音声のプロパティ : [ポリシー]

[ポリシー] タブでは、1 つ以上のエンタープライズ VoIP ポリシーを定義します。単一のポリシーをグローバルに適用するか、ポリシーをユーザーごとに適用するかについても設定できます。

[グローバル ポリシー]

エンタープライズ VoIP ポリシーの適用方法を指定します。

  • 単一のポリシーをすべてのボイス ユーザーに適用するには、[グローバル ポリシー] ボックスの該当するポリシーをクリックします。

  • 特定のポリシーを個別のユーザーまたはユーザーのグループに適用するには、[グローバル ポリシー] ボックスの [ユーザー単位のポリシーを使用する] をクリックします。

[定義済みのポリシー]

この一覧には、組織で使用できるすべてのポリシーが含まれます。初期状態では、[既定のポリシー] というポリシーが表示されます。このポリシーは変更できますが、削除はできません。

[追加]

新しいポリシーを追加するには、[追加] をクリックします。

[編集]

既存のポリシーを変更するには、一覧のポリシーをクリックし、[編集] をクリックします。

[削除]

ポリシーを削除するには、一覧のポリシーをクリックし、[削除] をクリックします。

オンラインの詳細情報

クリックして展開または折りたたみ

エンタープライズ VoIP ポリシーは主に 1 つ以上の電話使用法レコードで構成されます。このレコードの組み合わせにより、ユーザーまたはユーザーのグループが実行できる通話の種類が定義されます。エンタープライズ VoIP ポリシーでは、ユーザーがすべての電話の同時着信を有効にできるかどうかも指定されます。

ポリシーを追加すると、このタブにある次の一覧の両方にそのポリシーが表示されます。

  • [グローバル ポリシー]。この一覧のポリシーは、グローバル ポリシーとして割り当てることができます。この一覧のポリシーをクリックしてグローバル ポリシーとして使用すると、追加の構成を行うことなくすべてのユーザーにポリシーが割り当てられます。この一覧のポリシーをクリックした場合は、個々のユーザーに対してポリシーを指定することはできません。この一覧の [ユーザー単位のポリシーを使用する] をクリックすると、グローバル ポリシーは使用できなくなり、個々のユーザーまたはユーザーのグループに対して適切なポリシーを指定する必要があります。

  • [定義済みのポリシー」。この一覧の各ポリシーをユーザーに割り当てることができます (つまり、ユーザー単位でのポリシーの適用を指定している場合)。ユーザー単位でのポリシーの適用を選択する場合は、まずユーザーの個々のニーズを満たすために必要なポリシーを作成し、ユーザーの構成ウィザードを使用して、各ユーザーまたはユーザーのグループに適切なポリシーを適用する必要があります。

詳細については、「Office Communications Server テクニカル ライブラリ」で「操作」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×