グラフの誤差範囲を追加、変更、または削除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ系列のデータ系列またはデータ マーカーに対して見込まれる相対的な誤差の量は、誤差範囲によってグラフィカルに表現されます。たとえば、科学実験の結果として考えられる ±5% の誤差範囲を表示することができます。

誤差範囲が表示されたグラフ

誤差範囲は、2-D の面グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、折れ線グラフ、散布図、およびバブル チャートのデータ系列に追加できます。散布図およびバブル チャートの場合は、x 値、y 値、またはその両方に誤差範囲を表示できます。

グラフに誤差範囲を追加した後で、誤差範囲の表示や量に関するオプションを必要に応じて変更することができます。誤差範囲を削除することもできます。

目的に合ったトピックをクリックしてください

誤差範囲を計算するための方程式を確認する

誤差範囲を追加する

誤差範囲の表示を変更する

誤差範囲のオプションを変更する

誤差範囲を削除する

誤差範囲の計算に使用される方程式を確認する

Excel では、誤差範囲の表示に、標準誤差、パーセンテージ (5%)、標準偏差のいずれかを使用できます。

"標準誤差" と "標準偏差" では、グラフに表示される誤差範囲が次の方程式で計算されます。

オプション

方程式

[場所]

標準誤差

数式

s = 系列番号

i = 系列 s の要素番号

m = グラフのデータ要素 y に対応する系列数

n = 各系列に含まれる要素数

yis = 系列 s の値と i 番目の要素

ny = 全系列のデータ値の合計数

STDEV

数式

s = 系列番号

i = 系列 s の要素番号

m = グラフのデータ要素 y に対応する系列数

n = 各系列に含まれる要素数

yis = 系列 s と i 番目の要素のデータ値

ny = 全系列のデータ値の合計数

M = 相加平均

ページの先頭へ

誤差範囲を追加する

  1. 2-D の面グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、折れ線グラフ、XY 散布図、またはバブル チャートで、次のいずれかの操作を行います。

    • グラフのすべてのデータ系列に誤差範囲を追加するには、グラフ エリアをクリックします。

    • 特定のデータ要素またはデータ系列に誤差範囲を追加するには、目的のデータ要素またはデータ系列をクリックするか、次の操作を行ってグラフの要素の一覧から選択します。

    • グラフ上の任意の場所をクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    • [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで、[グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックし、目的のグラフの要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. [レイアウト] タブの [分析] で [誤差範囲] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    1. あらかじめ定義されているオプションから [誤差範囲 (標準誤差)]、[誤差範囲 (パーセンテージ)]、[誤差範囲 (標準偏差)] のいずれかを選んでクリックします。

    2. [その他の誤差範囲オプション] をクリックし、[縦軸誤差範囲] または [横軸誤差範囲] から、誤差範囲の表示や量に関するオプションをクリックします。

      注: 誤差範囲の方向は、グラフの種類によって異なります。散布図の場合、既定では、縦軸と横軸の両方の誤差範囲が表示されます。いずれかの誤差範囲を削除するには、対象の誤差範囲の表示を選択し、Del キーを押します。

ページの先頭へ

誤差範囲の表示を変更する

  1. 2-D 面グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、折れ線グラフ、散布図、またはバブル チャートで、誤差範囲、データ要素、または変更する誤差範囲があるデータ系列をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素の一覧から選択します。

    1. グラフ上の任意の場所をクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで、[グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックし、目的のグラフの要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. [レイアウト] タブの [分析] で [誤差範囲] をクリックし、[その他の誤差範囲オプション] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. [表示] で、誤差範囲の方向と使用する終点のスタイルをクリックします。

ページの先頭へ

誤差範囲のオプションを変更する

  1. 2-D 面グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、折れ線グラフ、散布図、またはバブル チャートで、誤差範囲、データ要素、または変更する誤差範囲があるデータ系列をクリックするか、次の操作を行ってグラフ要素の一覧から選択します。

    1. グラフ上の任意の場所をクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで、[グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックし、目的のグラフの要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. [レイアウト] タブの [分析] で [誤差範囲] をクリックし、[その他の誤差範囲オプション] をクリックします。

    Excel のリボンのイメージ

  3. [誤差範囲] で、次の操作のいずれか、または複数の操作を行います。

    1. 別の方法で誤差範囲を求めるには、使用する方法をクリックし、誤差範囲を指定します。

    2. ユーザー設定の値を使用して誤差範囲を求めるには、[ユーザー設定] をクリックして、次の操作を行います。

      1. [値の指定] をクリックします。

      2. [正の誤差の値] ボックスおよび [負の誤差の値] ボックスで、誤差範囲の値として使用するワークシート範囲を指定するか、使用する値をコンマで区切って入力します。たとえば、「0.4, 0.3, 0.8」と入力します。

        ヒント: ワークシート範囲を指定するには、 [折りたたみ] ([ダイアログ縮小] ボタン) をクリックし、ワークシートから使用するデータを選択します。再度 [ダイアログ縮小] ボタンをクリックすると、ダイアログ ボックスに戻ります。

    3. 注: Microsoft Office Word 2007またはMicrosoft Office PowerPoint 2007では、[ユーザー設定の誤差範囲] ダイアログ ボックスは、[ダイアログ縮小] ボタンを表示しない可能性があり、使用するエラー金額の値を入力できるだけします。

ページの先頭へ

誤差範囲を削除する

  1. 2-D の面グラフ、横棒グラフ、縦棒グラフ、折れ線グラフ、XY 散布図、またはバブル チャートで、誤差範囲、データ要素、または削除する誤差範囲があるデータ系列をクリックするか、次の操作を行ってグラフの要素の一覧から選択します。

    1. グラフ上の任意の場所をクリックします。

      [グラフ ツール] が表示され、[デザイン]、[レイアウト]、[書式] の各タブが表示されます。

    2. [書式] タブの [現在の選択範囲] グループで、[グラフの要素] ボックスの横の矢印をクリックし、目的のグラフの要素をクリックします。

      Excel のリボンの画像

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    1. [レイアウト] タブの [分析] で [誤差範囲] をクリックし、[なし] をクリックします。

      Excel のリボンのイメージ

    2. Del キーを押します。

ヒント: グラフに誤差範囲を追加した直後にそれを削除する場合は、[クイック アクセス ツール バー][元に戻す] をクリックするか、Ctrl キーを押しながら Z キーを押します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×