音声通話の発信と着信

このセクションでは、Microsoft Office Communicator 2007 を使用して音声通話を開始したり、受け入れたりする方法について説明します。

使用できる機能通話を開始する

ワンクリック音声通話を開始する

連絡先の別の電話番号を呼び出す

新しい番号を入力して呼び出す

電話会議を開始する

通話に件名または高重要度フラグを追加する

通話を受け入れる

別の電話番号またはボイス メールにリダイレクトする

インスタント メッセージで応答する

着信時に状態を [応答不可] に設定する

通話を辞退する

ワンクリック音声通話を開始する

連絡先リストの各連絡先には既定の電話番号があり、連絡先の右にある [通話] ボタンをクリックすることでその番号に電話をかけることができます。連絡先の既定の電話番号は、次のいずれかの方法で決定されます。

  • その連絡先に電話をかけたことがある場合は、最後に使用した番号が既定の電話番号となります。

  • その連絡先に電話をかけたことがない場合は、組織のテレフォニー構成によって既定の電話番号が決定されます。通常は、連絡先の勤務先電話番号か Communicator (VoIP) 通話が既定の電話番号となります。

ワンクリック音声通話を開始するには

  • 連絡先リストで、呼び出す連絡先の右にある [通話] ボタンをクリックします。ダイヤルする前にワンクリック番号を確認するには、[通話] ボタンをポイントし、ヒントが表示されるまで待ちます。

ページの先頭へ

連絡先の別の電話番号を呼び出す

Communicator ユーザーは別の電話番号を公開でき、「チーム」または「個人用」アクセス レベルの権限が付与されたユーザーには、この番号が表示されます。

別の電話番号またはデバイスを呼び出すには

  1. 連絡先リストで、呼び出す連絡先の右にある [通話] ボタンの矢印をクリックします。

  2. 目的の名前または番号をクリックするか、新しい番号を入力します。

ページの先頭へ

新しい番号を入力して呼び出す

ワンクリック通話や [通話] ボタンの矢印を使用する以外に、[検索] ボックスに呼び出す番号を入力することもできます。

新しい番号を呼び出すには

  1. Office Communicator のメイン ウィンドウで、[検索] ボックスに呼び出す電話番号を入力します。新しい番号を入力する場合の形式に関するガイドラインについては、「電話番号を編集する」を参照してください。

  2. [検索結果] ウィンドウで、入力した電話番号の右にある [通話] ボタンをクリックします。

ページの先頭へ

電話会議を開始する

Communicator を使用して、電話会議サービス プロバイダを介さずに電話会議を開始できます。

  1. 連絡先リストで Ctrl キーを押したまま、音声通話に招待する複数の連絡先を選択します。

  2. 招待する連絡先をすべて選択し終わったら、連絡先を右クリックして [電話会議の開始] をクリックし、電話会議を開始する番号を選択します。番号またはデバイスを選択して会議を開始すると、通話が開始され、参加者が招待されます。この時点で [会話] ウィンドウが開き、自分が会議の主催者として表示され、電話会議の各参加者の状態が表示されます。

ページの先頭へ

通話に件名または高重要度フラグを追加する

通話の前に件名または重要度フラグを追加するには

  1. 連絡先リストで、呼び出す連絡先の右にある [通話] ボタンの矢印をクリックします。

  2. [会話の件名] ボックスに件名を入力します。

  3. 通話を重要としてマークするには、会話の件名の右にある [重要度 - 高] ボタンをクリックします。

通話中に件名または重要度フラグを追加するには

  • [会話] ウィンドウで、[ファイルの送信] ボタンの右にある [他のオプションを表示します] 矢印をクリックし、必要に応じて [会話の件名の変更] または [重要度 - 高] をクリックします。

注: 会話の件名と高重要度フラグは、Office Communicator 2007 を実行している連絡先にのみ表示されます。

ページの先頭へ

通話を受け入れる

  • 着信した通話を受け入れるには、画面の右下隅に表示される着信通知で連絡先の名前をクリックします。

ページの先頭へ

別の電話番号またはボイス メールにリダイレクトする

  • 通話をリダイレクトするには、着信通知の [リダイレクト] 矢印をクリックし、別の電話番号または [ボイス メール] を選択します。

ページの先頭へ

インスタント メッセージで応答する

音声通話を発信した人と話したくても、通話を受けるには都合が悪い場合があります。たとえば、臨時会議に出席していたり、職場の人と重要な話をしていたりする場合です。このような場合は、インスタント メッセージで通話に応答して、こちらからかけ直すか、後の時間なら電話に出られることを伝えられます。

  • 音声通話にインスタント メッセージで応答するには、[リダイレクト] 矢印をクリックして [インスタント メッセージの送信] をクリックし、メッセージを入力して [送信] ボタンをクリックするか、Enter キーを押します。

ページの先頭へ

着信時に状態を [応答不可] に設定する

自分の状態が連絡可能になっていても、臨時会議に出席していたり、同僚と重要な話をしていたりする場合があります。割り込まれたくないこのような場合は、通話通知を受信したときに、状態を [応答不可] に設定できます。

  • 通話通知で、[応答不可] ボタンをクリックし、[状態を「応答不可」に設定] をクリックします。この新しいプレゼンス状態は、次の正時まで有効です。

ページの先頭へ

通話を辞退する

  • 音声通話を辞退するには、通話通知で [閉じる] ボタンをクリックします。ボイス メールが使用可能な場合は、通話がボイス メールにリダイレクトされます。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×