高度な IF 関数

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

このコースでは、Excel の IF 関数の複雑な例とさまざまな使い方、たとえば入れ子の IF 関数、IF 関数と AND/OR、COUNTIFS と SUMIFS、AVERAGEIFS と IFERROR について学びます。

このコースの内容:

高度な IF 関数 (3:23)
高度な IF 関数について学習する前に、簡単に IF 関数についておさらいします。このビデオにはいくつかの例が紹介されています。

入れ子になった IF 関数 (3:31)
入れ子になった IF 関数では、IF 関数の内側にさらに IF 関数が使われます。複数の条件を指定することで、予測される結果の件数を増やします。

IF 関数に AND と OR を使う (3:35)
AND 関数と OR 関数を入れ子にすることで、IF 関数の機能がどのように拡張されるかを説明します。

COUNTIFS と SUMIFS (5:31)
COUNTIFS は、複数の範囲のセルに条件を適用して、すべての条件が満たされた回数をカウントします。SUMIFS は、複数の条件に一致する範囲内でセルを追加します。

AVERAGEIFS と IFERROR (4:51)
AVERAGEIFS は複数の条件に一致するすべてのセルの平均値を返します。IFERROR は AVERAGEIFS がエラーを評価する場合に指定される値を返します。

コースのまとめ
このコースの重要なポイントを簡単におさらいします。

Microsoft Office トレーニングでは他にも各種のコースを用意しています。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×