アニメーションのタイミングまたは効果のオプションを設定する

Microsoft PowerPoint 2010 では、アニメーションを開始するタイミングと順序、アニメーションを繰り返すかどうかなど、アニメーション効果のタイミングをカスタマイズできます。

目的に合ったトピックを参照してください

アニメーション効果の開始タイミングを設定する

アニメーション効果の開始を遅らせる

アニメーション効果を繰り返すまたは巻き戻す

アニメーション効果の順序を変更する

アニメーション効果の開始タイミングを設定する

  1. スライドで、開始タイミングを設定するアニメーション効果が含まれているテキストまたはオブジェクトをクリックします。

  2. [アニメーション] タブの [タイミング] で、次のいずれかの操作を行います。

    The Timing group on the Animations tab in the PowerPoint 2010 ribbon.

    • スライドをクリックしたときにアニメーション効果を開始するには、[クリック時] をクリックします。

    • 一覧の前の効果と同時にアニメーション効果を開始する (つまり、1 回のクリックで複数のアニメーション効果を実行する) には、[直前の動作と同時] をクリックします。

    • 一覧の前の効果が終了した直後にアニメーション効果を開始する (つまり、再度クリックせずに次のアニメーション効果を開始する) には、[直前の動作の後] をクリックします。

アニメーション効果の開始を遅らせる

  1. スライドで、遅延またはその他のタイミング オプションを設定するアニメーション効果が含まれているテキストまたはオブジェクトをクリックします。

  2. [アニメーション] タブの [タイミング] で、次のうち必要な操作を行います。

    • 1 つのアニメーション効果が終了してから、新しいアニメーション効果が開始されるまでに遅延が生じるようにするには、[遅延] ボックスに数字を入力します。

    • アニメーション効果の長さを指定するには、[継続時間] ボックスに数値を入力します。

ページの先頭へ

アニメーション効果を繰り返すまたは巻き戻す

1 つのアニメーション効果または一連の効果を繰り返したり、元の位置に戻すには、[アニメーション] タブの [アニメーション] で、 ボタンの画像 ([効果のその他のオプションを表示] 起動ツール) をクリックし、[タイミング] タブをクリックして、次のうち必要な操作を行います。

  • アニメーション効果を繰り返すには、[繰り返し] ボックスの一覧でオプションを選択します。

  • 再生後、アニメーション効果を元の表示と場所に自動的に戻すには、[再生が終了したら巻き戻す] チェック ボックスをオンにします。たとえば、スライド アウト終了効果の再生後、アイテムがスライドの元の場所に再表示されます。

ページの先頭へ

アニメーション効果の順序を変更する

スライド上のアニメーション オブジェクトには、そのオブジェクトのアニメーションが再生される順序を示す番号が表示されます。アニメーション効果が複数ある場合は、次のどちらかの方法によって、各アニメーションが再生される順序を変更できます。

  • スライドでアニメーションをクリックし、[アニメーション] タブの [タイミング] の [アニメーションの順序変更] で [順番を早くする] または [順番を遅くする] をクリックします。

  • [アニメーション] タブの [アニメーションの詳細設定] で [アニメーション ウィンドウ] をクリックします。順序を変更するには、一覧内でオブジェクトを上または下にドラッグするか、移動するアイテムをクリックして [アニメーション ウィンドウ] の [順序の変更] 矢印を使用します。または、[アニメーション ウィンドウ] でオブジェクトをクリックし、[タイミング] の [アニメーションの順序変更] で [順番を早くする] または [順番を遅くする] をクリックします。

ページの先頭へ

適用対象: PowerPoint 2010



この情報は役に立ちましたか?

はい いいえ

どのようにしたら改善できるでしょうか?

255 残りの文字数

お客様のプライバシーを保護するため、フィードバックには連絡先情報を含めないでください。 レビューしてください プライバシー ポリシー

ご意見をいただきありがとうございます。

サポート リソース

言語の変更