音声のプロパティ : [場所のプロファイル]

[場所のプロファイル] タブを使用して、組織内の各場所にエンタープライズ VoIP を実装するための場所のプロファイルを追加または変更します。

[場所のプロファイル]

この表には、組織内に存在するすべての場所のプロファイルが一覧表示されます。

[追加]

場所のプロファイルを追加するには [追加] をクリックします。

[編集]

場所のプロファイルを変更するには、該当する場所のプロファイルをクリックし、[編集] をクリックします。

[削除]

場所のプロファイルを削除するには、該当する場所のプロファイルをクリックし、[削除] をクリックします。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

場所のプロファイルにより、特定の場所からダイヤルされた電話番号、またはユーザー別の場所のプロファイルを使用して各ユーザーによってダイヤルされた電話番号に適用される、一連の電話番号正規化ルールが指定されます。同一の電話番号であっても異なる場所からダイヤルされる場合は、それぞれの場所のプロファイルに基づいて、各場所に応じた別々の E.164 番号に変換できます。通常は、組織が事業活動を行う場所ごとに個別の場所のプロファイルを作成します。

注: Exchange Server 2007 ユニファイド メッセージング (UM) をエンタープライズ VoIP と連動するように構成する場合は、場所のプロファイルを作成する前にその構成を行うことをお勧めします。各 Exchange UM ダイヤル プランには対応する場所のプロファイルが必要です。複数の Exchange フォレストで同じダイヤル プラン名を使用する場合は、UM ダイヤル プランの完全修飾ドメイン名 (FQDN) に応じた場所のプロファイルを各フォレストに対して作成する必要があります。場所のプロファイルを作成した後、Communications Server を Exchange UM と連動するように構成し、さらにその他のコンポーネントを展開および構成する必要があります。

注: エンタープライズ プール用に場所のプロファイルを作成した後、そのプロファイルをプール内の Office Communications Server フロントエンド サーバーまたは仲介サーバー (または高度なメディア ゲートウェイ) に割り当てる必要があります。必要であれば、個々のユーザーにも割り当てます。既定として指定した場所のプロファイルは、仲介サーバーまたは個々のユーザーにのみ割り当てることができ、フロントエンド サーバーには割り当てられません。フロントエンド サーバーでは、場所のプロファイルを使用して、公衆交換電話網 (PSTN) または PBX 宛ての通話のルーティング先であるメディア ゲートウェイが決定されます。仲介サーバーは、ゲートウェイから E.164 番号を受信すると、場所のプロファイルを使用してローカル ダイヤル用にその E.164 番号を変換する方法を決定し、その番号を逆引き検索の目的で次ホップ サーバーにルーティングします。電話番号を国内形式から E.164 形式に変換してから仲介サーバーに送信するように、PSTN ゲートウェイを構成する必要があります。

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「展開」または「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×