音声やビデオ会議をレコーディングする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

組織内の単一ユーザーまたはすべてのユーザーに対して既定のレコーディング設定を選ぶ

  1. Office 365 管理センター、[サービス設定]、[Skype for Business 管理センターで設定を管理する] の順に移動します。

  2. [ユーザー] ページの一覧からユーザー (複数可) を選んで、[編集] をクリックします。

  3. [オプション] ページで [会話および会議のレコーディング] をクリックして、[保存] をクリックします。

レコーディング機能がオンになると、会議の開催者や発表者は Skype for Business Online 会議または電話会議をレコーディングすることができます。レコーディング機能のオンまたはオフの切り替えは、組織内のすべてのユーザーに適用されます。

レコーディングに含まれる

レコーディングに含まれない

音声および HD ビデオ

PowerPoint およびホワイトボードによるプレゼンテーション

デスクトップまたはプログラム共有セッション

OneNote の共有ページ

PowserPoint 注釈

共有ファイル (添付ファイル)

詳細については、「Skype for Business (Lync) での録音、保存、公開」、「Skype for Business (Lync) レコーディング マネージャー」を参照してください

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×