高度な数式と参照

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

手順を追ってサンプルの数式を作成し、参照と関数を追加します。

さらに詳しく

Excel 2013 の新機能

Excel 2013 の基本的な作業

基本的な数式の作成方法を説明して、

重要な概念をいくつか示しましょう。

まず、作業を進めるために、

このプラス記号をクリックして、新しいワークシートを追加しましょう。

次に、ワークシートのタブをダブルクリックして、名前を入力します。

データを追加できるようになりました。

作成する数式は、この列に格納します。

この 2 つの列の値と、

パーセント値を使います。

データをテーブルとして書式設定できますが、

この例ではこのままにしておきます。

最初に必要になるのは、パーセント値を保持するセルです。

データの外側にあるセルを選んで、「0.1」を入力します。

次に、この [数値] グループに移動して、

パーセント ボタンをクリックし、セルをパーセントの書式に設定します。

この処理を終えると、

数式を使って別のコスト余力値を計算する場合に、

この数値を変更できるようになります。

これで、数式を入力できるようになりました。

この数式では、材料費と人件費のセルを加算し、

余力率セルの値を掛けます

(アスタリスクは乗算に使います)。

Enter キーを押すと、結果が表示されます。

明らかに、この値は最初の 2 つの列の 10 パーセントではありません。

原因は、計算の順序を考慮しなかったことです。

Excel では、数式の各部をこのような方法で計算します。

詳細をすべて覚える必要はありません。

乗算と除算は加算と減算よりも

先に計算されることに注意してください。

この数式では、最初にセルを加算してから、乗算する必要がありました。

加算を先に行うように指示するには、かっこを挿入します。

これで、乗算よりも加算が優先され

最初の 2 つの列の加算後に乗算されるようになります。

オートフィルを使って他のセルに数式を追加できるようになりましたが、

別の問題も発生しました。

最初のセルの数式は、D20 から余力率を取得していますが、

次のセルの数式は D21 を参照しています。

D21 は空であるため、

ゼロが乗算され、値としてゼロが戻されています。

このセル参照が D21 に変更されたのはなぜでしょうか。

オートフィルを使うか、数式をコピーすると、

既定では相対参照が使われます。

その仕組みを見てみましょう。

最初のセルの数式は、行 6 のこれらのセルと D20 を参照します。

オートフィルを使うと、

場所に基づいてセル参照が行 7 と D21 に変更されます。

通常は、これで問題ありません。

ところが、この場合は、

この特定のセルの値を常に使うよう数式を設定しなければなりません。

そのためには、

セル参照を絶対参照に変更する必要があります。

数式内の D20 をクリックして、

D と 20 の前にドル記号を入力します。

ドル記号は、

数式が 20 番目の行の列 D のセルを常に参照する必要があることを Excel に伝えます。

Enter キーを押します。

セルにオートフィルを適用すると、すべての数式が D20 を参照します。

パーセント値を変更して、さまざまな余力率を計算できるようになりました。

最後に、見積りコストの列を追加し、そこで関数を使います。

G6 を選んだ状態で、[オート SUM] をクリックします。

左側の 3 つの列を合計するよう自動的に判断されます。

Enter キーを押します。

別のセルにオートフィルを適用します。

このコースでは、初めて Excel ワークシートを作成する場合の基本について学びました。

この後は、

Excel 2013 をご自身でお試しください。

グラフの作成や、これらのボタンを使って書式を追加する操作などを、すばやく実行できます。

Excel の機能、ツール、関数、数式について詳細に調べるには、

コースの概要に記載されたリンクを参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×