

122

07/1/2

4.3

117

07/1/3

5.7

112

07/1/4

5.4

114

07/1/5

5.9

110

07/1/6

5.0

114

07/1/7

3.6

128

07/1/8

1.9

137

07/1/9

7.3

104

  1. 折れ線グラフにプロットするデータを選択します。

  2. [挿入] タブの [グラフ] で [折れ線] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  3. [マーカー付き折れ線] をクリックします。

  4. グラフのグラフ領域をクリックします。

    [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

  5. [デザイン] タブの [グラフのスタイル] で、使用するグラフのスタイルをクリックします。

    Excel リボンの [グラフ スタイル]

    ヒント  この折れ線グラフでは、[スタイル 2] を使用しました。

  6. [レイアウト] タブの [ラベル] で [グラフ タイトル] をクリックし、次に [グラフの上] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  7. グラフのタイトルをクリックし、任意のテキストを入力します。

    ヒント  この折れ線グラフでは、「降水量における粉じんレベル」と入力しました。

  8. グラフ タイトルのサイズを小さくするには、タイトルを右クリックしてショートカット メニューの [サイズ] をクリックし、任意のサイズを入力します。

    ヒント  この折れ線グラフでは、[14] を使用しました。

  9. グラフで凡例をクリックするか、またはグラフ要素の一覧 ([レイアウト] タブの [現在の選択範囲] の [グラフの要素] ボックス) から選択します。

  10. [レイアウト] タブの [ラベル] で [凡例] をクリックし、次に任意の位置をクリックします。

    ヒント  この折れ線グラフでは、[凡例を上に配置] を使用しました。

  11. データ系列の 1 つを第 2 縦軸に沿ってプロットするには、降水量のデータ系列をクリックするか、またはグラフ要素の一覧 ([レイアウト] タブの [現在の選択範囲] の [グラフの要素] ボックス) から選択します。

  12. [レイアウト] タブの [現在の選択範囲] で [選択対象の書式設定] をクリックします。

    Excel リボンの [現在の選択範囲] グループ

  13. [系列のオプション] で [第 2 軸 (上/右側)] を選択し、[閉じる] をクリックします。

  14. [レイアウト] タブの [ラベル] で [軸ラベル] をクリックし、以下の操作を行います。

    1. 主縦軸のラベルを追加するには、[主縦軸ラベル] をクリックし、任意の縦軸ラベルのタイプをクリックします。

      ヒント  この折れ線グラフでは、[軸ラベルを回転] を使用しました。

    2. 第 2 縦軸のラベルを追加するには、[第 2 縦軸ラベル] をクリックし、任意の縦軸ラベルのタイプをクリックします。

      ヒント  この折れ線グラフでは、[軸ラベルを回転] を使用しました。

    3. 各タイトルをクリックして任意のテキストを入力し、Enter キーを押します。

      ヒント  この折れ線グラフでは、主縦軸ラベルに「粉じんレベル」、第 2 縦軸ラベルに「1 日の降水量」と入力しました。

  15. グラフのプロット エリアをクリックするか、グラフ要素の一覧 ([レイアウト] タブの [現在の選択範囲] の [グラフの要素] ボックス) でプロット エリアを選択します。

  16. [書式] タブの [図形のスタイル] で ボタンの画像(その他) をクリックし、任意の要素をクリックします。

    ヒント  この折れ線グラフでは、[パステル - 濃色 1] を使用しました。

    Excel リボンの [図形のスタイル] グループ

  17. グラフのグラフ エリアをクリックします。

  18. [書式] タブの [図形のスタイル] で ボタンの画像(その他) をクリックし、任意の要素をクリックします。

    ヒント  この折れ線グラフでは、[パステル - アクセント 3] を使用しました。

  19. ブックに適用される既定のテーマとは異なるテーマの色を使用するには、以下の操作を行います。

    1. [ページ レイアウト] タブの [テーマ] で [テーマ] をクリックします。

      Excel のリボンの画像

    2. [組み込み] で、使用するテーマをクリックします。

      ヒント  この折れ線グラフでは、[Office] テーマを使用しました。

ページの先頭へ

グラフをテンプレートとして保存する

今作成したグラフと似た別のグラフを作成する場合、作成したグラフを他の同様のグラフの基礎に使用できるテンプレートとして保存できます。

  1. テンプレートとして保存するグラフをクリックします。

  2. [デザイン] タブの [種類] で [テンプレートとして保存] をクリックします。

    Excel のリボンの画像

  3. [ファイル名] ボックスに、テンプレートの名前を入力します。

    ヒント  別のフォルダーを指定しない場合、テンプレート ファイル (.crtx) は [グラフ] フォルダーに保存され、[グラフの挿入] ダイアログ ボックス ([挿入] タブの [グラフ] で ボタンの画像(ダイアログ ボックス起動ツール) をクリックする) および [グラフの種類の変更] ダイアログ ボックス ([デザイン] タブの [種類] で [グラフの種類の変更] をクリックする) の両方の [テンプレート] で、そのテンプレートを使用できるようになります。

    グラフ テンプレートを適用する方法の詳細については、「グラフ テンプレートを使用してお気に入りのグラフを再利用する」を参照してください。

  グラフ テンプレートには、グラフの書式と共に、グラフをテンプレートとして保存するときに使用していた色も格納されます。グラフ テンプレートを使用して別のブックでグラフを作成すると、新しいグラフでは、ブックに現在適用されているドキュメントのテーマの色ではなく、グラフ テンプレートの色が使用されます。グラフ テンプレートのテーマの色ではなく、ドキュメントのテーマの色を使用するには、グラフ領域を右クリックし、ショートカット メニューの [リセットしてスタイルに合わせる] をクリックします。

ページの先頭へ

適用対象: Excel 2007, Outlook 2007



この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

どのようにしたら改善できるでしょうか?

255 残りの文字数

お客様のプライバシーを保護するため、フィードバックには連絡先情報を含めないでください。 レビューしてください プライバシー ポリシー

ご意見をいただきありがとうございます。

サポート リソース

言語の変更