音声認識を使用してテキストをディクテーションする

音声認識を使用してテキストをディクテーションする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

音声認識では、音声を使用してコンピューターを制御し、テキストを挿入します。

これはサブスクライバーのみの機能です Word、Outlook、PowerPoint で音声認識を行う場合は、ディクテーションを含むOffice 365 サブスクリプションを購入します。office 365 サブスクライバーを既に使用している場合は、最新バージョンの officeを使用していることを確認します。

office 365 サブスクライバーの場合は、「office で音声をディクテーションする」を参照してください。Office 365 サブスクライバーではないユーザーは、Windows 音声認識を使うことができます。

windows 音声認識を設定するには、windows のバージョンの手順に進んでください。

Windows 10

Windows 8 と 8.1

Windows 7

注: 

  • テキスト読み上げを探していますか?「音声読み上げ機能を使用してテキストを読み上げる」を参照してください。 Excel には、プログラムに組み込まれているテキスト読み上げ機能があります。excel でテキスト読み上げコマンドを使用する方法については、「 excel でテキストを音声に変換する」を参照してください。

Mac で、Office アプリケーション内で、[編集]、[ディクテーションを開始] の順に選びます。(またはfnキーを2回タップ)

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×