セル範囲を指定してドロップダウン リストを作成する

データ入力を容易にしたり、入力する値を定義した一定の項目に制限したりするには、ブック内の別の場所にあるセル範囲から成る有効な入力値のドロップダウン リストを作成します。セルにドロップダウン リストを作成すると、そのセルには矢印が表示されます。そのセルにデータを入力するには、矢印をクリックし、ドロップダウン リストの任意の項目をクリックします。

あるセル範囲を使ってドロップダウン リストを作成するには、[データ] タブの [データ ツール] で [データの入力規則] をクリックします。

  1. ドロップダウン リストに表示する有効な入力値のリストを作成するには、間に空白セルを挟まないようにして、各入力値を 1 つの列または行に入力します。

 

A

1

営業

2

財務

3

研究開発

4

MIS

  1.   ドロップダウン リストに表示する順序でデータを並べ替えておくと便利です。

  2. 別のワークシートを使用する場合は、使用するワークシートにリストを入力し、そのリストの名前を定義します。

    名前を定義する

    • 名前を指定するセル、セル範囲、または連続していない選択範囲を選択します。

    • 数式バーの左横にある [名前] ボックスをクリックします。

      名前ボックス

    • セル範囲の名前を入力します (例: 「ValidDepts」)。

    • Enter キーを押します。

        内容を変更中のセルに名前を付けることはできません。

  3. ドロップダウン リストを表示するセルを選択します。

  4. [データ] タブの [データ ツール] で [データの入力規則] をクリックします。

    Excel Ribbon Image

    [データの入力規則] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. [設定] タブをクリックします。

  6. [入力値の種類] ボックスの [リスト] をクリックします。

  7. 有効な入力値のリストの場所を指定するには、次のいずれかの操作を行います。

    • リストが現在のワークシート上にある場合は、[元の値] ボックスにこのリストへの参照を入力します。

    • リストが別のワークシート上にある場合は、そのリスト用に定義した名前を [元の値] ボックスに入力します。

      どちらの場合も、参照または名前の前に、必ず等号 (=) を入力します。たとえば、「=ValidDepts」のように入力します。

  8. [ドロップダウン リストから選択する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  9. 空白セルを許可するかどうかを指定するには、[空白を無視する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  10. 必要に応じて、セルをクリックすると入力メッセージが表示されるようにすることもできます。

    入力時メッセージを表示する

    1. [入力時メッセージ] タブをクリックします。

    2. [セルの選択時にメッセージを表示する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

    3. メッセージのタイトルと内容 (225 文字以内) を入力します。

  11. 無効なデータが入力されたときに表示されるエラー メッセージを指定します。

    無効なデータに対するエラー メッセージを指定する

    1. [エラー メッセージ] タブをクリックし、[無効なデータが入力されたらエラー メッセージを表示する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

    2. [スタイル] ボックスで、次のオプションのいずれかをクリックします。

      • 情報メッセージを表示して無効なデータを入力することもできるようにする場合は、[情報] をクリックします。

      • 注意メッセージを表示して無効なデータを入力することもできるようにする場合は、[注意] をクリックします。

      • 無効なデータが入力されないようにするには、[停止] をクリックします。

    3. メッセージのタイトルと内容 (225 文字以内) を入力します。

        メッセージのタイトルや内容を入力しない場合、タイトルには既定の "Microsoft Excel" が使用され、メッセージ内容には "入力した値は正しくありません。ユーザーの設定によって、セルに入力できる値が制限されています。" が使用されます。

    注記  

    • データの入力規則のドロップダウン リストの幅は、このリストのデータを保持しているセルの幅によって決まります。ドロップダウン リストの幅よりも有効な入力値のサイズが大きい場合、入力値の一部が非表示にならないように、セルの幅を調整する必要がある可能性があります。

    • ドロップダウン リストに表示できる項目数は、32,767 個以下です。

    • ドロップダウン リストに表示されるデータのリストが別のワークシートにあり、このワークシートをユーザーが表示または変更しないようにする場合は、ワークシートを非表示にして保護することを検討してください。

適用対象: Excel 2007



この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

どのようにしたら改善できるでしょうか?

255 残りの文字数

お客様のプライバシーを保護するため、フィードバックには連絡先情報を含めないでください。 レビューしてください プライバシー ポリシー

ご意見をいただきありがとうございます。

サポート リソース

言語の変更